みんなの呼吸器 Respica(レスピカ) 定期購読・最新号・バックナンバー

みんなの呼吸器 Respica(レスピカ) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

みんなの呼吸器 Respica(レスピカ) 雑誌の詳細です。


みんなの呼吸器 Respica(レスピカ) の公式サイトへ
本・雑誌 みんなの呼吸器 Respica(レスピカ)
本・雑誌内容 『呼吸器ケア』は、ICU・病棟の看護師をはじめ、理学療法士、臨床工学技士、医師といった呼吸ケアにかかわるすべての医療者を応援する専門誌です。難しいと言われがちな呼吸生理や人工呼吸管理を楽しく学び患者へ生かしていただけるように、初級レベルからでも無理なく読める構成としています。特に呼吸療法認定士の方や、これから受験を予定されている方には必読の情報が満載です!
本・雑誌内容詳細 【特集】安定期も増悪期も、ココがわかればうまくいく COPDのパーフェクト呼吸管理
Respica編集委員会・編集協力委員会

<Part.1 総論>
◆COPD 20年間のオーバービュー
公立陶生病院 松田俊明

<Part.2 治療>
(1)病態と臨床所見
一宮市立市民病院 麻生裕紀

(2)診断基準と病期分類
信州大学 北口良晃

(3)問診と必須の検査
信州大学 漆畑一寿

(4)基本の吸入薬
名古屋大学 鈴木 淳

(5)COPDの全身併存症・肺合併症
中東遠総合医療センター 速井俊策

<Part.3 呼吸管理>
(1)COPDの病態を踏まえた呼吸管理のありかた
公立陶生病院 横山俊樹

(2)在宅呼吸管理の適応
東京品川病院 篠田雅宏

(3)在宅酸素療法の機器・インターフェース
エア・ウォーター・メディカル株式会社 笠原良平

(4)在宅酸素療法の導入と教育
高槻赤十字病院 今戸美奈子

(5)在宅NPPVの機器・インターフェース
帝人ファーマ株式会社 早坂 慎

(6)在宅NPPVの導入と教育
地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター 竹川幸恵

◆Cross Message
JA広島総合病院/倉敷中央病院 櫻谷正明

(7)増悪期の酸素療法
広島大学病院 徳毛健太郎

◆Cross Message
東京品川病院 新海正晴

(8)増悪期のNPPV
JA広島総合病院 高場章宏

(9)増悪期のIPPV
東京ベイ・浦安市川医療センター 片岡 惇

(10)増悪期呼吸管理のモニタリングと離脱
医療法人沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 平田 旭

<Part.4 安定期の管理>
(1)呼吸リハビリテーションの適応と評価
Respiratory Advisement Ys’/順天堂大学 佐野裕子

◆Cross Message
聖マリアンナ医科大学病院 横山仁志

(2)運動療法
長崎呼吸器リハビリクリニック 北川知佳

(3)栄養管理
関東学院大学 田中弥生

(4)セルフマネジメント教育
兵庫県立大学 森 菊子

(5)COPDの終末期医療
公立陶生病院 萩本 聡

◆症例展開
・浩一郎物語
国家公務員共済組合連合会枚方公済病院 奥田みゆき

◆Cross Message
横山俊樹/竹川幸恵



【連載】
◆Respica年間購読特典のご紹介

◆本日の胸部X線写真
・血管影
独立行政法人国立病院機構 南京都病院 角 謙介

◆本日の検査値
・酸素化(PaO2、P/F比、A-aDO2)
広島大学 大下慎一郎

◆本日のグラフィック波形
・SIMV(VCV)
医療法人沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 村上大道

◆年がら年中、教育のことを考えている長尾先生のコラム ベストティーチャーのつぶやき
・教育は人のためならず
滋賀医科大学 長尾大志

◆Dr. 清水流!医療者のためのEvernote活用術
・医療従事者の第二の脳、それがEvernote
聖路加国際病院 清水真人

◆いつもの呼吸管理機器 使いかたの○と×
・その使いかた、ちょっと待った!! いつもの加温加湿管理 ○と×
神戸市立医療センター中央市民病院/呼吸ケア研究会 WARC 石橋一馬

◆“ときどき呼吸ケアスタッフ”への教える技術
・研修方法の選び方、つくり方
公立陶生病院 濱本実也

◆Information



【Campanio!】医療・看護・介護のトピック18本!



【その他】
・次号予告
プロダクトNo 1281682143
出版社 メディカ出版
発売日 毎奇月9日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。