感染対策ICTジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

感染対策ICTジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

感染対策ICTジャーナル雑誌の詳細です。


感染対策ICTジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 感染対策ICTジャーナル
本・雑誌内容 本誌は、感染対策チーム(ICT)に所属して活動していらっしゃる医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師の方々のための感染対策情報誌です。感染制御・感染管理の実践的なノウハウ、現場での役立つ実用的な最新情報を年4回提供してまいります。
本・雑誌内容詳細 Special feature スマートな実践のための 汚物処理ソリューション
■Statement 日本の汚物処理室のリアル―感染のリスクアセスメント
 (吉田理香)
■Update 汚物処理室のファシリティ
 1)汚物処理のシステム―リユースかディスポーザブルか,最新の考え方を知る
  (今川嘉樹)
 2)汚物処理機器・設備のデザイン―最新の製品規格・特徴を知る
  (大石貴幸)
■Basic 汚物処理室のマネジメント
 1)設備設計のプランニング―汚物処理室の構造と大型機器・シンクの配置
  (富田 学)
 2)日常管理のポイント―汚物処理室の環境整備と環境調査
  (有村尚子)
■Procedure 患者周囲の汚物処理テクニック―現場から汚物処理室までのピットフォール
 (坂本麗花)
■Solution 1 尿器・便器処理『ベッドパンウォッシャー』
 1)ベッドパンウォッシャーの基本―エラーポイントから見る正しい使い方
  (中家聖子ほか)
 2)ベッドパンウォッシャーの清浄度―容器形状から見る残留リスクとその対策
  (久保木修)
 3)ベッドパンウォッシャーの運用―コストパフォーマンスを含めた機器管理
  (須川真規子)
■Solution 2 尿器・便器処理『マセレーター』
 1)マセレーターの知識―海外での使用状況と日本での将来ビジョン
  (嶋 雅範)
 2)マセレーターの導入―使用の実際とメリット・デメリット
  (飯塚智彦)
■Concern 高齢者施設の汚物処理マネジメント―プロの見た現状と現場へのアドバイス
 (野澤寿美子)
プロダクトNo 1281682542
出版社 ヴァンメディカル
発売日 1,4,7,10月の15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。