PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) 定期購読・最新号・バックナンバー

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)雑誌の詳細です。


PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)の公式サイトへ
本・雑誌 PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)
本・雑誌内容 すべての妊娠・出産・育児の安全と安心のために、周産期医療に携わる助産師・看護師・医師には、より幅広い知識と高度な技術、そして母子・家族に寄り添ったケアが求められています。周産期医療の安全・安心をリードする専門誌『ペリネイタルケア』は2016年、創刊35周年を迎え大々的にリニューアルします! 特集・連載をさらに充実させ、読者の皆さまに最新の知識と臨床技術を身に付けていただけるコンテンツをお届けします。
本・雑誌内容詳細 ・はじめに
・執筆者一覧
・本書の使い方



[第1部 くすり大解説]
【第1章 総 論】
◆1 周産期のくすり~もう添付文書は怖くない!XI(小畠真奈)
◆2 妊娠中禁忌のくすりと、その歴史的背景(小畠真奈)



【第2章 妊娠期のくすり】
◆1 妊娠期のマイナートラブル(1)つわり・妊娠悪阻(彦坂慈子・兵藤博信)
◆2 妊娠期のマイナートラブル(2)貧血(大井理恵)
◆3 妊娠期のマイナートラブル(3)便秘(三輪一知郎)
◆4 妊娠期のマイナートラブル(4)痔(永井立平)
◆5 妊娠期のマイナートラブル(5)胃炎(住江正大)
◆6 妊娠期のマイナートラブル(6)皮膚疾患(住江正大)
◆7 不育症、習慣流産(永松 健)
◆8 切迫流産(永松 健)
◆9 切迫早産、早産予防(1)黄体ホルモン(塩﨑有宏・齋藤 滋)
◆10 切迫早産、早産予防(2)子宮収縮抑制薬(大路斐子)
◆11 切迫早産、早産予防(3)胎児肺成熟促進薬(永井立平)
◆12 前期破水(池ノ上 学)
◆13 妊娠高血圧症候群(成瀨勝彦)
◆14 HELLP症候群(田中幹二・平山紗衣)
◆15 Rh(D)陰性妊娠(池ノ上 学)
◆16 糖代謝異常合併妊娠(成瀨勝彦)
◆17 甲状腺疾患合併妊娠(川端伊久乃)
◆18 自己免疫疾患(塩﨑有宏・齋藤 滋)
◆19 気管支喘息(川端伊久乃)
〔コラム〕添付文書をめぐるある攻防 果たして治療上の有益性は危険性を上回れるか?(中田雅彦)
◆20 不整脈(椎名由美)
◆21 感染症(1)トキソプラズマ(谷村憲司・山田秀人)
◆22 感染症(2)水痘(長谷川潤一)
◆23 感染症(3)性器ヘルペス(森川 守)
◆24 感染症(4)尖圭コンジローマ(大井理恵)
◆25 感染症(5)細菌性腟症(小田上瑞葉)
◆26 感染症(6)クラミジア(小畑聡一朗・青木 茂)
◆27 感染症(7)カンジダ(山本ゆり子・青木 茂)
◆28 感染症(8)梅毒(大井理恵)
◆29 感染症(9)HIV(森川 守)
〔コラム〕先天性サイトメガロウイルス感染の予防と胎児治療(谷村憲司・山田秀人)
◆30 花粉症などアレルギー(永井立平)
◆31 インフルエンザ(米田徳子・齋藤 滋)
◆32 感 冒(住江正大)
◆33 てんかん(谷口 僚・田中博明)
◆34 漢方薬、西洋ハーブ(田嶋 敦)
〔コラム〕妊婦に良いサプリって?(田嶋 敦)
◆35 よく使われる市販薬(1)鎮痛薬(牧野麻理恵・田中博明)
◆36 よく使われる市販薬(2)点眼薬(村田 晋)
◆37 よく使われる市販薬(3)睡眠導入剤(村田 晋)
◆38 造影剤(宮嵜 治)
◆39 麻酔薬(古川力三)
◆40 妊娠中や産後のワクチン接種(松田秀雄)
〔コラム〕2018年の風疹の流行を憂う。(中田雅彦)



