会社法務A2Z 定期購読・最新号・バックナンバー

会社法務A2Zの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

会社法務A2Z雑誌の詳細です。


会社法務A2Zの公式サイトへ
本・雑誌 会社法務A2Z
本・雑誌内容 企業経営者・実務担当者および専門有資格者に向けて、会社に関わる法律の改正動向や実務情報を、わかりやすくタイムリーに提供する情報誌。会社のヒト・カネ・情報に関わる関係法令についても、幅広くカバー。
本・雑誌内容詳細 『会社法務A2Z』2019年9月号
<特集>施行半年前にここをチェック!改正民法への対応


■□                             □■□
■□     『会社法務A2Z』2019年9月号 CONTENTS     □■
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

┏┓  経営法談 management & law
┗┛────────────────────────────◆・◆
   
企業の倫理観が問われる「食品ロス」問題
  /株式会社office 3.11代表取締役 井出留美


┏┓  企業法務トレンドウォッチ
┗┛────────────────────────────◆・◆

法改正動向などをダイジェストでお届け
    /髙木弘明・田端公美・森千彦(西村あさひ法律事務所)


■ ┐+─────────────────────────────+
└■<特集>
    
    施行半年前にここをチェック!改正民法への対応

  ────────────────────────────◆・◆  

 ・ 施行まであと半年!まだ間に合う 改正民法対応
   /明治学院大学名誉教授、一般社団法人GBL研究所代表理事・会長 河村寛治


 ・ 改正民法対応を進める先進企業の視点から 絶対に買うべき5冊!

  ------------------------------------------------------------------

<ZoomUp! ─特別解説─>
メリットとデメリットを把握!
日本企業による中国上場(CDR発行・香港上場)の条件および手続き
   /弁護士 粟津卓郎 ・ 弁護士 井村俊介 ・ 中国律師 李 小龍


<時事解説>
   最近のマタハラ・パタハラ事例と企業が行うべき対策
   /弁護士 新村響子


<LEGAL FOCUS ─法令要点─>
   特許法・意匠法 2019年改正の概要と実務上の留意点
   /弁護士 磯田直也


 +・+・+─────────────────────────+・+・+
┏┓ 連載
┗┛────────────────────────────◆・◆

 □ 企業NOW
(2)LINE株式会社法務室におけるリーガルオペレーションズの取組事例
    /LINE株式会社 法務室長 山本雅道


 ■ 事例で学ぶ 個人情報保護法の最新実務
   (3)個人データの外国にある第三者への提供
/弁護士 田中浩之・弁護士 北山 昇


 □ イベント法務☆集中講座
   (4)実施場所に関する規制
    /弁護士 佐々木 奏


 ■ 知らなかったでは済まされない!! 諸外国のカルテル規制
   (19)タイ
  /弁護士 鈴木道夫 ・ 弁護士 山口 涼

  
 □ 山本孝夫の英文契約入門ゼミナール
(20)Dから始まる契約用語 ④
 /明治大学法学部元専任教授 山本孝夫 

  
 ■ 中国ビジネス 現場で役立つ 実務Q&A
(87)日中社会保障協定と日本人駐在員(従業員)の社会保険
 /公認内部監査人 奥北秀嗣
  

 □ 会社労務 ありがち事件簿・霊界編
   ~もし「あの世」にも労働法があったら~
(38)定年後の再雇用 ②
    /法律・裁判ライター 長嶺超輝

  
 ■ 鐵丸先生の 生兵法務は大怪我のもと!
   (126)「幻の時効完成 ⁉」
  /弁護士・ニューヨーク州弁護士 畑中鐵丸


 □ 「司法の小窓」から見た法と社会
  (143)ウォーク・ドント・ラン
/中央大学大学院法務研究科教授・弁護士 加藤新太郎


┏┓ 会社法務ディレクトリ
┗┛────────────────────────────◆・◆
 ■ 今月のHOTワード・【取引基本契約】■
■ こんぷら猫の処方箋・【反社会的勢力との関係】■  
 ■ 良品10選 今月のおすすめ商品紹介 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロダクトNo 1281682157
出版社 第一法規
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。