ミリタリー・クラシックス 定期購読・最新号・バックナンバー

ミリタリー・クラシックスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ミリタリー・クラシックス雑誌の詳細です。


ミリタリー・クラシックスの公式サイトへ
本・雑誌 ミリタリー・クラシックス
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 巻頭特集はみんな大好き、米英の主力戦車M4シャーマン!
開発経緯、メカ、戦歴、各型、部隊編制、塗装図など盛り盛りのボリュームでお届けします。
第二特集は日本海軍最後の連合艦隊旗艦・軽巡洋艦「大淀」。
特徴的な艦型、数奇な艦歴などをイラスト満載で解説!
他にもWWIの機関銃、イタリア軍の90mm自走砲、水上戦闘機「強風」などマニアック記事が勢揃い!


【巻頭特集】
M4シャーマン中戦車

第二次大戦の勃発に際して、アメリカ陸軍は急遽75mm砲を搭載した中戦車の開発を開始した。まず75mm砲を限定旋回式に装備したM3中戦車を開発し、続いて全周旋回砲塔に75mm砲を搭載した本命のM4を開発。1942年はじめから量産が開始されたM4は42年秋から実戦に投入され、アメリカ軍はもとより、イギリス連邦軍、ソ連赤軍、自由フランス軍など連合軍の多くの戦車部隊が運用し、北アフリカ、西部戦線、東部戦線、イタリア戦線、太平洋戦線など多くの戦場で活躍。西側連合軍の標準戦車となり、最も活躍した戦車となった。
M4はドイツのパンターのような卓越した性能こそ持たないものの、必要十分な攻撃力、防御力、機動力、実用性を 併せ持ち、さらに自動車大国らしい優れた信頼性・整備性を有していた。生産性も高く、実に49,000輌を超える数が 量産されており、総合力で考えればまさに傑作戦車と呼ぶにふさわしい。
また戦後も西側諸国の多くで運用され、朝鮮戦争、中東戦争でも大きな活躍を見せており、我が国の陸上自衛隊も 装備していた。
本特集では、欧州ではドイツ戦車に苦闘しながらも最終的に勝利し、太平洋でも血みどろの激戦を戦い抜いたM4の 開発経緯、メカニズム、バリエーション、各地での戦歴、編制や戦術などについて詳解する。


【第二特集】
軽巡洋艦「大淀」

日本海軍は昭和14年(1939年)度の○四計画で、漸減邀撃作戦における潜水艦隊の旗艦として、高速の水上偵察機 を複数運用して航空偵察を行い、潜水戦隊を指揮する偵察巡洋艦「巡洋艦丙」の建造を決定した。
こうして設計された軽巡洋艦「大淀」は、基準排水量8,000トン強、最大速度は35ノット、艦後部に新鋭の水偵6機 を運用するための格納庫と大型射出機を搭載。魚雷発射管は持たないものの、艦前部には15.5cm三連装砲2基を有し、長10cm高角砲を8門装備する、バランスの取れた巡洋艦となった。
しかし竣工は大戦中盤の昭和18年2月となり、潜水艦隊の大規模な魚雷戦などは望むべくもなっていた。しかも高速 偵察機「紫雲」の開発も失敗し、「大淀」は不本意な輸送作戦に従事していたが、昭和19年6月のマリアナ沖海戦では、優れた通信能力と格納庫スペースを活かして連合艦隊旗艦として艦隊を指揮。そして10月のレイテ沖海戦、12月の礼号作戦、昭和20年2月の北号作戦を戦い抜いた。7月末に呉軍港で大破着底したものの、大戦中盤に就役した艦としては、十分に活躍したといえる。
第二特集では、個性的な艦影と数奇な艦歴を持つ軽巡「大淀」を、メカニズム、建造経緯、運用思想、戦歴など多 角的な視点から解説する。
プロダクトNo 1281682417
出版社 イカロス出版
発売日 1,4,7,10月の21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。