料理通信 定期購読・最新号・バックナンバー

料理通信 定期購読・最新号・バックナンバー

料理通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

料理通信雑誌の詳細です。


料理通信の公式サイトへ
本・雑誌 料理通信
本・雑誌内容 国内外の最新レストラン事情やガイドなどの食情報を紹介する新しいタイプのクリエイティブ・フード・マガジン。パン、スイーツ、肉、バル、惣菜、ワイン、つみまみ、レシピ集、店づくり……。多彩な切り口で旬の食情報をお届け。レシピ満載だから実用度も大!
本・雑誌内容詳細 【巻頭特集】夏の酒と、つまみ――レシピ集

-----------------------------------

いい時代になりました。
おでん居酒屋でナチュラルワインが飲め、
タコススタンドでは燗酒を付けてくれる。
かと思えばコーヒーショップで、陽も高いうちからジントニックも。
垣根がなく、フリースタイル!

つまみと酒と店づくりが、ちぐはぐでなくしっくりくるのは
それらが、一貫した主の思いでつながっているからでしょう。
また、いい店・リピートしたい店ほど、その伝え方が簡潔で易しい。
難しいこと抜きで「旨い」「心地いい」がそこにあります。

今、人気の店の酒とつまみが、なぜ人の心を掴むのか?
そのヒントは、彼らの酒選びと提供法、つまみ術にあり!
クラフト化やナチュラル志向がいっそう進む食の現場から、
酒とつまみの達人の極意を解き明かします。


■キーワードはCRAFT&NATURAL! 夏の酒とつまみ

■東西・昼飲みスタンドの酒選び&つまみ術

・酒屋で飲む
――東京・日比谷「住吉酒販」

・ストリートフードで飲む
――東京・吉祥寺「タコスショップ」

・ピンチョスで飲む
――東京・日比谷「バーマン ロー・バー」

・アジア屋台飯で飲む
――東京・学芸大学「スタンド・バインミー」

・カフェで飲む
――大阪・谷町八丁目「TABLETOP」

・デリカテッセンで飲む
――兵庫・西元町「マメナカネ惣菜店」

■“パン飲み”が拓く未来
・東京・六本木「ブリコラージュ ブレッド アンド カンパニー」
・東京・代々木八幡「ヨル15℃」

■街の空気を巧みに生かす<ヒットする酒の出し方、つまみ術>
・東京・浅草「LA MAISON DU 一升 VIN」
・東京・御徒町「老酒舗」
・東京・学芸大学「あつあつ リ・カーリカ」

■和食料理人のこれからの酒選び
・東京・渋谷「酒井商会」
・東京・神泉「日和」

■コーヒー&ティーショップに教わるクラフトカクテル
・東京・高円寺「壱参伍」
・東京・西荻窪「サテン」
・兵庫・三宮「ビヨンドコーヒーロースターズ2」

■今、知っておきたいクラフトスピリッツ2018
日本のクラフトスピリッツ&リキュールの“今”を知る13本
「バー・カコイ」大場健志×「目白田中屋」栗林幸吉

■国産クラフトスピリッツ&リキュールはこう飲む

■東欧は、暮らしの中に蒸溜酒があった。
東京・西新宿「ベンフィディック」鹿山博康

■新世代のインディペンデントな造り手たち
岐阜・アルケミエ辰巳蒸留所を訪ねて


-----------------------------------
【第2特集】
大使館に教わる夏のカクテル&つまみ vol.4
-----------------------------------

各国大使館に、カクテルとつまみを教わる人気企画の第4弾。

フルーツをたっぷり加えたジューシーなものから、
好奇心をそそられる、珍しいリキュールを使ったものまで、
各国で愛されているカクテルはやっぱり多種多様!
あわせて楽しむつまみにも、ちゃんとお国柄が表れています。

日本の暑い夏に爽やかなひとときをもたらしてくれる、
各国自慢のカクテルを教わりましょう。


■駐日ブラジル大使館
■駐日チリ大使館
■駐日デンマーク大使館

■カクテルと一緒に楽しみたい
大使館に教わる“お酒”スイーツ


-----------------------------------
【TOPIC】
-----------------------------------

■フリースタイルの酒場名人に聞く【酒とつまみ】vol.1
東京・浅草「LA MAISON DU 一升 VIN」

■こんな気分で飲みたい!<アルト・アディジェのワイン>

■365日、名水生活
北海道東川町――旭岳の源水が支える暮らし

■イタリア料理人の伝承と革新「継ぐ味、挑む味」
「リ・カーリカ」堤 亮輔編


-----------------------------------
【連載】
-----------------------------------

■表紙の料理

■真似したくなる台所
――渡部厚子

■日常に使いたい日本の器と道具
――Sトレー・Yトレー 和田助製作所

■素晴らしき日本の発酵文化
――ひしお 銚子山十

■World Topics
――Sydney, Singapore, Oslo, Bruxelles, Firenze, Paris, New York

■新・クリエイション魂
――林 亮平「てのしま」

■Local Topics Japan【小さくて強い蒸溜蔵・醸造蔵】
――札幌・京都・今治・南九州

■安くて旨くて、何が悪い!
――東京・武蔵小山「銀嶺」

■続・これだけは知っておきたいイタリア土着ブドウ品種
――ペコリーノ(マルケ州)

■料理上手と呼ばれたい・・・。
――春雨スパイシーサラダ「サイアムヘリテイジ東京」

■生涯現役
――榊原直哉「MIKE’S BAR」

■FREEなレシピ【糖質制限】
――大阪「ミチノ・ル・トゥールビヨン」

■新米オーナーズストーリー
――東京・四谷三丁目「荒木町 たつや」

■食の世界の美しき仕事人たち
――栗田貴士、クリタケイコ(野菜農家)

■食のプロを刺激する店
――「魚三酒場」

■未来に届けたい日本の食材
――「小川原湖産大和しじみ」

■Web料理通信「The Cuisine Press」のご案内

■New open

■Information

■Book&Culture

■バックナンバー

■定期購読&電子書籍のご案内

■月と星から学ぶ食の占星学

■次号予告・編集後記


※デジタル版には一部広告ページは掲載しておりません
プロダクトNo 1281681792
出版社 料理通信社
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。