テレコミュニケーション 定期購読・最新号・バックナンバー

テレコミュニケーションの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

テレコミュニケーション雑誌の詳細です。


テレコミュニケーションの公式サイトへ
本・雑誌 テレコミュニケーション
本・雑誌内容 「今、売れている通信機器・サービスは?」「競合他社の動向は?」「今後、通信ビジネスに多大な影響を与えそうな技術、トレンドは?」「競争政策の行方は?」。月刊テレコミュニケーションは、1984年の創刊以来、通信業界のプロフェッショナルの方々の情報ニーズに応えてきた専門情報誌です。FMCやLTEの普及のように、モバイルと固定音声、また音声とデータ通信が融合していく時代、変化の著しい通信業界の動向を知るのに役立ちます。
本・雑誌内容詳細 ■特集
ネットワーク未来予想図2022

<Part1> SA本格化と〇〇不足がカギ
 5Gは脱・黎明期?

<Part2> 2025年の商用展開へ標準化がスタート
 5G-Advancedが来る

<Part3> 「自己土地利用」を越えたエリア化が可能に
 L5G広域利用が前倒しへ

<Part4> 再割当制度、周波数オークション……
 22年に始まる周波数再編

<Part5> ソニーと三井物産は技術を海外展開
 周波数共用が3月に実用化

<Part6> 量子ネットワーク時代が幕開け
 5Gに超セキュア暗号通信

<Part7> 2030年に世界累計10億台狙う
 IoT PLCで快進撃なるか

<Part8> 1km先へ通信と電源を同時提供できるエコ規格
 IoTイーサは2022年始動

■インタビュー
保坂岳深氏_アラクサラネットワークス 代表取締役社長兼CEO
“フォーティネットとDNA近い
 海外へ打って出て売上2倍、3倍”

■ソリューション特集
IDaaS、SDP/ZTNA、IAPで次世代リモートアクセス
「脱VPN」をイチから徹底解説

■ビジネス最前線
<インタビュー>
高橋一泰氏_日本シエナコミュニケーションズ 代表取締役社長
5Gエッジ・メトロで光とIPを統合

<ソフトバンクが気球のLoonの特許取得>
HAPSの未来はどうなる

■技術&トレンド
<NVIDIAのOmniverseが始動>
5Gはメタバースで加速する

<LEOコンステは電波・光のハイブリッド通信>
アクセルスペースが挑むBeyond 5G

■ニュースファイル

■新製品/新サービス

■講座
・北俊一の最強のケータイ業界への道
・小林佳和のユーザー企業に喜ばれる「+IT」提案のヒント

■コラム
・モバイルサービスフロントライン ● 石野純也
 中容量プランを強化するMVNO

・アジア携帯スケッチ ● 山根康宏
 最新技術を堂々と公開したOPPO

・スマートコミュニケーションの羅針盤 ● 神谷芝三
 フェムテックは日本を救うか!

・これで防げるLAN構築トラブル ● 若尾和正
 大電力PoEの出荷が始まる

・欧州ICTレポート ● 後藤篤志
 英国のFTTP事情

・端末の中から見えるもの ● 天田天
 PC上のスマホアプリ戦争勃発

■マーケットデータ
プロダクトNo 1281682076
出版社 リックテレコム
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。