WWD BEAUTY 定期購読・最新号・バックナンバー

WWD BEAUTYの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWD BEAUTY雑誌の詳細です。


WWD BEAUTYの公式サイトへ
本・雑誌 WWD BEAUTY
本・雑誌内容 ファッション週刊紙「WWDジャパン」の姉妹版となるビューティ週刊紙「WWDビューティ」。パリ、ミラノ、ニューヨーク・コレクションの最新ヘア&メイク・トレンドに加え、ファッション・トレンドも網羅。まさに今、美容業界でその必要性がますます高まっている“トータル・ビューティ”を提案していきます。また、百貨店の化粧品ブランドを中心としたコスメ情報から、プロフェッショナル用ヘアブランドを含めたヘアサロンの最新情報まで、今、ビューティ業界に何が起こっているのかが、手に取るようにわかります。“美”に携わる企業のトップから百貨店の化粧品カウンターのビューティーアドバイザーやサロンの美容師まで、“ビューティのプロ”に欠かせない週刊誌です。
本・雑誌内容詳細 「WWDビューティ」3月7日号は、世界で存在感を増している日本発の化粧品ブランド=Jビューティを特集します。Jビューティが注目されている背景には、韓国コスメ“Kビューティ”のトレンドがひと段落し、次なる流行の芽としてJビューティが取り上げられるようになったこと、各化粧品メーカーが地道に市場を切り開いてきたことなどが挙げられます。
 安全性や機能性の高さから、スキンケアが圧倒的に支持されているJビューティ。一方でメイクアップもKビューティとは違う切り口で高評価を得ています。芸者や富士山といった、外国人が考えそうな“和”を強調するのではなく、トレンドを加味したカラー展開や日本人特有の繊細なモノ作りによるテクスチャー、質感などがポイントです。
 化粧品メーカーが培ってきた開発力、技術力、効果実感、安心・安全が支持されているのはもちろん、日本のメーカーが大きな拡大が望めない日本ではなく、海外に目を向けるようになったことで広がりを見せるJビューティ。特集では市場の動向をトピックスと共に紹介するほか、ブランドの担当者に“Jビューティとはなにか?”という定義と、ブランドの取り組みについて聞きました。
 ニュース面では、紫外線対策以外の多機能化が加速しているUVケア製品に注目し、各社がしのぎを削る独自成分や技術開発をピックアップ。そのほか、コーセーの子会社であるクリエの社名変更、メイクアップブランド「キッカ(CHICCA)」のブランドクリエイター吉川康雄氏退任のニュースや、フローフシが手がける新ブランド「ウズ バイ フローフシ(UZU BY FLOWFUSHI)」も紹介します。
 また、人気美容室が手がけるコラボヘアサロンブランド「ゲーム(GAME)」、好調な売り上げを背景に2019年はコミュニケーションを強化する「アベンヌ(AVENE)」の戦略や、「ロレアル パリ(L’OREAL PARIS)」が“2019年の最注力商品”と位置付けるマットリップや「ダヴィネス(DAVINES)」が展開する自然由来成分95%のカラーケアといった新商品も掲載しています。
プロダクトNo 1281682256
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 第1木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。