【第3章 分娩時のくすり】
◆1 分娩誘発、子宮収縮促進(中田雅彦)
◆2 産科急変時(1)産科危機的出血(平井千裕・牧野真太郎)
◆3 産科急変時(2)子癇(森川 守)
◆4 血栓塞栓症(竹田 純)
〔コラム〕ラピッドトコライシス(村越 毅)



【第4章 産褥期のくすり】
◆1 乳腺炎(青木宏明)
◆2 乳汁分泌抑制(青木宏明)
◆3 産後うつ病、その他の精神障害・向精神薬(安田貴昭)



【第5章 新生児のくすり】
◆1 新生児蘇生(日根幸太郎)
◆2 RSV感染(斉藤敬子)
◆3 ビタミンK(斉藤敬子)
◆4 オムツかぶれ(斉藤敬子)
〔コラム〕こどもの予防接種(日根幸太郎)



[第2部 くすりカタログ]
【第1章 妊娠期のくすり】
●妊娠期のマイナートラブル(1)つわり・妊娠悪阻(メトクロプラミド・ジメンヒドリナート・プロメタジン塩酸塩・オンダンセトロン塩酸塩水和物・小半夏加茯苓湯)
●妊娠期のマイナートラブル(2)貧血(含糖酸化鉄・クエン酸第一鉄ナトリウム)
●妊娠期のマイナートラブル(3)便秘(酸化マグネシウム・センノシド・ピコスルファートナトリウム水和物)
●妊娠期のマイナートラブル(4)痔(ジフルコルトロン吉草酸エステル リドカイン配合)
●妊娠期のマイナートラブル(5)胃炎(メトクロプラミド・レバミピド・ファモチジン)
●妊娠期のマイナートラブル(6)皮膚疾患(ヒドロコルチゾン酪酸エステル・ジフェンヒドラミン・ヘパリン類似物質)
●不育症、習慣流産(低用量アスピリン・ヘパリンカルシウム)
●切迫流産(リトドリン塩酸塩・イソクスプリン塩酸塩)
●切迫早産、早産予防(1)黄体ホルモン(ヒドロキシプロゲステロンカプロン酸エステル)
●切迫早産、早産予防(2)子宮収縮抑制薬(リトドリン塩酸塩・硫酸マグネシウム ブドウ糖配合・カルシウム拮抗薬)
●切迫早産、早産予防(3)胎児肺成熟促進薬(ベタメタゾン)
●前期破水(アンピシリン水和物・エリスロマイシンエチルコハク酸エステル)
●妊娠高血圧症候群(ニフェジピン徐放剤・ヒドララジン塩酸塩・メチルドパ水和物・ラベタロール塩酸塩・ニカルジピン塩酸塩)
●HELLP症候群(ニカルジピン塩酸塩・硫酸マグネシウム ブドウ糖配合・ベタメタゾン・デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム)
●Rh(D)陰性妊娠(乾燥抗D(Rho)人免疫グロブリン)
●糖代謝異常合併妊娠(インスリン製剤・DPP-4 阻害薬)
●甲状腺疾患合併妊娠(チアマゾール・プロピルチオウラシル・ヨウ化カリウム・レボチロキシンナトリウム(T4)水和物)
●自己免疫疾患(プレドニゾロン・サラゾスルファピリジン・タクロリムス水和物・インフリキシマブ[遺伝子組換え]・トシリズマブ[遺伝子組換え])
●気管支喘息(短時間作用型β2刺激薬・吸入ステロイド)
●不整脈(ビソプロロールフマル酸塩・カルベジロール)
●感染症(1)トキソプラズマ(スピラマイシン・スピラマイシン酢酸エステル)
●感染症(2)水痘(乾燥弱毒生水痘ワクチン・ヒト免疫グロブリン・アシクロビル)
●感染症(3)性器ヘルペス(アシクロビル・バラシクロビル塩酸塩)
●感染症(4)尖圭コンジローマ(イミキモド)
●感染症(5)細菌性腟症(メトロニダゾール・クロラムフェニコール)
●感染症(6)クラミジア(アジスロマイシン水和物・クラリスロマイシン)
●感染症(7)カンジダ(イソコナゾール硝酸塩・オキシコナゾール硝酸塩)
●感染症(8)梅毒(アモキシシリン水和物・スピラマイシン酢酸エステル)
●感染症(9) HIV(ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬・HIV インテグラーゼ阻害薬[ラルテグラビルカリウム]・HIV プロテアーゼ阻害薬)
●花粉症などアレルギー(オロパタジン塩酸塩・モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物)
●インフルエンザ(オセルタミビルリン酸塩・ザナミビル水和物)
●感 冒(アセトアミノフェン配合剤・葛根湯)
●てんかん(バルプロ酸ナトリウム・カルバマゼピン・ラモトリギン)
●漢方薬、西洋ハーブ(五苓散・小青竜湯・当帰芍薬散・麦門冬湯・呉茱萸湯)
●よく使われる市販薬(1)鎮痛薬(アセトアミノフェン・ロキソプロフェンナトリウム水和物・ジクロフェナクナトリウム)
●よく使われる市販薬(2)点眼薬(一般点眼薬・抗菌性点眼薬)
●よく使われる市販薬(3)睡眠導入剤(催眠鎮静薬)
●造影剤(イオパミドール ほか)
●麻酔薬(フェンタニルクエン酸塩・ロクロニウム臭化物・プロポフォール・デスフルラン・亜酸化窒素・レボブピバカイン塩酸塩)
●妊娠中や産後のワクチン接種(インフルエンザHAワクチン・組換え沈降B型肝炎ワクチン・乾燥弱毒生麻しんワクチン・乾燥弱毒生風しんワクチン・乾燥弱毒生水痘ワクチン)



