月刊下水道 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊下水道 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊下水道の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊下水道雑誌の詳細です。


月刊下水道の公式サイトへ
本・雑誌 月刊下水道
本・雑誌内容 『月刊下水道』は、1978年に創刊し、30年の歴史を持つ下水道専門誌です。下水道の普及と維持管理のための最も大切な情報を網羅して、中央官庁から地方公共団体、技術者、業界サイドにいたる相互交流、連帯の場となること、下水道事業にとって必要な技術を育成していくこと、下水道事業を推進する上での問題の解決をめざすこと、下水道普及に情熱を傾ける現場サイドの“声”を伝え、代弁することなどを目的に、刊行しています。
本・雑誌内容詳細 【総  論】
2 2018年国際水協会(IWA)世界会議・展示会開催の意義と期待
  ●小山 哲司

4 IWA世界会議・展示会の魅力
  ●古米 弘明

【IWA世界会議・展示会への期待】
8 我が国の下水道技術の国際展開とIWA世界会議・展示会への期待
  ●伊藤 智則

13 日本下水道協会における国際活動とIWA世界会議・展示会への期待
  ●岡部 由佳

【日本が発信する水メッセージ】
17 国連持続可能な開発目標(SDGs)と日本の役割
  ●朝山 由美子

20 IWA世界会議・展示会に向けた東京下水道の発信
  ●奥田 千郎

25 下水道の未来を築く東京都下水道サービスの技術開発
  ●杉本 克美

29 日本そして世界の水循環改善を図る雨水協会の技術と取組み
  ●雨水貯留浸透技術協会

36 水道や下水道の普及で人々の生活を支えたい
  ―世界の水環境改善に向けたクボタの技術と取組み―
  ●品部 和宏

【自治体の国際貢献】
40 海外諸都市の課題解決に向けた東京下水道の取組み
  ●星  智雄

43 横浜下水道の国際展開
  ●横内 宣明

47 世界の水環境改善に向けた川崎市の国際展開
  ●相原 健二

【開催概要】
53 会議プログラム/展示会/テクニカルツアー



61 ニューフェース
  (一社)日本下水道施設業協会会長に就任した 木股 昌俊 氏
  「今こそ、下水道広報の重要性が高まっている」

ニュースアット・ランダム
84 下水道100周年記念式典を開催 <北九州市>
  次の100年に向け、子どもたちと新たな1歩踏み出す

85 「AWaP設立記念シンポジウム」を開催 <AWaP事務局>
  SDGs達成に向けた参加国の取組み

86 「下水道国際シンポジウム」を開催 <北九州市、JICA>
  アジア4ヵ国からのゲストを迎えて

87 「SM実践の現状と課題」セミナーを開催 <管路協>
  北九州市、福岡市、長崎市が取り組みを講演




■連  載
64 ティーブレイク 90
  自転車優先 ~地域性の尊重~
  ●中里 卓治

65 NEW ベトナム物語 第1回
  ベトナム活動のきっかけとGCUSベトナム委員会
  ●森田 弘昭

88 壺中天 ~海外の蓋を求めて~ その4
  そこここで感じるアートの息吹〈ナポリ〉
  ●垣下 嘉徳

90 スクリーンに映った下水道 第108回
  監督、いい排水口ありましたね『予告犯』
  ●忠田 友幸

92 下水道をとらえるもぐらカメラ 第102回
  まだまだある、変わり種下水道
  ●写真・文:白汚  零




■Report
下水道展’18北九州リポート
70 安全・安心な社会を築く下水道技術が集結

80 「下水道展’18北九州」のオルタナティヴテクノロジー的見方
  ●神林 章元



■Information
93 総会フラッシュ

99 NEWSのページ



行政ニュース 12 お知らせ 19、83、98、101 ニュース 39 既刊紹介 52 新刊紹介 56 次号予告 102 編集後記 103 広告索引 104



<表紙の写真>
上:「AWaP設立記念シンポジウム」パネルディスカッション(関連記事:p.8~、p.85~)
下:「下水道展’18北九州」(関連記事:p.70~、p.80~)
プロダクトNo 1281682760
出版社 環境新聞社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。