治療 定期購読・最新号・バックナンバー

治療の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

治療雑誌の詳細です。


治療の公式サイトへ
本・雑誌 治療
本・雑誌内容 本当に患者さんのために役立つ情報誌を読んでいますか? 「治療」誌はより質の高い、 家庭医療/プライマリ・ケアを目指すための雑誌です。 毎号の特集企画では、実際の日常診療で「困っていること」や「知りたいこと」、 専門以外の他科の先生に「教えてもらいたいこと」など、教科書には載っていない「痒いところに手が届く」情報提供を心がけています。「診療のコツ」や「専門医への紹介のタイミング」など実践的な内容が満載です。ほか、バラエティーに富んだ連載も充実しています。[B5判/2色刷/約200頁]
本・雑誌内容詳細 特集:医師の燃え尽き症候群

≪特集の目次≫

■燃え尽きを理解する
燃え尽き概論(柏木秀行)
燃え尽きの疫学 ─諸外国の状況も含めて─(河村由吏可,他)
燃え尽きの原因(橋本法修)
わが国の燃え尽き対策 ─産業メンタルヘルスの潮流─(佐藤 隆)
専門的介入の必要な燃え尽き(中澤太郎)

■自分の燃え尽きと向き合う(セルフケア)
自分は大丈夫 それって本当?(上松東宏)
セルフケアとは?(松島和樹)
今日から取り組むヘルスケア(生田奈央)
マインドフルネスをはじめてみよう ─マインドフルネスの紹介と実践─(髙宮有介)
若手医師の経験(荒川裕香)

■燃え尽きを防ぐ職場づくり(ラインケア)
燃え尽きやすい職場,燃え尽きにくい職場(一ノ瀬英史)
仲間の燃え尽きに気づく(小杉俊介)
部下から相談されたとき(吉田 伸)
燃え尽きを防ぐ職場づくり(保坂 隆)
システムをつくろう! ─自分も仲間もしなやかに働き続けるために─(松尾純子)
指導医としての経験 ─研修医のエンゲージメントによって燃え尽きが予防できる環境を作る─(小坂鎮太郎)

■産業医として燃え尽きに向き合う
燃え尽き症候群における産業医の役割(平岡 晃)
過重労働面談のコツ(平岡 晃)
実際性のある燃え尽き対応を考える(鈴木 瞬)
燃え尽き症候群からの職場復帰(復職)支援(櫻澤博文)
燃え尽き症候群の再発防止 ─そもそもの発生ゼロへの提言─(櫻澤博文)

■コラム
看護師のメンタルヘルス(原田奈穂子)
心理専門職への相談(門田隆浩)

≪連載≫

今月のお薬ランキング(38)
抗精神病薬(浜田康次)

映画で読み解く医療 ─ シネメデュケーション(映画医療教育)—(5)
患者と家族やその周囲の人々との関係性を理解する(宇井千穂)
プロダクトNo 1281682535
出版社 南山堂
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。