蕎麦春秋 定期購読・最新号・バックナンバー

蕎麦春秋の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

蕎麦春秋雑誌の詳細です。


蕎麦春秋の公式サイトへ
本・雑誌 蕎麦春秋
本・雑誌内容 健康食としての「蕎麦」、日本食としての「蕎麦文化」普及と継承を目指しています。単に美味しい蕎麦店を取り上げるだけでなく、店舗のしつらえ、製粉の状況、蕎麦粉の種類等周辺の情報も網羅しています。 蕎麦打ちのプロ中のプロも登場します。匠の流儀は選りすぐりの名人の表情。真剣勝負の蕎麦を打つ姿をカメラが捕まえます。蕎麦関連情報には特段、力を入れ、全国の動きを載せます。アマチュア団体の「蕎麦普及」活動や全麺協の有段者の話等も取り上げます。「蕎麦文化」発展の一助となればと考えています。 全体に人間の生き方、心情、志、等があふれる誌面です。蕎麦春秋にご期待を!
本・雑誌内容詳細 ■ 特 集 ■■■■■■■■■■■■■

“なにわ”の蕎麦

■■■■■■■■■■■■■■■■■

・ [京町堀 武蔵] (大阪・中之島)
  旬の食材への目利きと丁寧な調理が光る
・ [そば切り 荒凡夫](大阪・なにわ橋)
  オープンから現在まで7年連続のミシュラン店
・ [そば専科 植田塾](大阪・本町)
  そば打ち教室が経営する穴場的そば店
・ [手打蕎麦 なにわ翁] (大阪・なにわ橋)
  老舗の歴史の重みと高橋名人の教え
・ [衣笠本店](大阪・なにわ橋)
  ノスタルジックな“昭和のそば屋”
・ [hanako 北堀江](大阪・四ツ橋)
  キャッチーなそばを目指して辿り着いた丹波黒豆蕎麦
・ [そばよし本町本店](大阪・なんば)
  京都の名刹・大幸寺の食文化を受け継ぐ胡麻切りそば
・〈大阪麺類組合・杉本良一理事長に聞く〉
 他店にない付加価値の創出が大事

■ 匠 の 流 儀 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
・ 東京・築地「つきじ文化人」
“新しい老舗”が惚れ込んだ肝属産鹿屋在来ソバ
 ○秋津 弘貴

■ そ ば 二 景 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
・ 東京・尾山台「蕎麦前 ながえ、」
・ 東京・祐大寺「蕎や月心」


□ 連 載 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
・ DEEN 池森秀一の「そば三昧」
 北海道・旭川「お蕎麦ば 八朔」
・ 「そばつゆ」を探る!
「賀久」(神奈川・茅ヶ崎)
・ 「そば」文学紀行○ほしひかる
 『魂萌え!』
 「女と男」と「通人と職人」
・「いとうまりこ」の東日本そば巡り
 <群馬「高崎の旅」>
「たばちょ」「手打蕎麦 フジサン 福舞製麺所」「そば 慈雲」「凡味 そばきり」
・ 「そば打ち名人」への道程 ○安田武司
名人予選に来て迷人に
・ 牧太郎の「隅田の風」
東京・浅草 すき焼きの「ちんや」が店を閉めて…
・「そば」のそばに酒 ○端田晶
 煮そば、或いは鍋そば
・ そばを読む◯関口 一喜/コラムニスト
 そばを通じた男女の駆け引き
・ 立木義浩のそば行脚
 東京・綾瀬「手打そば 重吉」
・ そばにまつわる物語◯岩﨑 信也/蕎麦研究家
 “更科”
・ そば粉でもう一品!◯IZUMI
 チーズ入り ソバ粉のゼッポリーニ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
・ そばニュース
・ 読者の声/編集後記
プロダクトNo 1281682114
出版社 リベラルタイム出版社
発売日 3,6,9,12月の24日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。