星座―歌とことば 定期購読・最新号・バックナンバー

星座―歌とことばの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

星座―歌とことば雑誌の詳細です。


星座―歌とことばの公式サイトへ
本・雑誌 星座―歌とことば
本・雑誌内容 日本語の美しさを再認識し、日本語の確かなかたちを未来に伝える、短歌を中心にした総合文芸誌。各界からの「ことば」をテーマにしたエッセイを多数掲載。主筆は現代短歌の第一人者、尾崎左永子。
本・雑誌内容詳細 季刊『星座』 2018年彩紅号 no.87

〔目次〕
短歌 「参観の夏」 黒瀬珂瀾
俳句 「リラッ句ス」 泡  波
詩  「Stand Up」 和合亮一

巻頭随筆
「八十」 池田澄子
「世界の共通語」 梅津時比古
「マグロと生きる」 木村 清
「私の箴言録」 田中憲夫
「死という言葉」 德永 進

〈連載〉
遠望鏡 とおめがね「石牟礼さんの『自戒』」 山田孝男
現代あイうエお文化論「鼻歌まじりの命がけ」 川村二郎
ことば小町「濁音・鼻濁音も大切だが…」 にがむしかむべえ
リレーエッセイ花「『菊』のはなし」 尾崎左永子
アッパレお国ことば・福井弁(一)「いっぺん来てみねのー」 牧野百男
大気圏発ことば旅・アラビア語①「ベルベルの婚約の祭り」 広瀬晴子
ことばのヨ・シ・ミ 「日本の技が結ぶ縁」   文・近藤誠一
自伝的短歌論(20)余滴④「佐太郎脱出」 尾崎左永子

主筆対談
「言霊をたどる」
大小田さくら子(やまとかたり朗誦家)×尾崎左永子(主筆)

The 星座
紅の座「時の流れ」 尾崎左永子
四人競泳   
前号の北斗七星 仲村弥枝子
今号の佳詠
オリオン座
アンタレス (ナビ通信・大石直孝&嵯峨牧子)
かんむり座 (和泉が丘通信・奈賀美和子)
くじゃく座 (橅の木通信・岩田 亨)
いて座   (随縁通信・松﨑英司)
こと座   (菜の花通信・藤岡きぬよ)
短歌時評「縦に見るのか、横なのか」 若狭純子
尾崎左永子作品鑑賞「水に似たる心」 奈賀美和子
歌人の横顔「春泥を踏み 上田三四二」 嵯峨牧子
星座フォーラム
「星座の会」入会案内

編集長対談
「明日に向かって」
トゥレイン・タン・ジン(駐日ミャンマー連邦共和国特命全権大使)
×伊藤玄二郎(本誌)

〈連載〉
シャーロック・ホームズ小事典「イートン校」 田中喜芳
書-こころのかたち「耐える」       書・金澤翔子 文・金澤泰子
うたに詠まれた植物たち「葎考」 根本幸夫
虹の食卓「メヒコ・メキシコ」 堀口すみれ子
弘法筆を選ぶ「文房四宝に囲まれて」 風間敞子
青春の一作「中里介山『大菩薩峠』」 林田英樹
女医のことだま「私の『婚活』報告 Part3」 大川尚美

表紙のことば
書肆『星座』
星占い
星のひろば
著者紹介
編集後記

プロダクトNo 1281682421
出版社 かまくら春秋社
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。