テレコミュニケーション 定期購読・最新号・バックナンバー

テレコミュニケーションの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

テレコミュニケーション雑誌の詳細です。


テレコミュニケーションの公式サイトへ
本・雑誌 テレコミュニケーション
本・雑誌内容 「今、売れている通信機器・サービスは?」「競合他社の動向は?」「今後、通信ビジネスに多大な影響を与えそうな技術、トレンドは?」「競争政策の行方は?」。月刊テレコミュニケーションは、1984年の創刊以来、通信業界のプロフェッショナルの方々の情報ニーズに応えてきた専門情報誌です。FMCやLTEの普及のように、モバイルと固定音声、また音声とデータ通信が融合していく時代、変化の著しい通信業界の動向を知るのに役立ちます。
本・雑誌内容詳細 ■特集
5G時代の未来シティ

<Part1> デジタルツインが連鎖する未来シティ
 NTTがIOWNで街づくり

<Part2> LINE、PayPay、5Gなどが基盤に
 竹芝発、SB流スマートシティ

<Part3> 場所や時間を超える「空間自在」なまちづくり
 JR東・KDDIが描く未来都市

<Part4> データ連携で複数分野の先端的サービスを実現
 動き出した「スーパーシティ」

<Part5> デジタル技術はスマートシティの裏側にある
 スマート東京は自走を目指す

<Part6> 地方ベッドタウンのスマートシティ
 小規模都市が成功するには

<Part7> 一次産業がスマートシティの入口に
 広がる農業エコシティ

<Part8> アリババ等がスマートシティ開発を牽引
 中国は“日本の1周先”へ

<Part9> 2023年までに全米100都市に導入目指す
 NTTスマートシティ海外戦略

■インタビュー
三友仁志氏
早稲田大学大学院 アジア太平洋研究科 教授
“地域情報化はSDGs貢献
 国際展開の「テストベッド」に”

■ソリューション特集
リモートワーク「後」の戦略を徹底解説
企業WANのニューノーマル

■技術&トレンド
<仙台と福岡に地域IXと共通CDN>
 地域のトラフィック流通改革へ一手

<LTEでスライシング技術も導入>
 BIGLOBE仮想化の狙い

<全国400G化にNFVエッジ、ローカル5Gまで>
 次期SINETは最新技術てんこ盛り!

■事例研究
京都セミコンダクター
今すぐ真似したいスマート工場
200万円の投資で15億の効果!

■ニュースファイル

■新製品/新サービス

■講座
・北俊一の最強のケータイ業界への道
・小林佳和のユーザー企業に喜ばれる「+IT」提案のヒント

■コラム
・モバイルサービスフロントライン ● 石野純也
 格安スマホ対抗値下げの背景

・アジア携帯スケッチ ● 山根康宏
 ローラブルスマホの登場は近い

・スマートコミュニケーションの羅針盤 ● 神谷芝三
 緊急地震速報は本当に役に立つのか?

・これで防げるLAN構築トラブル ● 若尾和正
 メタルLANでの10G伝送の問題点

・欧州ICTレポート ● 重成知弥
 エストニアのデジタル国際展開

・端末の中から見えるもの ● 天田天
 COCOA、オープンとクローズドの狭間

■マーケットデータ
プロダクトNo 1281682076
出版社 リックテレコム
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。