保健師ジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

保健師ジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

保健師ジャーナル雑誌の詳細です。


保健師ジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 保健師ジャーナル
本・雑誌内容 第一線で活躍する保健師のための学術専門誌。保健活動の「いま」と「これから」を確かな情報と具体的な対策で描く。
本・雑誌内容詳細 ■特集 SDGsと保健師活動――その視点と取り組みの活用■
SDGsとは――取り組みの背景と現状(河原一貴)
SDGsと地域保健活動とのつながり(大澤絵里,児玉知子)
豊田市におけるSDGsの取り組みと保健師活動(中神泰次,鈴木稚佳子,柴川ゆかり,[インタビュアー]木戸美代子,中根恵美子)
SDGsと保健師活動――子育て支援ネットワークとの協働による熊本市の防災教育(髙本佳代子,小川真奈美)
保健師が関わる持続可能な“ひと”と“まち”の健康づくり――@SDGs未来都市 富田林市(永岡加寿子,大堀雄一郎)


□対談
保健師の経験や知見を共有し新たなつながりへ――日本公衆衛生看護学会学術集会10周年記念大会を前に(松本珠実,岡本玲子)
□特別記事
無料統計ソフト「EZR」を使ってみよう②(アンケート調査結果を統計解析する(加藤丈夫)
□調査報告
新聞記事から捉えたCOVID-19における保健所および保健師の対応と課題(佐々木理沙,榊原 文)


●「おも★けん!」新任期でもできる!おもしろ健康教育のつくり方・18(最終回)
アイデアのスイッチ 創造性を高める技術を学ぼう(一般社団法人おもしろ健康教育研究所,伊藤純子,高橋佐和子)

●行動変容を導く ナッジの利いた保健活動・12(最終回)
保健活動におけるナッジの未来(髙橋勇太,村山洋史,竹林正樹,赤塚永貴)

●ポジティブな地域づくりを考える ポジティブ心理学×公共哲学から見る公衆衛生活動・16
食行動へのポジティブ心理学アプローチ 感謝とボディイメージ(島井哲志,小林正弥)
プロダクトNo 1281682231
出版社 医学書院
発売日 毎偶月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。