Emer-Log(エマログ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Emer-Log(エマログ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Emer-Log(エマログ)雑誌の詳細です。


Emer-Log(エマログ)の公式サイトへ
本・雑誌 Emer-Log(エマログ)
本・雑誌内容 『Emer-Log』は、Emergencyの「Emer」と日誌を表す「Log」を合わせた造語です。症例をベースに看護師、医師をはじめとした多職種で共有できる、患者さんの評価と初療の実践を解説します。また救命救急センターから地域につなげるための、さまざまな場での患者さんの急変・重症化を取り上げます。 救急医療を深めたい・教えたい・広げたいあなたのための、救急医療と看護の専門誌です。
本・雑誌内容詳細 <特集>
絶対に見逃してはいけない観察ポイントはこれ!
救急でよく出会う症状・所見16
[プランナー]山崎元靖 済生会横浜市東部病院

●1 意識障害
池田麻美子 山村美佐子 佐藤朝之
市立札幌病院

●2 偶発性低体温症
佐藤慶吾 町田浩志
国立病院機構 高崎総合医療センター

●3 アナフィラキシー
中川恵子
東北医科薬科大学病院
大泉智哉 遠藤智之
東北医科薬科大学

●4 失神
中川恵子
東北医科薬科大学病院
板垣秀弥 遠藤智之
東北医科薬科大学

●5 吐血
星知恵実 菅野武
東北大学病院

●6 下血・血便
星知恵実 菅野武
東北大学病院

●7 ショック
若井志津香
洛和会音羽病院
花木奈央
大阪大学大学院

●8 腰背部痛
森末千春
洛和会音羽病院
花木奈央
大阪大学大学院

●9 めまい
飯田槙 比嘉研 鈴木諭
利根中央病院

●10 頭痛
鷹嘴朱美 比嘉研 鈴木諭
利根中央病院

●11 上気道閉塞・窒息
磯部雄一 野田英一郎
国立病院機構 九州医療センター

●12 熱中症・高体温
川鍋育郎 野田英一郎
国立病院機構 九州医療センター

●13 動悸(徐脈・頻脈)
古山雪枝 山田健太 田村雄一
国際医療福祉大学三田病院

●14 胸痛
髙田裕美 田村祐大 田村雄一
国際医療福祉大学三田病院

●15 急性アルコール中毒
杉山貴子
SPメディカルジャパン
伊藤壮一
麻生総合病院

●16 排尿障害・尿閉
杉山貴子
SPメディカルジャパン
伊藤壮一
麻生総合病院


<特別企画>
HOT TOPICS
救急救命士の業務の場の拡大
—救急救命士法 改正で、救急外来はどう変わる?

【PART 01】改正 救急救命士法の概要
植田広樹 田中秀治  国士舘大学大学院

【PART 02】今後、救急外来で看護職と救急救命士はどう協働するか
宮脇英恵  日本看護協会


<連載>
●e-log—ターニングポイントな1日—
・僕がめざすのは、「救急看護が好き」と言える看護師を育てること!
中田徹朗 宝塚市立病院

●患者さんも医療者もラクになる!処置時の鎮静・鎮痛【NEW】
・PSA、それは不快な処置を楽に受けられるようにする切り札
乗井達守 University of New Mexico

●バーンアウトしない!させない!医療者教育の最前線【NEW】
・成人教育総論
小出智一 舩越拓
東京ベイ・浦安市川医療センター

●Dr.許(ホ)の5Mアプローチで学ぶ高齢者救急キホンのキ【NEW】
・高齢患者のマネジメントとは?
—よろず相談室編
許智栄 神戸市立医療センター中央市民病院

●病院・部署・地域……救急の認定看護師(スペシャリスト)は、どう動く?
・PDCAサイクルを活用した急変対応力の向上
植木大輔 加納総合病院


医療・看護・介護のトピック8本!
◆Campanio! カンパニオ2022 01


<OTHERS>
●Emer-Log誌 創刊35周年を迎えました
●資料ダウンロード方法
●Emer-Logプチリニューアルのお知らせ
●次号予告
プロダクトNo 1281682134
出版社 メディカ出版
発売日 毎奇月11日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。