多聴多読マガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

多聴多読マガジンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

多聴多読マガジン雑誌の詳細です。


多聴多読マガジンの公式サイトへ
本・雑誌 多聴多読マガジン
本・雑誌内容 ■「多聴」と「多読」が2本柱!■英語がなかなか身につかない理由のひとつに、日ごろから英語に触れる量が少ないということが挙げられるのではないでしょうか。本誌では、「たくさん聞いて」「たくさん読んで」「たくさん口を動かす」という語学学習の王道に沿って、誰でも挫折をせずに継続できる方法、理にかなったより効果の出やすい方法を、学習素材とともに提供。「多聴」といってもただ聞くのではなく、シャドーイングという同時通訳の訓練法によって、口を動かしながらリスニング力やスピーキング力を同時に高めるトレーニングを学びます。■レベル別おすすめ洋書5冊を朗読CD付きで掲載■「多読」では、非常にやさしい絵本からはじめて、段階的にレベルを上げていく「100万語多読」の効果が注目されています。本誌には、レベルの違う5つの洋書が掲載されていますので、初めて英語の本に触れる人でも、自分が快適に読めるレベルの本に出会えます。付録のCDに収録された音声を使えば、音声を流しながら聞き読みをしたり、シャドーイングをしたりと、自分に合った学習が可能です。
本・雑誌内容詳細 ★本誌をご購入いただくと、スマホ、タブレット、PC対応の「音声付き電子版」が無料でお読みいただけます。

●特集は「TAGAKI(多書き)」のすすめ-たくさん書けば、どんどん話せる!●
mpi松香フォニックスの松香洋子先生が3年をかけて開発した「TAGAKI」。それは、添削も和文英訳もしない画期的な英作文トレーニングです。続けやすい5段階の練習を積むことで、メンタル面と英語力の2つの障壁を克服し、もっともっと自信をもって話せるようになります。

●やさしい洋書を読み、朗読CDを聞く「快読快聴ライブラリ」●
[1] My Best Friend, Debbie
親友とメキシコを訪ねた主人公。色や形などから、見たもの、食べたものを当てていくクイズ形式の楽しいリーダー。
[2] The Old Promise
100年後に家を明け渡すという古い契約書が見つかり、返還期日は今日。はたして、その契約書は本物なのでしょうか。
[3] Enjoy New York
ニューヨークをさまざまな切り口から紹介するノンフィクション。Areas、Buildingsなど、AからZまで26章立てのうち、Fまでを掲載。
[4] Aladdin from The Arabian Nights
『アラジンと魔法のランプ』の簡約版の第2章までを紹介。カラフルな挿絵が理解を助けます。

●ワンランク上の「快読快聴ライブラリ・プラス」●
The Life-Changing Magic of Tidying Up
近藤麻理恵著『人生がときめく片づけの魔法』英語版の一部を抜粋して掲載。

■特別寄稿■
こんまりメソッドをアメリカで受け入れてもらうために
「ときめき」をspark joyと訳したキャシー平野さんが、翻訳の舞台裏を語ります。

■特別記事■
マドンナが14枚目のアルバム『Madame X』が生まれた経緯や、タイトルに込めた意味について、MTVのインタビューに答えました(CD収録)。

■映画スターインタビュー■
[1] ティモシー・シャラメ
「病は無差別。自分以外の人だけが影響を受けると考えるのは間違っています」
映画『ビューティフル・ボーイ』について(CD収録)
[2] レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット
「この映画は、あの時期に必死に頑張って彼らなりの貢献を果たした人たちの、心の葛藤への敬意を表しているのです」
「タランティーノ監督のセリフのリズムには本当の美しさがあります」
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』について(CD収録)

[連載]
・対決の海外ドラマ 『ホームカミング』vs『ザ・ウィドウ』(池田 敏)
・TOEIC(R)L&Rテスト めざせPart7 時間内制覇!(早川幸治)
・キーワードで見るニュースの裏側: 「5G技術の脅威の実態と米中のかけひき」 (沢田 博)
・語源今昔物語: 「消費社会をめぐる言葉」(長沼君主)
・多聴多読的読書ガイド(古川昭夫/黛道子/西澤 一/伊藤晶子/柴田里実)
プロダクトNo 1281681831
出版社 コスモピア
発売日 毎奇月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。