治療 定期購読・最新号・バックナンバー

治療の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

治療雑誌の詳細です。


治療の公式サイトへ
本・雑誌 治療
本・雑誌内容 本当に患者さんのために役立つ情報誌を読んでいますか? 「治療」誌はより質の高い、 家庭医療/プライマリ・ケアを目指すための雑誌です。 毎号の特集企画では、実際の日常診療で「困っていること」や「知りたいこと」、 専門以外の他科の先生に「教えてもらいたいこと」など、教科書には載っていない「痒いところに手が届く」情報提供を心がけています。「診療のコツ」や「専門医への紹介のタイミング」など実践的な内容が満載です。ほか、バラエティーに富んだ連載も充実しています。[B5判/2色刷/約200頁]
本・雑誌内容詳細 特集:コンサルトの美学

≪特集の目次≫

■コンサルトのコンセプト
コンサルタント,コンサルティとしての医療者
─それぞれの役割と能力─(尾藤誠司)
コンサルトとリファーの違い(山田康博)
「報・連・相」スタンダードスキルとしての TeamSTEPPS R(大生定義)
■日常的に行われるコンサルテーション
研修医→指導医へのコンサルテーションでの留意点(片山充哉)
総合診療医→専門医へのコンサルト
─出す側/受ける側の心得と技術─(岩岡秀明)
医師←→看護師へのコンサルト(能川琴子,他)
医師←→専門ヘルスケアスタッフへのコンサルト:
①ソーシャルワーカー(植竹日奈)
医師←→専門ヘルスケアスタッフへのコンサルト:
②薬剤師(川村和美)
手術や処置に関するコンサルト(長谷川 剛)
■コンサルタントの役割
コンサルタントとしての診療科横断チーム:
①緩和ケアチーム(余谷暢之)
コンサルタントとしての診療科横断チーム:
②抗菌薬適正使用支援チーム(AST)(岸田直樹)
コンサルタントとしての診療科横断チーム:
③倫理コンサルテーションチーム(田代志門)
精神科リエゾン・コンサルテーションの美学(今村弥生)
医療者教育コンサルタントの役割(西城卓也,他)
臨床研究に関するコンサルテーション(大出幸子,他)
■施設間連携における情報の受け渡し
診療所→病院へのコンサルト/リファー(松村真司)
病院から診療所・療養施設などへの紹介(木村琢磨)
病院→在宅医療へのリファー(五味一英)

≪連載≫

今月のお薬ランキング(34)
C 型慢性肝炎治療薬(浜田康次)

映画で読み解く医療─シネメデュケーション(映画医療教育)─(1)
患者-医師関係について考える(宇井千穂)
プロダクトNo 1281682535
出版社 南山堂
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。