看護実践の科学 定期購読・最新号・バックナンバー

看護実践の科学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

看護実践の科学雑誌の詳細です。


看護実践の科学の公式サイトへ
本・雑誌 看護実践の科学
本・雑誌内容 「看護実践の科学」は臨床に、地域に、教育に毎号豊富な内容で応える看護専門誌です。臨床の現場に直結し,看護実践の視点から医療現場の安全性を捉え,真の患者QOLを考えます。
本・雑誌内容詳細 特集 : 多職種連携時代の基礎力づくり ― 必要なケアが継続されるために

人口の高齢化や疾病構造の変化等、医療の現場は大きな転換期を迎えております。
地域包括ケア時代の今、「多職種協働」「チーム医療」の必要性も問われています。
臨床はもとより教育と通して多職種協働時代の基礎力づくりへアプローチも進んでいます。
本特集では、病院・施設・地域を問わずその人の生活を含め、必要なケアが継続されるためにはどのような支援が求められているか、急性期・慢性期を問わず看護の視点と他職種との協働を通した取り組みを実践・教育の場から紹介します。


□多職種連携に基盤となる力とは-教育の立場から/小澤知子
□高齢者本人の意思を尊重するために本人の立場に立った多職種連携の必要性/日向園恵
□急性期病院の地域包括ケア病棟における多職種連携/中山聡子
□多職種による固定チームナーシングでの多職種連携の基礎力を養う/小泉智・他
□多職種協働支援によりパーキンソン病患者の在宅療養継続が実現した事例から/斎藤貴子・他
□多職種協働により低栄養患者の褥瘡が治癒に至った1例/大月由衣


【好評連載】
■編集委員の窓
◇現実にあった看護の軸足を/川嶋みどり

■目で見る日本の看護アーカイブズ Art and Archives File 006
◇戦後から高度成長期/川原由佳里・川嶋みどり・他

■特別構成
◇座談会 看護と介護の協働と専門性を考える(後編)/川嶋みどり・他

■感染医学講座⑨
◇インフルエンザのポイント/菅谷憲夫

■第2回 看護の証をつかむナース ―看護実践論
◇看護の概念化/陣田泰子

■第11回 医療英語は面白い 知っておきたいMedspeak
◇数字の入った医療語表現/田中芳文

■第2回 精神科看護と私
◇私が体験した精神科病棟の現状/齋藤嘉宏

■第2回 NURSES’ EYE
◇患者さんはこんなに言いたいことがある/樋口佳耶

■物見遊山のフラヌール または聴かずに死ねるかクラシック その12
◇パリ日記①/中木高夫

■研究 実習指導においてアーティファクトを活用するということ(1) 
◇理論的背景/松本赳史・他

■固定チームナーシング研究会・地方会
◇固定チームナーシング研究会第20回近畿地方会 ―固定チームナーシングを活かした看護師長・主任のチームリーダー育成/稲井久美子

■第206回 杉野元子の研修会リサーチ
◇久しぶりの研修/杉野元
プロダクトNo 1281682539
出版社 看護の科学社
発売日 毎月17日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。