INNERVISION(インナービジョン) 定期購読・最新号・バックナンバー

INNERVISION(インナービジョン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

INNERVISION(インナービジョン)雑誌の詳細です。


INNERVISION(インナービジョン)の公式サイトへ
本・雑誌 INNERVISION(インナービジョン)
本・雑誌内容 画像医学を中心に,医療のいまを切り取り,明日を予見する「月刊インナービジョン」。臨床現場に不可欠な画像検査から診断・治療,情報システム,医療経済に至るまで,最新情報を幅広くタイムリーに提供し,わかりやすく解説します。日進月歩の画像医学の進歩に取り残されないためのナビゲーターとして,診療科を問わずご活用ください。
本・雑誌内容詳細 特 集
小児画像診断アップデート
さらなる低侵襲・低被ばくをめざして
企画協力:河野達夫(東京都立小児総合医療センター放射線科部長)

I 総 論
小児画像診断の最前線─さらなる低侵襲・低被ばく・高画質をめざして
小熊栄二

II さらなる低侵襲・低被ばく・高画質に向けたCT検査の最新動向

1.診断参考レベル(Japan DRLs 2020)における小児CTの概要と今後の展望
宮嵜 治

2.面検出器CTによる小児検査に有用な技術
日木あゆみ

3.Dual energy CTの小児への応用と課題
河野達夫

4.X線CT装置の小児画像診断における可能性
中島沙記

III さらなる低侵襲・高画質に向けたMRI検査の最新動向

1.「MRI検査時の鎮静に関する共同提言」の2020年改訂を受けて
青木英和

2.体動のある小児に対するMRI検査時の工夫と検査技術
加藤由希奈

3.小児体幹部MRI検査技術
本元 強

4.小児心臓MRI検査の検査技術
加藤綾華

5.胎児MRIの検査技術
半澤堅治

IV さらなる低侵襲・低被ばく・高画質に向けた一般撮影の最新動向

小児股関節撮影における生殖腺防護板使用の現状
藤田勝則/鈴木成人

V ウィズ・コロナ時代の新しい検査・読影様式

1.小児画像検査とCOVID-19感染対策─超音波検査室における標準予防策を中心に
富所由佳

2.ウィズ・コロナ時代の小児遠隔画像診断システム

1)ウィズ・コロナ時代における小児遠隔画像診断システムの構築と運用の実際
塩入弘和

2)ウィズ・コロナ時代における小児遠隔画像診断システムによる読影の実際
榎園美香子

3.小児画像診断と人工知能
寺本篤司

目次裏
済生会宇都宮病院
ハイクラスエコーを活用し地域のインフラとして高度な救命救急医療を実践
COVID-19 診療で注目の肺エコーを呼吸不全の診療に活用

〈最終回〉 The Frontline of Medical AI
医療AIの第一線 現在から未来へ,日本から世界へ 第7回
2030年を見据えて
島原佑基

一休さんの血管撮影技術史 第5話
Digital Subtraction Angiography(DSA)登場にまつわるお話(2)
─intra venous DSA(IV-DSA)から新たな展開へ─
粟井一夫

CLOSE UP
第2回新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するアンケート結果
─第6波に備え,疲弊する診療現場への政策的支援が必要
インナービジョン編集部

診療スタイルを変える
デジタルX線TV装置 Astorex i9 Vol.1
透視像の画質向上と独自の視野移動で多様化するX線透視下手技に柔軟に対応
i-fluoro,被ばく低減などX線透視下手技の新たな可能性を拓く「Astorex i9」
東京女子医科大学八千代医療センター

GE Seminar Report
GE Healthcare Japan Edison Seminar 2021 Series 2

〈脳・脳血管内治療 関連セッション〉
GE MRIとともに目指す脳血管障害の新たな可能性
堀江信貴

脳神経IVR領域における血管撮影装置の使用上の工夫
キッティポン・スィーワッタナクン

〈心臓・循環器 関連セッション〉
CTはSnapShot Freeze 2による画像精細化でSHD interventionのnew standardとなる
磯谷彰宏

マルチモダリティを用いた循環器診断
Structural Heart Disease(SHD)診療における心エコー図の役割
大西哲存

〈癌 関連セッション〉
乳癌の画像診断についてIntelligently Efficientを考える
久保田一徳

セラノスティクスと標的アイソトープ治療
東 達也

varian RT REPORT
人にやさしいがん医療を放射線治療を中心に No.7
HyperArc付きのTrueBeamを導入した広島大学病院の高精度放射線治療の現状と展望
勝田 剛ほか

開催リポート
富士フイルムヘルスケアが「2021 Hi Advanced MRWebセミナー」を開催
MRIの最新情報や臨床応用を頭部・整形・腹部の領域別に紹介

PICK UP
FUJIFILM TECH FILE 2022
撮影画像からポジショニングのズレを推定し再撮影の要否判定をサポートする“Reviewingナビ”
AI技術を設計に活用しX線撮影室でのワークフロー効率化に貢献
地曵裕二

IVリポート
・日本医療機器産業連合会(医機連),第9回メディアセミナーを開催 プログラム医療機器に関する活動を紹介
・医療放射線防護連絡協議会が第32回「高橋信次記念講演・古賀佑彦記念シンポジウム」をオンラインで開催
・千葉大学医学部附属病院で「Elekta Unity」が国内初稼働
・シーメンスヘルスケアが,AIメディカルサービス,エルピクセル,Splinkと提携し,医療DX推進を加速
・キヤノンメディカルシステムズ,RSNA 2021に合わせ新AIブランド“Altivity”,超解像画像技術“PIQE”など新技術を発表
・フィリップス・ジャパン,事業戦略発表会2022を開催
・オリンパス,医療事業に関する成長戦略説明会を開催 消化器科や泌尿器科などに注力し,診療水準の向上をめざす

● 市・場・発

● 次号予告
プロダクトNo 1281681824
出版社 インナービジョン
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。