脳神経外科速報 定期購読・最新号・バックナンバー

脳神経外科速報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

脳神経外科速報雑誌の詳細です。


脳神経外科速報の公式サイトへ
本・雑誌 脳神経外科速報
本・雑誌内容 平易で理解しやすいテキスト、豊富な画像、充実の手術動画!! 脳神経外科臨床で今すぐ役立つ診断・治療・手術・教育のポイントが満載。脳神経疾患治療に携わるすべての医師が求める第一線の知識と情報を提供していくために、『脳神経外科速報』はさらに進化し続けます。
本・雑誌内容詳細 【Techniques & Arts】
<私の手術論>
◆解離性脳動脈瘤への探求心 脳動脈瘤手術の極意,工夫
昭和大学 水谷 徹(聞き手:岡山大学 菱川朋人)



【Feature】脳動脈瘤直達術トラブルシューティング ─私ならこうする
帝京大学医学部附属溝口病院 竹田理々子

<その(1)>硬膜切開からくも膜下腔開放時
信州大学 堀内哲吉

<その(2)>動脈瘤周囲剥離時
埼玉医科大学総合医療センター 印東雅大

<その(3)>母血管確保からクリッピング時
帝京大学 大井川秀聡

<その(4)>Premature rupture時の対応法
福岡大学 堀尾欣伸 他

<その(5)>Neck laceration
帝京大学医学部附属溝口病院 竹田理々子



【Techniques & Arts】
<基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード>
◆急性頭蓋内主幹動脈閉塞症に対する血行再建術
神戸市立医療センター中央市民病院 今村博敏 他

<How do you teach/master Neurosurgicalテクニック? 急性期再開通療法編>
◆はじめてのstent retriever 実はtipsいろいろSolitaire編
昭和大学 奥村浩隆 他/[マンガ・イラスト]蛇蔵



【Current Knowledge】
<症例・Q&Aで学ぶ 知っているようで知らない 認知症の常識・非常識>
◆前頭側頭型認知症(その2)
滋賀医科大学 椎野顯彦

<専門医に求められる最新の知識>
〔機能外科〕精神神経疾患に対する外科治療の基本的概念と国際的動向
福岡大学 森下登史 他

<脳外科日常診療 私の工夫>
◆留置針を利用したDIYマイクロカテーテルイントロデューサー
奈良県総合医療センター 前川秀継 他



【Contribution】
<投稿論文>
〔Technical Note〕神経内視鏡下頭蓋内血腫除去術のアドバンストテクニック
東京医科大学 深見真二郎 他



【Lecture & General Information】
<World Report>
〔WEB座談会〕脳神経外科医の留学リアルライフ ─本当のところ,どうなの?
ゲスト: 岡山大学 大谷理浩/東京医科歯科大学 清川樹里/東京大学 甲賀智之/アラバマ大学バーミングハム校 中野伊知郎/東京大学 野村昌志
司会:横浜市立大学 立石健祐

◆今月の海外文献
鹿児島大学 大吉達樹,内田裕之

<脳外科医的365日 新・私のおすすめ!!>
◆ブックコンシェルジュが選ぶ おすすめの一冊
富士脳障害研究所附属病院 田村 晃

◆Rockhard in a Funky PLACE 音楽と生きる医師のためのRock’n’ Roll
関西ろうさい病院 豊田真吾

◆ホッと一息・グッと至福の一杯 My favorite Sake
兵庫県災害医療センター/神戸赤十字病院 原 淑恵

<コラム>
◆Monthly View
岩手県立中央病院 木村尚人

◆Editor’s View
埼玉医科大学総合医療センター 大宅宗一



【Campanio!】医療・看護・介護のトピック8本!
●てんかんと社会を考える
医療法人清照会湊病院北東北てんかんセンター/東北大学 岩城弘隆



【その他】
・専用WEBページのお知らせ
・投稿募集のお知らせ
・学会・研究会 掲示板
・投稿ならびに執筆規定
・次号予告
プロダクトNo 1281682135
出版社 メディカ出版
発売日 毎月29日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。