環境ビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

環境ビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

環境ビジネスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

環境ビジネス雑誌の詳細です。


環境ビジネスの公式サイトへ
本・雑誌 環境ビジネス
本・雑誌内容 太陽光発電、LED照明、蓄電池などの創エネ、省エネ、蓄エネをはじめとした、環境推進の具体的情報を提供する専門ビジネス誌。 経済的な観点からだけでなく、国際条約の動向、法規制、補助・優遇政策、先進自治体の条例や政策、海外の先進事例なども紹介。 国際社会の動向、国内の政治・経済・法規制・改正にいち早く注目し、その対策や各種の補助金制度、優遇税制などの政策とその実践的活用法や最新の技術などをお届け致します。 また、環境分野の主要製品・サービスである、太陽光発電やLED照明、蓄電池、EMSなど、導入の際に役立つ主要各社の比較表や、発注時のチェックリストなどの即役立つ実務情報も掲載。 企業や自治体の発注者、意思決定者と、提供者(事業者側)の双方に読まれるメディアです。 日々の取材活動に基づき、凝縮された情報が誌面では展開されています。 環境は、日本で急成長している分野であるだけでなく、世界中で環境問題が注視され市場開発される今だからこそ、読んでおきたいビジネス雑誌です。
本・雑誌内容詳細 ◆特集
ZEC(ゼロ・エネルギー・カンパニー)から広がる環境ビジネス

気候変動とマーケットの急激な変化に生き残る企業とは
環境ビジネス編集部

電源のベストミックスで低炭素化推進
DIC

燃料電池への切替でガス使用量が12%低下し、発電量は2.1%向上

国をも変える環境経営力
ノボ ノルディスクファーマ

今さら聞けない「スコープ」と「環境経営」の関係
ウエストボックス 代表取締役 鈴木修一郎

日本に脱炭素マーケットを!
Japan-CLP

日本の小売業として初めて、RE100を宣言
イオン

気候変動をビジネスのチャンスに
大和ハウス工業

RE100を完遂し、次なる挑戦へ
Apple

環境とビジネスはセット
佐川急便

環境経営に生かす電力選択
京都大学 プロジェクト研究員 稲垣憲治 氏


◆特別企画
自家消費マーケットが拡大!
新時代のPV商材の売り方

差別化は『営業力』で!
環境ビジネス編集部

電力市場における顧客開拓の秘訣
リミックスポイント

FIT18円時代の売れる低圧発電所&ビジネスポイント
メディオテック

第三者視点で構想をブラッシュアップ
環境ビジネス編集部

イギリス発 企業からコーヒーのかすを回収し、家庭燃料にリサイクル


◆特集
FIT18円でも確実に収益を生み出せる
環境ビジネスフォーラム

東京電力が進める事業再編の行方
東京電力パワーグリッド

再生可能エネルギーを中心としたエネルギー戦略の方向性
日本総合研究所

18円/kWh時代のメガソーラーの新規開発について
いちごECOエナジー

グループ力を駆使して、収益性の高い発電所を建設
カナディアン・ソーラー・プロジェクト


◆巻頭グラビア
・SNEC 2018 中国・上海で開催
・太陽光FIT 18円時代に確実な収益を生み出すには─環境ビジネスフォーラム開催される
・世界最大級の環境展示会・IFAT 2018開催される
・次世代を担う子供たちにも広がるSDGs

◆TOPICS
・150GW時代の戦い方とは
・環境ビジネスニュース BEST10
・SBTはOK、RE100は…
・SDGsは知っているが、取組みはこれから…

◆ENVIRONMENTAL TOPICS
・EUスタートアップ企業の新しい聖地 岩澤里美 氏

◆GREEN ESSAY
・グリーンプリンティングで差別化 田口理穂美 氏

◆コラム
・地域経済循環で地方再生を 京都大学 教授 諸富徹 氏
・ESG投資の論点総まとめ 日本総合研究所 黒田一賢 氏
・世界的な潮流 グリーンインフラ動向 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 西田貴明 氏、舛田陽介 氏、宮川絵里香 氏

◆協会・団体の最新動向
・専門家が考える次のトレンドとは? 認定NPO法人環境エネルギー政策研究所

◆環境ビジネスパーソンマッチング
・再エネのスペシャリストを目指す 日本グリーン電力開発 ソリューション開発部 マネージャー 星野兼明 氏
プロダクトNo 1281682033
出版社 日本ビジネス出版
発売日 3,6,9,12月の15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。