脳神経外科速報 定期購読・最新号・バックナンバー

脳神経外科速報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

脳神経外科速報雑誌の詳細です。


脳神経外科速報の公式サイトへ
本・雑誌 脳神経外科速報
本・雑誌内容 平易で理解しやすいテキスト、豊富な画像、充実の手術動画!! 脳神経外科臨床で今すぐ役立つ診断・治療・手術・教育のポイントが満載。脳神経疾患治療に携わるすべての医師が求める第一線の知識と情報を提供していくために、『脳神経外科速報』はさらに進化し続けます。
本・雑誌内容詳細 【Techniques & Arts】
<激論! 外科手術×放射線治療>
◆聴神経腫瘍の治療
東京医科大学 河野道宏×築地神経科クリニック 芹澤 徹(司会:埼玉医科大学総合医療センター 大宅宗一)

<基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード>
◆イラストと動画で理解する OA-PICA anastomosisのコツとピットフォール
札幌禎心会病院 野田公寿茂

<手術のコツとピットフォール 一流術者のココが知りたい>
◆頭蓋内腫瘍摘出術における術前塞栓術の有効性
獨協医科大学埼玉医療センター 鈴木謙介

<How do you teach/master Neurosurgicalテクニック? 急性期再開通療法編>
◆はじめてのADAPT technique 回収のコツは? どんな血栓にいいの?
昭和大学 奥村浩隆 他/[マンガ・イラスト]蛇蔵



【Current Knowledge】
<HOT TOPICS>
◆脳卒中における終末期医療に関するガイドライン(一般社団法人日本脳卒中学会)の要旨のまとめ
監修:熊本市民病院 橋本洋一郎

<専門医に求められる最新の知識>
〔脳血管障害〕in vivoマウス大脳微小血管の4Dイメージング
電気通信大学 正本和人 他

〔脳腫瘍〕中枢神経系胚細胞腫瘍の診療 ─Tipsと最新知識
埼玉医科大学国際医療センター 鈴木智成

<症例・Q&Aで学ぶ 知っているようで知らない 認知症の常識・非常識>
◆軽度認知障害(Mild cognitive impairment:MCI)
滋賀医科大学 椎野顯彦



【Contribution】
<TOPICS>
◆速報!! 第16回脳神経外科速報優秀論文賞発表

<投稿論文>
〔Case Report〕急性期再開通療法におけるアクセスルート穿孔に対しPTAバルーンによる止血が有効であった1例
千葉脳神経外科病院 内田賢一 他

〔Case Report〕頭蓋骨転移をきたした淡明細胞型軟骨肉腫の1例
慶應義塾大学 佐藤瑞仁 他



【Lecture & General Information】
<World Report>
◆海外脳外科最新事情
・Asian Congress of Neurological Surgeons Yangon Neuroendovascular Teaching Course
佐世保市総合医療センター 林 健太郎

◆今月の海外文献
鹿児島大学 米永理法,田中俊一

<脳外科医的365日 新・私のおすすめ!!>
◆ブックコンシェルジュが選ぶ おすすめの一冊
富士脳障害研究所附属病院 田村 晃

◆Rockhard in a Funky PLACE 音楽と生きる医師のためのRock’n’ Roll
関西ろうさい病院 豊田真吾

◆ホッと一息・グッと至福の一杯 My favorite Sake
兵庫県災害医療センター/神戸赤十字病院 原 淑恵

<コラム>
◆Monthly View
順天堂大学医学部附属静岡病院 山本拓史

◆Editor’s View
横浜市立大学 立石健祐



【Campanio!】医療・看護・介護のトピック8本!
●てんかんと社会を考える
ウェイン州立大学 岩城弘隆



【その他】
・専用WEBページのお知らせ
・投稿募集のお知らせ
・学会・研究会 掲示板
・投稿ならびに執筆規定
・次号予告
プロダクトNo 1281682135
出版社 メディカ出版
発売日 毎月29日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。