環境ビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

環境ビジネスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

環境ビジネス雑誌の詳細です。


環境ビジネスの公式サイトへ
本・雑誌 環境ビジネス
本・雑誌内容 太陽光発電、LED照明、蓄電池などの創エネ、省エネ、蓄エネをはじめとした、環境推進の具体的情報を提供する専門ビジネス誌。 経済的な観点からだけでなく、国際条約の動向、法規制、補助・優遇政策、先進自治体の条例や政策、海外の先進事例なども紹介。 国際社会の動向、国内の政治・経済・法規制・改正にいち早く注目し、その対策や各種の補助金制度、優遇税制などの政策とその実践的活用法や最新の技術などをお届け致します。 また、環境分野の主要製品・サービスである、太陽光発電やLED照明、蓄電池、EMSなど、導入の際に役立つ主要各社の比較表や、発注時のチェックリストなどの即役立つ実務情報も掲載。 企業や自治体の発注者、意思決定者と、提供者(事業者側)の双方に読まれるメディアです。 日々の取材活動に基づき、凝縮された情報が誌面では展開されています。 環境は、日本で急成長している分野であるだけでなく、世界中で環境問題が注視され市場開発される今だからこそ、読んでおきたいビジネス雑誌です。
本・雑誌内容詳細 ◆特集
蓄電池システム
2019年問題はビジネスチャンス
〜住宅太陽光自家消費市場の分析と可能性〜

PV2.0「自家消費ジェネレーション」が生む電力新市場/環境ビジネス編集部

卒FITの電気は正真正銘の再エネ電気ですから、プレミアムが付くかもしれない/太陽光発電協会(JPEA) 事務局長 増川武昭 氏

自家消費で住宅用蓄電システムは2千億円市場へ/環境ビジネス編集部

自家消費時代到来の確かな手応え/パナソニックグループ エコソリューションズ社

2019年から始まる卒FIT住宅太陽光 最新蓄電システム/環境ビジネス編集部

自家消費ジェネレーションニーズに応えるベスト蓄電システム/環境ビジネス編集部

地域密着で躍進、滋賀・エネルギー商社/尾賀亀

平成30年度省エネ大賞は47件が受賞/環境ビジネス編集部

働く人の環境・快適性に配慮した、最新鋭の物流施設を提供する/プロロジス

アイディア次々、高天井照明の省エネ化/アイキュージャパン


◆特集
環境と経営

世界の様々な地域で、社会課題解決に資する事業に資金が投入/環境省 環境金融推進室 芝川正 氏

環境金融の動きが世界的に活発化/国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI) 特別顧問 末吉竹二郎 氏

“TCFD”とは何か?/日本総合研究所 創発戦略センター 新美陽大 氏

国際企業ソニーの環境負荷ゼロ最前線/ソニー 執行役員 品質・環境担当 佐藤裕之 氏

リサイクル業界で世界初『RE100』加盟/エンビプロ・ホールディングス 代表取締役社長 佐野富和氏


◆特集
サーキュラーエコノミー
【資源循環型経済】
-2℃目標時代を生き抜く経済システム

地域循環共生圏の実現へ向け中小企業の環境への取り組みを支援/環境省 地球環境局地球温暖化対策課長 奥山祐矢 氏・環境省 環境再生・資源循環局 リサイクル推進室 室長補佐 泉知行 氏

純国産のエネルギーRPF 国内の廃プラを国内で使い切る/一般社団法人日本RPF工業会 会長 長田和志 氏

価値競争ではなく、取組みで選ばれる企業を目指して/加山興業 代表取締役 加山順一郎 氏

ゼロカーボン・スチールへの挑戦/一般社団法人日本鉄鋼連盟 特別顧問 小野透 氏

循環型経済実現の一翼を担う事業を展開/フジテックス 環境エネルギーグループ


◆特集
サプライチェーン排出量算定の実践

セミナーリポート:国際的な基準で、まず『把握』する/環境ビジネス編集部

未来を見据えて、今からはじめる/サンゲツ


◆巻頭グラビア
▪「環境と私」 特別インタビュー 柴咲コウ 氏
▪「ここは映画の世界?」
サイバー感溢れる電力消費ゼロのグリーンライト

◆TOPICS
▪ おしゃれなリユースコップ「ハノチーノ」
▪ 木質バイオマス発電、ガイドラインに基づいて由来証明を

◆環境ビジネスパーソン
▪ サーキュラーエコノミー普及に貢献したい

◆ENVIRONMENTAL TOPICS
▪ 廃プラ政策の潮流 進む技術開発と、社会を動かす市民の力 栗田路子 氏
▪ 日本を再度環境ビジネス先進国へ KS International Strategies 代表取締役社長・CEO 島田久仁彦 氏
▪ 海外ビジネス動向 サーキュラー・エコノミー 岩澤里美 氏

◆講演レポート 環境ビジネスフォーラム
▪ これからの脱炭素経営 ~環境・エネルギー戦略で事業成長~
▪ “石油経済”から“太陽経済”へ
▪ 静脈産業が担う、資源循環社会の実現
▪ COOL CHOICEで顧客、社内を巻き込む活動へ

◆コラム
▪ 森林を軸とした持続可能な地域経営-岡山県西粟倉村 諸富徹 氏
▪ 「都市と地方」、「開発企業と地域」との関係を考える 稲垣憲治 氏
プロダクトNo 1281682033
出版社 日本ビジネス出版
発売日 3,6,9,12月の15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。