赤ちゃんを守る医療者の専門誌 with NEO 定期購読・最新号・バックナンバー

赤ちゃんを守る医療者の専門誌 with NEO の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

赤ちゃんを守る医療者の専門誌 with NEO 雑誌の詳細です。


赤ちゃんを守る医療者の専門誌 with NEO の公式サイトへ
本・雑誌 赤ちゃんを守る医療者の専門誌 with NEO
本・雑誌内容 臨床で役立つNICU最前線の話題を発信し続けている『ネオネイタルケア』。特集では、新生児疾患の病態生理や看護の要点など、誰もが知っておきたい内容をわかりやすく解説しています。さらに連載では、症例報告や認定看護師による実践活動報告などの、より応用的な内容も取りそろえています。これからも『ネオネイタルケア』は新生児集中治療に携わる医療者の皆さまに寄り添い続けます。
本・雑誌内容詳細 【特集“with NEO”Update】正常からの逸脱を見抜く 少し気になる新生児の所見
名古屋大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新生児部門講師 佐藤義朗

◆総論 赤ちゃんの異常を見抜く目を養う
名古屋大学医学部附属病院 佐藤義朗

◆1 体 重
京都大学医学部附属病院 友滝清一・小谷多恵子

◆2 血糖値
東京都保健医療公社荏原病院 滝 元宏

◆3 黄 疸
香川大学 中村信嗣

◆4 呼 吸
青森県立中央病院 三上了右・溝江和佳子

◆5 循 環
あいち小児保健医療総合センター 森鼻栄治・岩月悦子

◆6 消化器
順天堂大学 東海林宏道

◆7 神 経
東京女子医科大学 今井 憲・中野恵美

◆8 皮 膚
名古屋第二赤十字病院 山田崇春・石川 香

◆9 見た目・形態
亀田総合病院 中島隼也

◆10 全身状態
市立豊中病院 徳永康行・掛布美樹

◆11 栄養・哺乳
昭和大学江東豊洲病院 寺田知正・櫻井基一郎
昭和大学江東豊洲病院/昭和大学 峯尾アヤ

◆12 体 温
東京都立小児総合医療センター 藤田基資・岡崎 薫・笹野由美



【連載】
◆[新連載]新生児搬送 その後を決める! 判断ポイント
・見逃してはいけない兆候・疾患
独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 千葉洋夫

◆[新連載]薬剤師がまるっとレクチャー 赤ちゃんへの薬剤投与ここだけノート
・赤ちゃんに薬剤を投与すること~薬剤師さんと力を合わせるために~
静岡県立こども病院 中澤祐介

◆[新連載]ここが知りたい! グレーゾーンの赤ちゃん
・「グレーゾーン」の赤ちゃんの実際
愛育会福田病院 高橋大二郎

◆[新連載]周産期心理士 つたえる・つながるメッセージ
・「この管抜いてください!」~病状が理解できないように見える家族の気持ち~
千葉市立海浜病院 藤嶋加奈

◆[新連載]理学療法士がギモンに答えます! 家族と一緒に行う赤ちゃんの発達ケア
・なぜ発達ケアが必要か
田附興風会医学研究所北野病院 本田憲胤



【特集 NEO Nursing】保存版 赤ちゃんを守る 制度とお金 家族への説明にもう迷わない!
独立行政法人国立病院機構長良医療センター新生児科医長 寺澤大祐

◆【特別企画】赤ちゃんのために申請すべき制度・利用すべきサービス
独立行政法人国立病院機構長良医療センター 寺澤大祐

◆総論 すべての赤ちゃん・子どもを守るための制度と実際
矢嶋小児科小児循環器クリニック 矢嶋茂裕
特定非営利活動法人ぎふ多胎ネット 糸井川誠子

◆1 未熟性のためにNICUへ入院が必要となる子どもを守る制度
独立行政法人国立病院機構長良医療センター 寺澤大祐

◆2 先天性疾患・新生児仮死のためにNICUへ入院した子どもを守る制度
新潟大学医歯学総合病院 金子孝之

◆3 在宅医療を必要とする子どもを守る制度と実際
地方独立行政法人岐阜県総合医療センター 中村仁隆

◆4 在宅医療を必要とする子どもを守る制度と多職種連携の重要性
医療法人輝優会かがやきクリニック 南條浩輝

◆5 フォローアップ・外来診療で利用する制度
青森県立中央病院 網塚貴介

◆【特別企画】子どもの社会保障 きほんの用語辞典 Dr. 寺澤のぶっちゃけホンネ解説付き
独立行政法人国立病院機構長良医療センター 寺澤大祐



【Campanio!】医療・看護・介護のトピック7本!



【リニューアル記念特別企画:綴じ込みミニ冊子】
◆産前訪問にも使える! NICU はじめてBOOK
長野県立こども病院 深尾有紀・上條恵理香・岡部稔枝



【その他】
・with NEO始動!
・『with NEO』編集協力委員より、読者の皆さまへ
・次号予告
・看護セミナー
・メディカからのお知らせ
プロダクトNo 1281682132
出版社 メディカ出版
発売日 毎奇月11日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。