環境新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

環境新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

環境新聞雑誌の詳細です。


環境新聞の公式サイトへ
本・雑誌 環境新聞
本・雑誌内容 『環境新聞』は、1965年創刊のわが国唯一大判の環境総合専門紙です。近年、温暖化をはじめ地球規模の環境問題が深刻化しています。国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次統合評価報告書によると、温暖化の深刻な影響を回避するには、今後数十年に温室効果ガスの排出を大幅に削減し、今世紀末にはほぼゼロにする必要があるとされています。そのためには低炭素・循環・自然共生の総合的な政策統合やグリーン・イノベーションの抜本的な推進が不可欠で、その担い手として環境エネルギー分野の産業・ビジネスの役割が大きく期待されています。そうした中、『環境新聞』は2015年に創刊50周年の節目を迎えました。これからも地球温暖化時代のリーディングペーパー、確かな情報源として、国内外の幅広い関連政索・ビジネスなどの最新動向を的確かつ掘り下げて提供していきます。
本・雑誌内容詳細 <今週の1面トップ記事>

 経済産業省は4月7日、2030年度の再生可能エネルギー導入量の見通しを発表した。現行の支援政策を維持(努力継続)した場合、全体の導入量は現時点導入量(19年度115ギガワット=1億1500万キロワット)から40%増え161ギガワットになる見通しだ。また努力継続の場合の発電電力量は2707億キロワット時と、現行のエネルギーミックス(電源構成)水準に比べ、7~14%増えると試算。さらに政策を強化した場合は、同15~22%増の2903億キロワット時まで拡大するとした。現時点では定量的な効果や実現可能性が不明確な政策は織り込んでいないため、さらなる上積みを探っていく。同省はエネルギー基本計画の見直しに伴い、30年度の新たな電源構成見直し作業を進めており、重要な材料となる。


<今週の1面トップ記事>

◇政府、原発処理水の海洋放出を正式決定 風評抑制や賠償制度整備など課題…………2面

◇気候変動対策、TCFDに基づく開示充実を 金融庁が「企業統治指針」改訂案……3面

◇プラスチック資源の適正循環を目指して66 TBCグループの取り組み………………4面

◇新連載「DXが加速するGX」………………………………………………………………4面

◇琵琶湖が映す環境異変⑨ 「トンボ」を通して環境保全…………………………………5面

◇新連載「私たちが望む都市」…………………………………………………………………5面

◇生き物の発見体験を宝物に 生物多様性の価値を楽しく知るアプリ……………………6面
プロダクトNo 1281682757
出版社 環境新聞社
発売日 毎週水曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。