泌尿器Care&Cure Uro-Lo 定期購読・最新号・バックナンバー

泌尿器Care&Cure Uro-Loの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

泌尿器Care&Cure Uro-Lo雑誌の詳細です。


泌尿器Care&Cure Uro-Loの公式サイトへ
本・雑誌 泌尿器Care&Cure Uro-Lo
本・雑誌内容 月刊誌『泌尿器ケア』は、2016年から“看護師と医師が一緒に読める専門誌”として、誌名も『泌尿器Care&Cure Uro-Lo』に変更し、隔月刊誌となり“ビジュアルでみえるワンテーママガジン”へと大幅にリニューアルいたします。治療から看護まで、泌尿器科に携わるすべての人がこの専門誌を通してつながっていく、そんなこれまでにない新スタイルの専門誌をご提供します!
本・雑誌内容詳細 【特集】まるごと 排尿自立指導の最前線 ―治療&ケア・指導料算定
東京医科大学病院 看護部/皮膚・排泄ケア認定看護師 帶刀朋代
埼玉医科大学病院 泌尿器科教授 朝倉博孝

<排尿自立指導の現状>
◆01 排尿自立指導の課題と展望
東京大学大学院 吉田美香子・真田弘美

◆02 排尿自立指導のための排尿ケアチームのつくり方
東京医科大学病院 大野芳正

◆03 病棟における排尿自立指導
杏林大学医学部付属病院 丹波光子

◆04 排尿自立指導と地域連携
福井大学 堤内真実・総合在宅医療クリニック 土屋邦洋・重城泌尿器科クリニック 北廣和江・福井大学 青木芳隆

<排尿自立指導(包括的排尿ケア)の実際>
◆05 前立腺肥大症患者に対する排尿自立指導(尿閉例を中心に)
獨協医科大学病院 山西友典・加賀勘家・加賀麻祐子・布施美樹・石塚 満・清水優子・美濃和紀子

◆06 低活動膀胱患者に対する排尿自立指導
東邦大学医療センター大橋病院 関戸哲利

◆07 カテーテル抜去後の過活動膀胱患者に対する排尿自立指導
大阪暁明館病院 松下千枝

◆08 カテーテル抜去後の夜間頻尿患者に対する排尿自立指導
宮津康生会宮津武田病院 曽根淳史

◆09 脳血管障害患者に対する排尿自立指導
北海道大学大学院 橘田岳也・北海道医療大学 大内みふか・北海道大学大学院 篠原信雄

◆10 脊髄損傷患者に対する排尿自立指導
東京都リハビリテーション病院 鈴木康之・鰺坂志乃・東京慈恵会医科大学 古田 昭・小池祐介・五十嵐太郎

◆11 術後患者に対する排尿自立指導
山梨大学大学院 三井貴彦

◆12 認知症患者に対する排尿自立指導
東邦大学医療センター佐倉病院 榊原隆次

<排尿自立指導をスムーズに進める工夫>
◆13 医師として排尿自立指導を継続するための方策と工夫
埼玉医科大学病院 朝倉博孝

◆14 病棟看護師の排尿自立指導へのモチベーションを上げる工夫
東京医科大学病院 帶刀朋代

◆15 排尿ケアチームによる看護師・理学療法士・作業療法士への教育を充実させる工夫
名古屋大学大学院 井上倫恵・名鉄病院 渡邊日香里・市川美代子・森 淳一・成島雅博

◆16 排尿自立指導にかかわる記録負担を軽くする工夫
埼玉医科大学病院 小島由希菜・松岡美木

<その他>
◆17 排尿自立指導に役立つQ&A
山梨大学大学院 谷口珠実



【連載】
◆確定診断にいたるまでの 泌尿器症状アセスメント 医師はどう考えている? アセスメントシートがダウンロードできる!
「膿尿がある……」
帝京大学ちば総合医療センター 納谷幸男

◆ナースに、ドクターに、勉強会で教えたくなる泌尿器診療 Current Knowledge スライドがダウンロードできる!
「過活動膀胱に対する薬物治療のパラダイムシフト:交感神経β3作動薬の役割」
旭川医科大学 和田直樹

◆泌尿器科のスペシャリストを目指す人のための 医師とナースの合同カンファレンス
「骨転移による脊髄圧迫のために入院加療を要した前立腺がんの症例の巻」
大阪国際がんセンター 波多野浩士・西村和郎

◆ウロロジカルな世界の歩き方
「私の好きな本から学んだこと」
高松赤十字病院 山本由利子

◆Meeting Report
「第20回 埼玉 老年・泌尿器科研究会 参加レポート」
川越同仁会病院/日本コンチネンス協会 西村友希

◆Information



【Campanio!】医療・看護・介護のトピック9本!



【その他】
・次号予告
プロダクトNo 1281682139
出版社 メディカ出版
発売日 毎偶月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。