みんなの呼吸器 Respica(レスピカ) 定期購読・最新号・バックナンバー

みんなの呼吸器 Respica(レスピカ) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

みんなの呼吸器 Respica(レスピカ) 雑誌の詳細です。


みんなの呼吸器 Respica(レスピカ) の公式サイトへ
本・雑誌 みんなの呼吸器 Respica(レスピカ)
本・雑誌内容 『呼吸器ケア』は、ICU・病棟の看護師をはじめ、理学療法士、臨床工学技士、医師といった呼吸ケアにかかわるすべての医療者を応援する専門誌です。難しいと言われがちな呼吸生理や人工呼吸管理を楽しく学び患者へ生かしていただけるように、初級レベルからでも無理なく読める構成としています。特に呼吸療法認定士の方や、これから受験を予定されている方には必読の情報が満載です!
本・雑誌内容詳細 ・はじめに
・執筆者一覧



【1章 NPPV管理の基本をおさえよう!】

◆1 急性期・慢性期における非侵襲的な呼吸管理とは
◆2 NPPVの設定項目と換気モードを覚えよう
◆3 インターフェイスの特徴と基本の装着手順
◆4 最初が肝心!マスクの導入とフィッティング術



【2章 NPPV機器を理解しよう!】

◆1 救急・ICU・病棟用のNPPV機器を見てみよう
(1)V60
(2)トリロジーO2 plus
(3)CARINA(R)
(4)Monnal T60
(5)SERVO-U
(6)HAMILTON-G5

◆2 これさえあればなんとかなる! 機種別のトリセツ
・V60
・トリロジー(O2/100/200)plus
・Monnal T60

◆3 在宅用のNPPV機器を見てみよう
(1)ViVO50
(2)NIPネーザル(R)VE
(3)クリーンエアVELIA
(4)BiPAP A40 シルバーシリーズ
(5)トリロジー100/200 plus
(6)クリーンエアASTRAL(R)
(7)オールインワンVOCSNベンチレータ
(8)AirCurveTM 10 CS-A TJ
(9)PrismaCR
(10)BiPAP AutoSV Advanced System One 60 シリーズ

◆4 これさえあればなんとかなる! 機種別のトリセツ
・ViVO50
・NIPネーザル(R)VE/クリーンエアVELIA
・BiPAP A40
・AirCurveTM 10 CS-A TJ


〔NPPV雑学コラム〕
(1)S/TモードとSIMVモード
(2)睡眠時呼吸障害(sleep disordered breathing; SDB)のためのNPPV
(3)NAVAってなんだ?
(4)NPPVの測定値やグラフィックモニターは信用できる?
(5)急性期用NPPVと慢性期用NPPVの違い
(6)BiPAP A40とトリロジーシリーズの便利機能



【3章 急性期NPPVの呼吸管理と患者ケアをマスターしよう! ~ICUから病棟へ~】

◆1 急性期導入時の初期設定のポイント
◆2 院内用機種のグラフィックモニタリング
◆3 設定調整のアセスメント、同調不良への対応
◆4 院内用機種のアラーム対応と設定
◆5 急性期NPPVのストレスに対するケア
◆6 薬物療法によるストレスコントロールの考え方
◆7 急性期~回復期の呼吸リハ・排痰介助・体位管理
◆8 NPPVとHFT~切り替え時の注意点~



【4章 慢性期NPPVの呼吸管理と患者ケアをマスターしよう! ~病棟から在宅へ~】

◆1 在宅導入の適応判断と設定のポイント
◆2 在宅用機種(ViVO50)のグラフィックモニタリング
◆3 在宅用機種におけるログデータの観察
・これも知っておきたい NIPネーザル(R)Vのグラフィックモニタリング

◆4 設定調整のアセスメント、同調不良への対応
◆5 在宅用機器のアラーム対応と設定
◆6 導入時の患者教育・退院支援・環境整備のサポート
◆7 慢性期NPPVの継続看護
◆8 NPPV持ち込み入院への対応



【5章 マスクフィッティング技術を高めよう!】

◆1 リーク対策のあれこれ
◆2 皮膚トラブルの予防と対処
◆3 マスクフィッティングでよくある質問Q&A



【6章 疾患・病態別にNPPV管理をおさえよう!】

◆1 COPD増悪
◆2 COPD安定期
◆3 気管支喘息発作
◆4 ARDS、重症肺炎
◆5 心原性肺水腫
◆6 間質性肺炎急性増悪
◆7 周術期・抜管後の換気補助
◆8 拘束性胸郭疾患(RTD)
◆9 小児の場合
◆10 神経筋疾患(ALS)



・索引
プロダクトNo 1281682143
出版社 メディカ出版
発売日 毎奇月9日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。