OPE NURSING(オペナーシング) 定期購読・最新号・バックナンバー

OPE NURSING(オペナーシング)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

OPE NURSING(オペナーシング)雑誌の詳細です。


OPE NURSING(オペナーシング)の公式サイトへ
本・雑誌 OPE NURSING(オペナーシング)
本・雑誌内容 日々手術室で「一歩ずつでも前進したい!」と頑張るオペナースに寄り添い、全力サポート! 手術看護で必須な知識・手技を、根拠(理由)とともに、イラスト・写真たっぷりで解説。「わからない!」「困った!」を徹底的に解消します。 基本を知りたい方はベーシック特集から、もっと上を目指したい方にはレベルアップ特集、管理者・認定看護師の方には連載で他施設の情報や各診療科の最新情報を。どの層の「知りたい!」にもお応えします。
本・雑誌内容詳細 ・監修のことば
・執筆者一覧
・薬剤索引
・本書の使い方



【はじめに】
〔A〕手術麻酔はどのように行われる?
〔B〕手術室の薬剤、いつ何のために使う?
〔C〕苦手を克服! 薬剤投与のエッセンス(希釈する薬剤のエッセンス/TC(I target-controlled infusion)のエッセンス/手術室で使用する薬剤の誤認・誤投与防止のエッセンス)



【第1章 全身麻酔に使用する薬剤】
〔A〕静脈麻酔薬
〔B〕鎮痛薬
 〔B-1〕麻薬性鎮痛薬
 〔B-2〕非麻薬性鎮痛薬
〔C〕筋弛緩薬
〔D〕吸入麻酔薬
〔E〕リバース薬



【第2章 局所麻酔に使用する薬剤】
〔A〕脊髄くも膜下麻酔に使用する薬剤
〔B〕硬膜外麻酔、伝達・浸潤・表面麻酔に使用する薬剤



【第3章 術中の循環管理に使用する薬剤】
〔A〕昇圧薬
〔B〕降圧薬、血管・冠血管拡張薬
 〔B-1〕カルシウム拮抗薬
 〔B-2〕硝酸薬
 〔B-3〕PDEIII阻害薬
 〔B-4〕プロスタグランジンE1
 〔B-5〕α1遮断薬
〔C〕抗不整脈薬
〔D〕β遮断薬
〔E〕副交感神経遮断薬



【第4章 そのほかの術中管理に使用する薬剤】
〔A〕抗凝固薬・拮抗薬
〔B〕止血効果のある凝固因子製剤
〔C〕抗線溶薬
〔D〕局所止血薬
〔E〕抗糖尿病薬
〔F〕抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)
〔G〕気管支拡張薬
〔H〕利尿薬
〔I〕制吐薬



【第5章 手術に関連して使用する薬剤】
〔A〕色素
〔B〕造影剤
〔C〕消毒薬



【第6章 輸液・血液製剤】
〔A〕輸液製剤(細胞外液補充液・維持輸液製剤・人工膠質液)
〔B〕血液製剤
〔C〕アシドーシス治療薬



【第7章 心肺蘇生で使用する薬剤一覧・注意ポイント】
◆心肺蘇生で使用する薬剤一覧・注意ポイント
プロダクトNo 1281682131
出版社 メディカ出版
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。