テーミス(THEMIS) 定期購読・最新号・バックナンバー

テーミス(THEMIS)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

テーミス(THEMIS)雑誌の詳細です。


テーミス(THEMIS)の公式サイトへ
本・雑誌 テーミス(THEMIS)
本・雑誌内容 【経済・ビジネスの最深部に迫る】経営者や中間管理職を今までにない新事態が襲い始めた。新事件の正確な分析と新しい生き方を探る【読者の眼でマスコミの内幕を斬る】傲慢な大新聞やテレビの意外な実態と矛盾を衝き、彼らが触れたがらないタブーをも必ず明るみに【健康に役立つ最新医療情報を】ふだん飲んでいる薬の真の効用から、生命の限界に挑む画期的な医学の進歩と現状を【「背景」に目配りした政治・教育・文化情報】単純事実を羅列しただけでは本質には迫れない。他紙誌にはないユニークな斬り口とデータで【ホンネだけの世界・国際情報】地球が身近になってきた。特に日本と関係の深いアメリカ、中国、北朝鮮のマル秘情報を現地から特信
本・雑誌内容詳細 【特集 巨大官庁を斬る】
①菅首相の恐怖人事で恨みを抱いた霞が関官僚が復讐の「内部告発」に出始めた!
総務省‐「接待醜聞」は全省庁へ拡大する
②寄せ集め巨大官庁を作ったために日本の情報通信行政が完全に遅れてしまった
総務省解体へ‐「郵政組」巡る怨念渦巻く


【政 治】
・小池東京都知事‐前原誠司衆院議員と「新党」で首相狙う
・菅首相‐「倒閣怪文書」無視し4月解散へ‐東京五輪&GoToにまっしぐら
・枝野幸男‐「原発&コロナ」で板挟みの醜態‐連合「共産主導」を認めず
・世耕弘成‐参院&細田派掌握し首相狙う‐衆院への鞍替えが課題だが
・公明党‐都議選へ池田名誉会長の「檄」掲げ走る‐執拗な戸別訪問も展開し
・政官パトロール 山田真貴子前内閣広報官「7万円接待」巡る評判─── ジャーナリスト 横田由美子


【経 済】
・みずほ銀行‐ATM障害から元行員事件まで
・≪連載 挑戦企業≫ 協和工業‐「AI」を使い熟す匠の集団へ──────政策研究大学院大学名誉教授 橋本久義
・日本郵政‐楽天と「資本提携」はどろ沼だ‐アフラックには喰い物にされた
・孫正義‐直感投資&人事に不安高まる‐史上最高3兆円利益上げるも
・山田進太郎「フリマ事業」米国で勝負へ‐メルカリ国内好調を背に
・大企業「1億円減資」の裏に経産省がいた‐JOLED・毎日新聞・JTBなど


【社 会】
≪特集 大新聞の内幕≫
①朝日新聞‐「森降ろせ報道」異常なり──酒井信彦
②朝日新聞‐部数急減&多角化失敗襲う──池原冨貴夫

・愛子さま‐皇位継承へお相手探し始まる
・山下JOC会長‐リーダー失格示す「言行」暴く
・「連続地震」列島襲う‐南海トラフ富士山噴火誘発もある
・株価バブルは「コロナ収束」で暴落する‐官製相場だが安心するな
・デジタル庁の「成否」が菅政権の命運握る‐竹中平蔵も深く関わる
・移住急増‐都心30キロの新経済&生活圏へ‐地方活性化へ空論排し実行だ
・≪危機管理「黒書」6≫不祥事&醜聞‐隠蔽しても必ず発覚する‐口止めも誓約書も効果なし
・東大病院‐「コロナ禍に沈黙」へ批判沸く‐今や医療崩壊の元凶に?!


【生活&文化】
・コロナ災禍‐がんや生活習慣病悪化招く
・急増「孤独感&社会的孤立」は命を縮める‐「ロンリネス」は肥満や飲酒より怖い
・深見東州‐ユニーク思想で日本を元気に‐「七福神思想」って何だ?!
・≪原子力発電「再生」へ112≫ 再生エネルギー‐地元の「反発」が相次ぐ‐太陽光でトラブルも
・《中高年ノート》自分史‐思いは込めるが気楽に作ろう‐業者に頼らず自分の筆で


【国 際】
・金正恩‐威信賭けた「サイバー力」恐るべし
・尖閣危機‐海保&自衛隊はこう応戦する──────金沢工業大学虎ノ門大学院教授 伊藤俊幸
・≪ワシントンレポート≫バイデン米国大統領‐姿を見せない「異常」衝く─在米ジャーナリスト 古森義久
・習近平‐「粗悪ワクチン」を世界にばら撒く───────産経新聞客員論説委員 湯浅 博


【早耳人事】
三菱商事/清水建設/日揮HD/三越伊勢丹HD/ベネッセHD/スズキ/IEEJ


【連 載】
・日本警世 米国の「原爆投下」を庇う朝日新聞編集委員の妄説 ジャーナリスト 高山 正之
・日本異人伝 福島正則‐リアリスト秀吉に認められた男  東京大学史料編纂所教授 本郷 和人
・自衛隊密着ルポ 自衛隊‐日本防衛へ兵士は命を懸ける  防衛問題研究家 桜林 美佐
・大 喝  元首相5人に「反省」の文字なし
・政官界の内幕  武田良太「ウソ答弁」がバレて麻生太郎が「追い打ち」かける
・THEMIS LOBBY 「川淵降ろし」に奔走平田竹男氏がひた隠す過去
・国際短針 中国がイーロン・マスク氏標的へ
・スポーツ短針 桑田真澄-巨人復帰の複雑内幕
・テレビ短針 大河は歴史愛好者を捨てる?! 桧山珠美
・小社から読者の皆さまへ
・往来之記


プロダクトNo 1281682849
出版社 テーミス
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。