月刊下水道 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊下水道の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊下水道雑誌の詳細です。


月刊下水道の公式サイトへ
本・雑誌 月刊下水道
本・雑誌内容 『月刊下水道』は、1978年に創刊し、30年の歴史を持つ下水道専門誌です。下水道の普及と維持管理のための最も大切な情報を網羅して、中央官庁から地方公共団体、技術者、業界サイドにいたる相互交流、連帯の場となること、下水道事業にとって必要な技術を育成していくこと、下水道事業を推進する上での問題の解決をめざすこと、下水道普及に情熱を傾ける現場サイドの“声”を伝え、代弁することなどを目的に、刊行しています。
本・雑誌内容詳細 【総論】
1  国土強靱化に向けた下水道管路資器材への期待
   ●岡本 直久
【視点】
6  下水道管路施設耐震化に向けたもう一つの視点「地震時動水圧」
   ―農業用管水路での知見から―
   ●大久保 天  ●南雲 人  ●寺田 健司
【トピックス】
13  導電性コンクリートを用いた下水管路の腐食防止技術 
   ●今井 剛  ●福島 聖人  ●鈴木 祐麻   ●佐久間 啓  ●人見 隆
【社会の強靱化と管路資器材】
17  地震や津波、豪雨災害にも強い『ハザードレジリエントダクタイル鉄管』
   ●辻 研吾
21  深い管路に回して落とす『落差マンホール』
   ●手嶋 良祐
25  ヒューム・レジリエンス~環境にやさしく災害には強いヒューム管~
   ●村崎 裕一
29  管路施設の浮上・飛散事故を防ぐ管路内圧力開放装置
   ●濱口 晃
32  浮上防止に効果的な砕石基礎を適用できる硬質塩化ビニル製プラスチックリブパイプ
   ●那須 秀之



特別企画/安全・安心の要 ポンプ設備

【総論】
38  安心安全の要! 主ポンプの機能維持
   ●大鹿 純一
【注目技術】
41  圧力式下水道システム構築で活躍する「容積式グラインダーポンプ」
   ●加藤 睦
45  セルフクリーニングで円滑な排水を実現するポンプ『N3000シリーズ』
   ●田中 洋孝
49  高濃度化する濃縮汚泥のポンプ・配管移送
   ●西村 太作
52  優れたメンテナンス性、省エネ等を実現した一軸ねじポンプスマート移送テクノロジー『SCT』
   ●日本シーペックス
54  現場を問わず活躍する可搬式ポンプユニット『BETSY』
   ●川戸 俊克


ニュースアット・ランダム
36  都市を丸ごと3Dモデルに、浸水対策にも貢献〈国交省〉
   Project PLATEAU(プラトー)を一部公開
37  下水道の魅力、若者から発信〈GKP〉
   広報大賞受賞者セミナーを開催


■連  載
35 ティーブレイク 122杯目
  パルスオキシメーター~日本人発明のコロナ対策~
  ●中里 卓治
60 環境技術思想――持続可能な社会に向かって 第11講
  サボる下水道
  ●佐藤 久
65 都市を下る水を追って 第15回
  日本のおへそ、琵琶湖
  ●白汚 零
66 続 スクリーンに映った下水道  第5回
  廃墟の管路 出たら超高空『メイズランナー2 砂漠の迷宮』
  ●忠田 友幸
70 もっと楽しく! 市民科学 第14回
  下水由来肥料から広がる佐賀市での市民科学
  ●見正 大和
79 下水汚泥コンポストにおける因子の解析 第2回
  下水汚泥コンポストにおける最適温度
  ●正田 誠
84 壺中天~海外の蓋を求めて~ 第36回
  運河の街、アムステルダム〈オランダ〉
  ●垣下 嘉徳


■Report
58 WATCHING
  千葉県初のステップ流入式
  江戸川第一終末処理場が供用開始

68 現場見学会
  市内最大規模のバイパス雨水幹線 
  相模原市が見学会
75 展示会レポート
  「スマートエネルギーWeek2021」を見る
  ●神林 章元


■Information
86  NEWSのページ


お知らせ 34   ニュース 51    次号予告 88   編集後記 89   広告掲載一覧 90


〈表紙の写真〉
上:泥土圧式シールド工法で施工した、φ3.25mのバイパス雨水幹線の見学会のもよう(関連記事:p.68~)
下:【投稿写真】小惑星探査機はやぶさ2のカプセル帰還記念のマンホール蓋。背景に地球の画像が映り込むよう、撮影角度を工夫した[撮影:片岡 正光(相模原市在住)]
プロダクトNo 1281682760
出版社 環境新聞社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。