日経SYSTEMS 定期購読・最新号・バックナンバー

日経SYSTEMSの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経SYSTEMS雑誌の詳細です。


日経SYSTEMSの公式サイトへ
本・雑誌 日経SYSTEMS
本・雑誌内容 「日経SYSTEMS」は、ワンランク上を目指すITエンジニアのための総合情報誌です。情報システムの基本からシステム設計の勘どころ、プロマネ手法、ビジネススキルまでこの1冊でフルカバー。『3大スキル×3ステップ方式』で、ITエンジニアに必須のスキルや実践知識が基礎レベルから応用レベルまで段階的に無理なく身につきます。日々の業務に忙しい方でも、実務能力を磨きながら体系的にスキルアップできます。
本・雑誌内容詳細 ▲2019年3月号 no.311 2月14日発行


■特集1 CIで変える 脱 ・ トロいIT現場

●CIで変える 脱 ・ トロいIT現場(026p)
●高速開発に挑んだ東電の苦労 環境変化への追従が至上命題 CIが支えた生産性向上(028p)
●CI導入ではまる6つの落とし穴ブラックボックス化を避け 際限なきユーザー要求に対処(031p)
●Jenkins 5つの疑問 多種多様なジョブを自動実行 不具合を早期発見できる(037p)


■特集2 ストップ! 危険なRPA

●ストップ! 危険なRPA(042p)


■異能エンジニアの肖像

●ヤフー データ&サイエンスソリューション統括本部 テクニカルディレクター 角田 直行氏素人から始めたスパコン開発 勉強には終わりがない(006p)


■TREND

●テクノロジー データで業務を丸裸にする プロセスマイニングが登場(008p)
●ビジネス 富士通がデータ分析の新ソフト 既存事業にとらわれず開発(009p)
●エンジニアリング 日立がアジャイル案件に新施策 場所とエンジニアをセット提供(010p)
●人材育成 COBOLを外しPythonを追加 基本情報技術者試験を改訂へ(011p)


■永井昭弘のもっとすごい現場

●7年の時を越え CESで反省(013p)


■IT職場のトラブルQ&A

●アロハシャツのSEを注意 逆上されて紛糾(014p)


■サイバー攻撃最前線

●ゼロデイ脆弱性への攻撃 狙われるFlash Player(015p)


■エンジニアのための らくらくプレゼン術

●質疑応答で信頼高める 質問を3つに分類して回答(016p)


■デジタル変革に効く ロジカルシンキング

●モデル構造の観点で図を修正 表現の詰め込みすぎに注意(018p)


■5分でわかる さわって試せるIoT

●Raspberry Piを本番で使う 瞬断にも対応可能なきょう体(020p)


■インサイト

●イマドキの新人SE教育 いきなりデザイン思考を教える(050p)


■実践! プロジェクト AIシステムの作り方

●運用 モデルの精度維持に注力 データの変化に対応する(062p)


■プロジェクトマネジメント最新作法 トレードオフ問題解決編

●【最終回】 品質管理×ステークホルダー管理 情報共有不足に不信感 不備を認めて関係再構築(068p)


■これだけは押さえる テストのツボ

●【最終回】 テスト管理 バグ票を基に実行状況を把握 終了報告は最後の大仕事(074p)


■生産性と士気を高める ハイブリッドアジャイル

●【最終回】 働き方改革につながるプラクティス時短と同時に生産性向上を図る 固定するのは時間とコスト(080p)


■6カ月で変える 現場コミュニケーション術

●【最終回】 ミーティングや調整の型(後編) 外国人相手でも型は同じ 3つの思い込みを捨てよ(086p)
プロダクトNo 1281681603
出版社 日経BP社
発売日 毎月14日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。