Emer-Log(エマログ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Emer-Log(エマログ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Emer-Log(エマログ)雑誌の詳細です。


Emer-Log(エマログ)の公式サイトへ
本・雑誌 Emer-Log(エマログ)
本・雑誌内容 プレホスピタルから院内まで、一刻一秒を争う救急の現場で働くすべての医療従事者(看護師、医師、救急救命士etc.)必読の専門誌です。 フィジカルアセスメントなどの救急医療・看護に必須の知識・技術はもちろん、ガイドラインなどの最新方法も網羅し、臨床に直結した切り口&ビジュアルな誌面でお届けします! 目の前の患者さんを救いたいあなたのための、救急医療と看護の専門誌です。
本・雑誌内容詳細 【特集】対応・治療法の次の一手が変わる 探求 ショックへの最適解
船曵知弘 済生会横浜市東部病院

<I.ショックへの気づきかた>
◆1.ショックの病態生理
佐々木 徹  太田西ノ内病院

◆2.ショックにいち早く気づくために
薬師寺秀明  堺市立総合医療センター

<II.ショックの分類と見極めかた>
◆1.ショックの分類
石上雄一郎 舩越 拓  東京ベイ・浦安市川医療センター

◆2.ショックの見極めかた
中澤太一 舩越 拓  東京ベイ・浦安市川医療センター

<III.症例で学ぶショック>
◆循環血液量減少性ショック(1):出血性ショック
萩原一樹 高野一城  山梨県立中央病院

◆循環血液量減少性ショック(2):非出血性ショック
多村知剛  慶應義塾大学/ 慶應義塾大学病院

◆心原性ショック(1):急性心筋梗塞によるショック
新垣 康 石盛 博 粟国和枝 島田進也  中頭病院

◆心原性ショック(2):心筋炎によるショック
滝村英幸  総合東京病院

◆心外閉塞・拘束性ショック(1):緊張性気胸によるショック
篠塚 健 松本樹梨  京都大学医学部附属病院

◆心外閉塞・拘束性ショック(2):肺血栓塞栓症によるショック
石澤 嶺 中丸 真  東京医療センター

◆心外閉塞・拘束性ショック(3):心タンポナーデによるショック
小山泰明 中島久雄  筑波大学附属病院

◆血液分布異常性ショック(1):敗血症性ショック
山田真生  済生会横浜市東部病院

◆血液分布異常性ショック(2):アナフィラキシーショック
世良俊樹 小川恵美子  県立広島病院

◆血液分布異常性ショック(3):神経原性ショック
伊藤壮一  麻生総合病院



【連 載】
◆e-log ―ターニングポイントな1日―
・脱水症で入院させる判断は正しいと思うのだが……
本多英喜 横須賀市立うわまち病院

◆「見抜いた!」の裏側お見せします 非典型な救急画像はこう気づく
・“何かがいつもと違う”その違和感で勝負を決める! “可能性”から“確定診断”につなげるために
妹尾聡美 国立病院機構 災害医療センター

◆「手強い」「人泣かせ」な心電図がやってきた! やっかいな心電図クイズ
・Wide QRS Tachycardia読解の4ステップ
森島逸郎 大垣市民病院

◆比べてわかる 根拠が見える 似ている薬の使い分け
・せん妄
小野寺夕貴 聖マリアンナ医科大学病院

◆[NEW]Dr. 八島が診る! まさかの内分泌エマージェンシー
・喉が痛かったら、風邪だと思っていませんか?
八島広典 昭和大学病院

◆救急医しよう! ―仕事もプライベートも。ハイブリッド救急医の日常―
・それでも趣味をしたいから…… 当直明けの本番
薬師寺泰匡 岸和田徳洲会病院

◆救急現場ではどうする!? 患者家族の支えかた―終末期編
・代理意思決定支援
比田井理恵 千葉県救急医療センター
立野淳子 小倉記念病院

◆病院・部署・地域…… 救急の認定看護師(スペシャリスト)は、どう動く?
・開心術後患者に対する「蘇生プロトコル」の作成
加藤貴則 秋田大学医学部附属病院

◆特定行為研修〔修了しました!〕十人十色リレー
・file. 2 中田徹朗さん

◆躓く前に跳べ! 救急的人生相談
・キャリアアップ・スキルアップしたいけれど……
有吉孝一 柳井真知 神戸市立医療センター中央市民病院

◆研修用の資料に 今すぐ使える! 救急のいらすと屋
・ABCDEアプローチ
瀧澤紘輝 神戸市立西神戸医療センター

◆投稿論文
・PEEP値は閉鎖式吸引時の喀痰吸引量へ影響を及ぼすか?
高橋奈奈 札幌医科大学附属病院 ほか



【Campanio!】医療・看護・介護のトピック18本!



【Others】
・REPORT:第20回日本救急看護学会学術集会
・REPORT: 第32回セデーションコース(エッセンシャル版)
・次号予告
プロダクトNo 1281682134
出版社 メディカ出版
発売日 毎奇月11日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。