WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー) 定期購読・最新号・バックナンバー

WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)雑誌の詳細です。


WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)の公式サイトへ
本・雑誌 WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)
本・雑誌内容 ファッション週刊紙「WWDジャパン」の姉妹版となるビューティ週刊紙「WWDビューティ」。パリ、ミラノ、ニューヨーク・コレクションの最新ヘア&メイク・トレンドに加え、ファッション・トレンドも網羅。まさに今、美容業界でその必要性がますます高まっている“トータル・ビューティ”を提案していきます。また、百貨店の化粧品ブランドを中心としたコスメ情報から、プロフェッショナル用ヘアブランドを含めたヘアサロンの最新情報まで、今、ビューティ業界に何が起こっているのかが、手に取るようにわかります。“美”に携わる企業のトップから百貨店の化粧品カウンターのビューティーアドバイザーやサロンの美容師まで、“ビューティのプロ”に欠かせない週刊誌です。
本・雑誌内容詳細 「WWDビューティ」7月11日号は、恒例の「ヘアサロン版 BESTコスメアワード2019」です。今回は都内の人気ヘアサロン50軒の美容師131人に「2018年下半期~19年上半期に実際使ってみてよかった商品」についてアンケートを実施。シャンプー、トリートメント、頭皮・育毛ケア、スタイリング剤、ヘアカラー、カラーケアなど全11部門から選出しました。
 各部門とも1~3位のランキング形式でアイテムを掲載。1位のアイテムは美容師の「実際に使ってみてよかった」という声を併せて紹介しています。注目のポイントは美容機器とスキンケア&インナーケアを除いた主要9部門で、1位を分け合ったミルボンとナプラの製品です。さらにヘアカラー部門を除くと「オージュア(AUJUA)」と「エヌドット(N.)」の2ブランドの独占で、両ブランドの強さが際立つ結果となりました。
 また、前回新設したスキンケア部門は、インナーケアまで拡大して選出。今後に大きな期待ができるカテゴリーとして注目です。また入賞には至らなかったものの、今後の成長を予感させるアイテムもピックアップ。プロの目が選んだアイテムから、次のトレンドを読み解きます。なお、今回の表紙は美容師からの推薦でサロンモデルNo.1に輝いた前田玲里を起用し、ヘアサロン「ユーレルム」のスタイリストが2019年夏のトレンドスタイルに仕上げています。
 ニュース面では、2大化粧品小売りチェーンである「セフォラ(SEPHORA)」と「ウルタ(ULTA)」のグローバル戦略を取り上げ、今年韓国に初進出を果たす「セフォラ(SEPHORA)」と、初の国外店舗となるカナダへの出店計画を進める「ウルタ(ULTA)」の両社の取り組みを解説します。そのほか、資生堂が展開するスキンケアのパーソナライゼーションを実現するサービス「オプチューン(OPTUNE)」のサブスクリプションについて資生堂ジャパンの杉山繁和社長に聞きました。
 第2の“スキコン”として、化粧水と美容液を融合した新感覚の化粧液「フローラドリップ」を発売する「アルビオン(ALBION)」、11月1日に開業する渋谷スクランブルスクエアに出店する化粧品ブランドのニュース、「クラランス(CLARINS)」から登場する肌タイプ別のスクラブ洗顔料、ブースター美容液を刷新する「マリコール(MARY COHR)」、敏感肌スキンケアのプレステージシリーズを発表した「ディセンシア(DECENCIA)」などを掲載しています。
プロダクトNo 1281682256
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 第1木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。