【第2章 分娩時のくすり】
●分娩誘発、子宮収縮促進(オキシトシン・ジノプロスト[PGF2α]・ジノプロストン[PGE2]・ゲメプロスト・メチルエルゴメトリンマレイン酸塩)
●産科急変時(1)産科危機的出血(トラネキサム酸・乾燥人フィブリノゲン)
●産科急変時(2)子癇(硫酸マグネシウム ブドウ糖配合・ジアゼパム)
●血栓塞栓症(アスピリン・アスピリン ダイアルミネート配合・ヘパリンナトリウム・ヘパリンカルシウム・ワルファリンカリウム・低分子ヘパリン[エノキサパリンナトリウム・ダルテパリンナトリウム]・フォンダパリヌクスナトリウム・経口直接Xa阻害薬[エドキサバントシル酸塩水和物・アピキサバン・リバーロキサバン])



【第3章 産褥期のくすり】
●乳腺炎(アセトアミノフェン・イブプロフェン・アモキシシリン水和物 クラブラン酸カリウム配合・セファレキシン・葛根湯)
●乳汁分泌抑制(カベルゴリン・ブロモクリプチンメシル酸塩)
●産後うつ病、その他の精神障害・向精神薬(塩酸セルトラリン・ロラゼパム・エスゾピクロン・アリピプラゾール・ラモトリギン)



【第4章 新生児のくすり】
●新生児蘇生(アドレナリン[エピネフリン]・生理食塩液・炭酸水素ナトリウム)
●RSV感染(パリビズマブ[遺伝子組換え])
●ビタミンK(メナテトレノン)
●オムツかぶれ(白色ワセリン・酸化亜鉛・非ステロイド抗炎症外用剤・副腎皮質ステロイド外用剤・抗真菌薬軟膏)



・索引(用語)
・索引(一般名)
・索引(商品名)
プロダクトNo 1281682129
出版社 メディカ出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。