Freerun(フリーラン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Freerun(フリーラン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Freerun(フリーラン)雑誌の詳細です。


Freerun(フリーラン)の公式サイトへ
本・雑誌 Freerun(フリーラン)
本・雑誌内容 ギア、プロライダー、スノーリゾート、ショップの最新情報から、国内外トリップ、インタビュー、テクニック、コンテストなどスノーボードライフに必要な幅広い情報を紹介。今最も急成長をし続けているスノーボーディング専門誌です。
本・雑誌内容詳細 2018年12月27日発売 定価: 890円(税込)

特集:マウンテンフリースタイルを体現するスノーボーダーたち

自由に滑る “フリーライディング” はスノーボーディングの醍醐味だ。その流れの中にこの遊びの本質である “スタイル” を融合させる。自由に滑る流れの中でオリジナルを表現する。独自のスタイルを体現するライダーたちのライディングスタイルと言葉から、この遊びを感じてほしい。
----------------------------------------------------

-CONTENTS-

★ STREET HUCKERS -小川凌稀 × 戸田真人 クロストーク-
日本屈指のストリートキラー…そう表現される2人。幼少の頃から常に世界を意識し己のライディングスキルとスタイルに磨きをかけた。今季2つのムービーの中核をになったこのふたりに改めてフォーカス。彼らにとってのストリートとは何か、そして2タイトルの撮影秘話を聞いた。

★ マウンテンフリースタイルを体現するスノーボーダーたち 

・Chapter 1 「This is Snowboarding by KAMIKAZU」
 國母和宏、布施 忠、ギギ・ラフ、キーガン・バライカ、ブレア・ハベニット、ジェイク・ブラウベルトが体現するホンモノのスノーボーディング

『KAMIKAZU』。國母和宏と世界最大手のスノーボードメディアがタッグを組んで制作した映像作品。自らの名前がタイトルに刻まれ、全てのディレクションをカズ本人が手がけたこのムービーにカズが込めた想いや、表現したかったスノーボーディングについて話を聞いた。

・Chapter 2 「3 Different Walks of LIFE」
 ダニー・デイビス、マーク・マクモリス、ミッケル・バング 三者三様のスノーボードとの向き合い方

子供の頃からキッカーやハーフパイプといった人工物を活躍のメインステージとしてきたトップライダー3人は、20代、30代になった今、手付かずの自然の中で滑ることこそスノーボーディングであると気づきだしている。まさに雪山全体をフリースタイル全開で滑る3人に話を聞いた。

・Chapter 3 「OPEN MIND」
 フィンランドが誇る世界屈指のマウンテンフリースタイラー、アンティ・アウティのフリーライディング像とは?

最近はコンペシーンから引退しフィルミング中心の生活を送っている。同時に毎シーズン日本に長期滞在し、様々なエリアを探索するほどの日本フリーク。日本の雪質、地形を熟知するアンティが考えるマウンテンフリースタイル像はきっと我々にも大きな影響があるに違いない。

・Chapter 4 「Trip to Mt. Baker」
 K FILMS 聖地巡礼 マウントベイカーへの旅。工藤洸平、佐藤秀平、吉田啓介

様々なライディングスタイルがギュッと凝縮された「K FILMS」の最新作『EN』の締めくくりがマウントベイカーへのトリップパートだ。なぜ彼らはスノーボードの聖地と呼ばれる地へと向かったのか?そのトリップで何を感じたのか? 今、彼らが目指しているスノーボーディングとは?


・Chapter 5 「It flows freely」 ~ 一枚の板から創りあげる自由な表現の世界 ~
 久保田 空也、山崎恵太、美谷島 豪、熊崎圭人、加藤 彩也香

「雪の上での自由なアソビ」。本質的なスノーボードを追い求める次世代のマウンテン・フリースタイラーたちにスノーボードの魅力や楽しみ方について聞いてみた。一枚一枚の写真をじっくり観ながら、彼らの言葉ひとつひとつを感じてほしい。スノーボードの楽しみの幅は無限大だ。


★ The Original Line -豊間裕介インタビュー-

最近やたらスタイリッシュなカービングとジャンプで写真を残すライダーがいる。その名も豊間裕介。北海道で自身の基盤を構築しながらも谷川岳をはじめ、日本各地や海外を旅するライフスタイルを送っている。はたして豊間裕介とは一体どんなスノーボーダーなのか?

★ Fun times: with your friends. -Lick the cat が表現したいこと-
セージ・コッツェンバーグ インタビュー
アメリカ次世代クルーLick the Cat。昨シーズン、撮影地のひとつに日本の白馬が選ばれた。クルーのリーダー的存在であるセージ・コッツェンバーグに、日本を選んだ意図と、白馬で得たフィーリングを聞いてみた。そして、Lick the Catが考える理想のスノーボーディングとは?
プロダクトNo 1281681911
出版社 フリーラン
発売日 1,2,7,9,10,11,12月の27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。