多聴多読マガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

多聴多読マガジンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

多聴多読マガジン雑誌の詳細です。


多聴多読マガジンの公式サイトへ
本・雑誌 多聴多読マガジン
本・雑誌内容 ■「多聴」と「多読」が2本柱!■英語がなかなか身につかない理由のひとつに、日ごろから英語に触れる量が少ないということが挙げられるのではないでしょうか。本誌では、「たくさん聞いて」「たくさん読んで」「たくさん口を動かす」という語学学習の王道に沿って、誰でも挫折をせずに継続できる方法、理にかなったより効果の出やすい方法を、学習素材とともに提供。「多聴」といってもただ聞くのではなく、シャドーイングという同時通訳の訓練法によって、口を動かしながらリスニング力やスピーキング力を同時に高めるトレーニングを学びます。■「多読」では、非常にやさしい絵本からはじめて、段階的にレベルを上げていく「100万語多読」の効果が注目されています。本誌には、レベルの違う5つの洋書が掲載されていますので、初めて英語の本に触れる人でも、自分が快適に読めるレベルの本に出会えます。
本・雑誌内容詳細 ★本誌をご購入いただくと、スマホ、タブレット、PC対応の「音声付き電子版」が無料でお読みいただけます(有効期限: 2022年3月5日)。
★音声は「音声付き電子版」、指定サイトにアクセスするだけの「簡単ストリーミング再生」、パソコンへの「MP3音声ダウンロード」の3種類がご利用いただけます。

●特集は英語脳を育てよう! 今年こそ、英語多読
英文解釈をしない、つまり日本語を介さずに英語のまま内容が理解できるようになるには、最初は「挿し絵」「朗読音声」「ストーリーの面白さ」の3つの助けを利用するのが一番です。目標は英語読書の「自動化」、つまり、英語と意識せずに読書を楽しんでいる自分に、ある日ふっと気付くこと。そのための道筋を丁寧に示します。
[Introduction]
・英語をスラスラ読む力がなぜ大切か? (西澤 一)
・多読初期に読みたいGRとLR (黛 道子)
・多読初期に読みたいチャプターブック (神田みなみ)
[Stage 1 脱・訳読編] やさしい英語で英語脳をつくろう! (国重 徹)
[Stage 2 スピード編] 内容を理解しつつ速度を上げよう! (古川昭夫)
[Stage 3 スタミナ編] 1時間以上の読書で物語の世界へ (古川昭夫)
[特別寄稿] 子どものリーディングフルエンシーの育て方 (船津 徹)
[特別寄稿] 41歳からの挑戦、私の多読体験記 (杉原 健)
[特別付録] スマホですぐに読める電子版「1万語多読パック」

●やさしい洋書を読み朗読音声を聞く「快読快聴ライブラリ」
1. The Elves and the Shoemaker (『こびとのくつや』)
2. The Silver Statue (ストリート音楽対決の行方は?)
3. Selling More Snacks (スミソニアン博物館と提携したノンフィクション)
4. Cells at Work (バイリンガルコミック『はたらく細胞』)
[Extra 1] The Popularity of Kimetsu no Yaiba (『鬼滅の刃』の人気度)
[Extra 2] The Story of Eiichi Shibusawa (英語で読む渋沢栄一)

●新連載: 読み切り短編
Close to Home: A Short Story from We Met Online
・オンラインで恋人を探そうとする男女のお話

■ビヨンセの感動のスピーチ
コロナで卒業式が無くなってしまった学生のために、2020年6月、オンライン卒業式が開催されました。黒人女性アーティストとしてメッセージを発信し続けてきたビヨンセが、若者に力強く訴えたこととは。

■TVドラマ「ワンダヴィジョン」インタビュー
ディズニープラスで配信中の新着ドラマについて、主演のエリザベス・オルセンや監督がトークセッションを繰り広げます。

[連載]
・連載コミックエッセイ「カナダ留学サバイバル」 Episode 4
・TOEIC(R)L&Rテスト めざせPart7 時間内制覇!(早川幸治)
・対決の海外ドラマ 『ブリジャートン家』vs『ザ・イングリッシュ・ゲーム』 (池田 敏)
・キーワードで見るニュースの裏側: post-Brexitのイギリスはどこへ行く? (沢田 博)
・多聴多読的読書ガイド(古川昭夫/黛道子/西澤 一/伊藤晶子/柴田里実)
プロダクトNo 1281681831
出版社 コスモピア
発売日 毎奇月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。