総合食品 定期購読・最新号・バックナンバー

総合食品の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

総合食品雑誌の詳細です。


総合食品の公式サイトへ
本・雑誌 総合食品
本・雑誌内容 「総合食品」は1977年に創刊した、食品業界で初めての月刊誌です。食品業界を取り巻く急速に変わる環境をとらえ、あるべき将来像を提案していきます。
本・雑誌内容詳細 【グラビア】
 ◆マルコメ
 大豆ミート市場拡大に向け展開加速
 落合務シェフ監修・和洋中の味付き「大豆のお肉」を新発売

【特集 冷凍食品】
冷凍食品2021春夏新商品
旺盛な需要を背景に、新商品続々登場

◆食卓惣菜の開発に注力、外食に代わるおかず、めん人気
◆25社以上が競う売場に

●【食卓向け】大ぶり商品に注目
●【めん類】新ジャンル増え多彩に
●【米飯】朝食、個食が注目
●【弁当】食卓兼用商品増える

■日清フーズ
 好調冷凍パスタは、「大盛り」を刷新。 ベトナムフォーで新カテゴリーに挑戦
■ニップン
 冷凍食品事業本部新設。供給体制も拡充し、冷凍食品事業のさらなる強化目指す
■味の素冷凍食品
 「大海老焼売」で市場活性、地域限定「レンジで焼ギョーザ」
■日本水産
 朝食に五穀米入り赤飯おにぎり、フライドチキン、大粒たこ焼
■日清食品冷凍
 『日清中華』ブランド横展開、ブレイク狙う『日清まぜ麺亭』
■ニチレイフーズ
 ボリューム満点の「おかず」提案、20周年「本格炒め炒飯」刷新
■テーブルマーク
 素材麺需要に対応「信州そば」、簡便調理の1食完結商品強化
■マルハニチロ
 「ガブッと四元豚のロースかつ」、シュウマイ、WILDishで新CM

【TOPIC】
キリンビール
 高付加価値ブランドの創造と育成でRTD市場を活性化、
 新ブランド「麒麟 醗酵レモンサワー」登場

【SPOT LIGHT】
●ネスレ日本
 10年ぶりに「キットカット」の新シリーズ、
 『キットカット ミニ 全粒粉ビスケット?』新発売

●キユーピー
 内臓脂肪を減らす機能性表示食品「キユーピー フィッテ」を
 ニーズが高まる健康訴求マヨネーズ市場に投入

【中期経営計画】
国分グループ第11次長計ビジョン発表
食のマーケットカンパニーの進化~共創圏の確立~を掲げ、
食の価値創造№1企業を目指す

●新構想「共創圏の確立」で、新たな食の価値・事業創造を目指す
●12の戦略の柱を設定
●進む新長計ビジョン実現への活動

【山本純子のTHINK FROZEN】
「美食女子」が選んだ冷凍食品は
ミニオンズポテト、赤飯おにぎり
◆コロナ禍によって必要不可欠の食品に
◆売れる商品選ぶセレクトセンス

【今月の視点】
RTDに関する消費者飲用実態調査
サントリーRTDレポート2021
       サントリースピリッツ調査
●RTD市場はレモンRTDが牽引し、過去最大規模に
●生活環境の変化により、全世代でお酒の飲み方に影響あり
●酒税改正以降、自宅でのRTD飲用機会増加。味わいや品質、機能に魅力
●RTDに対する価値観が多様化。低アルコールRTD,ノンアルRTD伸長

【レーダー】
★味の素の野菜をもっととろうよ!「ラブベジ」プロジェクト★味の素冷凍食品の20年にわたる脱フロン化への取り組み★「本麒麟」リニューアル、旨さと価格の両立ニーズを満たし、さらなる成長を目指すキリンビール★クラフトビールの新ブランドを業務用・家庭用で展開するキリンビール★【価格改定】日清オイリオグループ・J‐オイルミルズ・昭和産業★マルコメ「味噌アンバサダー」に、元ラグビー日本代表選手が就任★日本アクセスが取引先向け食品安全勉強会を初めてWEBで開催★日清製粉共催のKSCが「消費者志向活動章」を受章★エスビー食品がNHK出版とタイアップのスパイス×語学で世界グルメ紀行★キユーピーは渋谷区と協業でイースターの食育イベントを開催★永谷園ホールディングスは吸収合併、新会社設立で強固な経営体質を確立★大塚食品が群馬工場でCO2フリー電力を採用★日清オイリオグループがキズナアイを日清やみつきオイルのPR担当に起用★味の素が消費者庁長官表彰(特別枠)を受賞

【連載】
ニューフェース
食用油原料事情
小売月次/統計
国産酒類出荷状況
リカーニュース
編集室
プロダクトNo 1281681714
出版社 総合食品研究所
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。