医薬ジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

医薬ジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

医薬ジャーナル雑誌の詳細です。


医薬ジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 医薬ジャーナル
本・雑誌内容 病院薬剤師、臨床医のための医薬品および医療の学術的情報を提供する。さらに、医薬品をめぐる政治、経済、社会問題にも目を向け、適宜、報道、解説、論評を行う。
本・雑誌内容詳細 医薬ジャーナル論壇
迷走する医薬分業・薬学教育 政田幹夫

グラフィック
連載・薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識(93)
15.口腔外科分野 5)顎変形症の画像診断 児玉泰光・髙木律男

連載・感染症診断と病理(15)
常在性微生物をみる 堤 寬

特集・人工知能(AI)がもたらす創薬イノベーション
〔企画編集協力・京都大学大学院医学研究科ビッグデータ医科学分野教授/
  理化学研究所医科学イノベーションハブ推進プログラム
  副プログラムディレクター 奥野恭史
  医薬基盤・健康・栄養研究所バイオインフォマティクスプロジェクト
  プロジェクトリーダー 水口賢司
  理化学研究所生命機能科学研究センター制御分子設計研究チーム
  チームリーダー 本間光貴〕

1.序文~LINCの設立とAI創薬~ 奥野恭史・水口賢司・本間光貴

2.予防・先制医療における疾患発症予測モデルと細菌叢 内野詠一郎・佐藤憲明・奥野恭史

3.診断・治療~臨床・診断 鎌田真由美

4.バイオメディカル・基礎から臨床への開発プロセス(1)
~人工知能を用いる創薬テーマ創出 伊藤眞里

5.メディシナルケミストリー
1)分子シミュレーション 池口満徳

5.メディシナルケミストリー
2)活性・薬効とADMETの同時最適化を可能にする構造提案AIを目指して 本間光貴

6.バイオメディカル・基礎から臨床への開発プロセス(2)
1)トランスレーショナルリサーチと機械学習 夏目やよい

6.バイオメディカル・基礎から臨床への開発プロセス(2)
2)バイオロジクス・製剤・ロボティクス
~医薬品製造・バイオロジクス生産に向けたAI技術開発~ 荒木通啓

6.バイオメディカル・基礎から臨床への開発プロセス(2)
3)治験・市販後・メディカルアフェアーズ
中津井雅彦・飯塚博美・新村直哉・醍醐公彦
安倍理加・北林裕貴・阪田幸則・東 美恵

7.データベース・計算環境~知識データベース・AI基盤 長尾知生子・種石 慶

■地域包括ケアシステムにおける
医療介護連携と病院薬剤師の役割
荒木隆一

■療養病床における抗菌薬の適正化
~適正な処方を提案するためのアプローチ~
松元敦子・垣内淑子

連載・臨床薬学のための病態生理(9)
各論 各種病態と薬物療法のターゲット
1.精神・神経系疾患
パーキンソン病 田中洋康・武田 篤

連載・副作用・薬物相互作用トレンドチェック
注目論文を読み解く〈77〉 佐藤宏樹・澤田康文

連載・医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報〈32〉
ヘムライブラⓇ皮下注30mg,同60mg,
同90mg,同105mg,同150mg
重久友紀

連載・医薬ジャーナル 編集長VISITING(418)
造血細胞移植コーディネーター養成
~「調整」と「支援」で繋ぐ患者・ドナー・移植チーム~
広島大学原爆放射線医科学研究所血液・腫瘍内科研究分野教授 一戸辰夫氏

メディカルトレンド 学会・ニュース・トピックス
第36回日本骨代謝学会学術集会
「骨ミネラル栄養学の進歩」,「CTIBL 癌治療関連骨減少症」――ほか

メディカルトレンド・姉妹誌から
MONTHLY PRESS
資料・厚生労働省「使用上の注意改訂情報」
(平成30年8月2日,21日指示分)
10月号特集内容予告
特集・インフルエンザの動向とその対策2018~2019
プロダクトNo 1281682619
出版社 医薬ジャーナル社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。