MUSICA(ムジカ) 定期購読・最新号・バックナンバー

MUSICA(ムジカ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

MUSICA(ムジカ)雑誌の詳細です。


MUSICA(ムジカ)の公式サイトへ
本・雑誌 MUSICA(ムジカ)
本・雑誌内容 創刊号での宇多田ヒカルの独占インタヴューや、バンプ・オブ・チキンの独占レコーディング潜入、東京事変の新シーズン最速インタヴュー、The BirthdayとのTシャツやステッカーでのコラボレート、L’arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)の40ページ以上に及ぶ大特集、桜井和寿(Mr.Children)独占インタヴューなど――他の音楽誌とは一線を画した大胆なネタや企画多数の圧倒的な内容。全30ページ100本以上のディープかつ熱のこもったディスクレヴュー。かつてなく大胆かつ音楽愛に溢れたプロフェッショナリズムに基づいて作られた今最も勢いのある新しい音楽月刊誌MUSICA(ムジカ)。編集長の鹿野淳氏は元ロッキングオンジャパンの編集長
本・雑誌内容詳細 <COVER STORY> マカロニえんぴつ
インディーズ時代から加速度的に快進撃を続け、2020 年の名盤アルバム『hope』、そして昨秋のメジャーデビューによって、リスナーにも世の中にも求められながら明確にメインストリームへと食い込み始めているマカロニえんぴつ。この春、遂に問答無用の国民的アニメとのタイアップを獲得し、さらなる爆発を予感させる今、初めての表紙 巻頭特集を実施! メンバー全員で語り合う4 月21 日リリースの『はしりがき』EP 完成直後の超速インタヴューと、はっとりの半生を語り尽くすライフストーリー・インタヴューにて、ひとクセもふたクセもありながら2020 年代型のロック&ポップの王道 を塗り替えるマカロニえんぴつの実態と現在地を紐解く必読大特集!

マキシマム ザ ホルモン
2 号店のラストシグルが特典としてつく本店の新作(マスク『ESSENTIALS』発売を機に、この1 年の葛藤と挑戦と今の胸の内のすべてをマキシマムザ 亮君が語る濃厚取材

go!go!vanillas
時代とシーンの大きな変化の真っ只中でロックバンドとして今自分達が鳴らすべきサウンド、メッセージに対峙し生まれたアルバム『PANDORA』。その背骨を牧達弥、語る

THE ORAL CIGARETTES × 04 Limited Sazabys × BLUE ENCOUNT
盟友 3バンドが明確な意志を持って集い、無事に成功させた対バンツアー「ONAKAMA 」。山中拓也×GEN ×田邊駿一のクロストークでその意志・覚悟・存在証明をここに記す

10-FEET
バンドの意志とメッセージを貫きながら新たな次元に突入している20 作目のシングル『ア オ』。ストイックに充実した楽曲制作に対峙し続けていると語るTAKUMAの現在地とは

RADWIMPS
東日本大震災から10年。毎年3月11日に新曲を発表し続けてきたRADWIMPS から届いた『2 + 0 + 1 + 1 + 3 + 1 + 1 = 10 years 10 songs 』、そこに浮かび上がる本質を紐解く

フレデリック
自由に貪欲に音楽を楽しむ姿勢を貫くその先で、サウンドもメッセージも進化と深化を辿り続けるフレデリック。現時点での集大成にして次への布石を打った武道館公演レヴュー
Saucy Dog
想像もしてなかった形で迎えることになった初めての日本武道館公演にて、バンドとしての確かにして大いなる成長の証を歌い響かせたSaucy Dog、そのメモリアルな一夜を綴る

VIVA LA ROCK 2021のお知らせ&出演アーティスト第1弾発表

大森元貴
Mrs. GREEN APPLE のフェーズ1 が完結し、フェーズ2 に向けた準備期間にある中、突如発表された初のソロ作品『French』。大森元貴との往復書簡にて、その意図と今を探る

Tempalay
激動と混沌の渦に翻弄されてゆく社会の中で、惑わされることなく自身の道を追求し続ける Tempalay。さらなるオリジナリティを獲得した『ゴーストアルバム』の奥を覗く
SIRUP
自分を愛すること、そして他者を受け入れること。2年ぶりのフルアルバム『cure』、2020 年に 可視化された様々な問題と真摯に向き合ったからこそ果たした成長と確信を語る
神はサイコロを振らない
メジャーデビュー後、初のフィジカル作品となるシングル『エーテルの正体』を丁寧に紐解くことで見えてきた、この先もこの4 人で歩み続けるために再確認した意志と絆
Base Ball Bear
『C 3』から1 年、シングルとしては実に5年ぶりとなる新作にして会心作『SYUUU /ドライブ』。
結成20 周年・メジャー15 周年を前に、さらに冴えわたる小出祐介の視点
Karin.
10 代最後のアルバムにして、アーティストとして、そしてひとりの人間として、必ずや転換点 となるであろう『solitude ability』。孤独を知ることで強くなれた、その真意とは
折坂悠太
まとまった作品としては屈指の名作『平成』以来となるミニアルバム『朝顔』リリース。
混沌とした世の中に対する想いと、彼が自らの歌に、音楽に祈りを託す理由を紐解く
コレサワ
卓越したメロディと歌詞のセンスによって多くの共感と信頼と心配を集め続けるコレサワ、 音楽性もその世界観も大きな変化を果たしたサードアルバム『純愛クローゼット』を語る
FINLANDS
ひとりになってから2 年、3 作目のアルバム『FLASH』を完成させた塩入冬湖。喪失も惜別も、 許しも憎しみも、すべてがオープンかつ豊かに音楽として記された今作を語る
Lucky Kilimanjaro
前作からちょうど1 年、未曾有の時の中で作り上げたアルバム『DAILY BOP』。心の内側にあった不安や弱さをも曝け出し、ソングライター熊木幸丸が切り開いた新たな感覚とは
また、入江陽、カジヒデキ、BŌMI、the band apart、OKAMOTO’S、SiM、Shleeps、ART-SCHOOL、くるり、8otto、a flood of circle、Wienners、LITEら多くのミュージシャンも参加する大ヴォリュームのディスクレヴューも多数! 国民的マルチタレントの大泉洋、金井政人(BIGMAMA)、谷口鮪(KANA-BOON)、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)といった豪華連載陣によるコラムも大充実!!

<掲載アーティスト一覧>
マカロニえんぴつ /マキシマム ザ ホルモン/go!go!vanillas /
THE ORAL CIGARETTES / 04 Limited Sazabys /
BLUE ENCOUNT /10-FEET / RADWIMPS /
フレデリック / Saucy Dog / 大森元貴/Tempalay /
SIRUP/ 神はサイコロを振らない/Base Ball Bear /
Karin. /折坂悠太 / コレサワ/FINLANDS / Lucky Kilimanjaro
プロダクトNo 1281682223
出版社 FACT
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。