CLINIC NOTE(クリニックノート) 定期購読・最新号・バックナンバー

CLINIC NOTE(クリニックノート)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CLINIC NOTE(クリニックノート)雑誌の詳細です。


CLINIC NOTE(クリニックノート)の公式サイトへ
本・雑誌 CLINIC NOTE(クリニックノート)
本・雑誌内容 毎日、着実に診療を行うために必要な情報を提供する『CLINIC NOTE』は、日常の診療を先生方とともに考えていく総合誌です。 初期診療・初期治療であり、獣医診療の最前線です。わかりやすさと情報価値を追求し、日々進歩する獣医療、忙しい毎日のなかでの情報源として最適です。
本・雑誌内容詳細 【特集】
椎間板ヘルニアの治療管理:後編/監修:枝村一弥(日本大学)
⑤椎間板ヘルニアの保存療法/枝村一弥(日本大学)
⑥外科療法① 頸部腹側減圧術/高橋文孝、山口伸也(YPC東京動物整形外科病院)
⑦外科療法② 片側椎弓切除術、造窓術/神野信夫(日本獣医生命科学大学)
⑧椎間板ヘルニアにおけるリハビリテーション/岸 陽子(ONE for Animals、DVMsどうぶつ医療センター横浜)

【連載、TOPICS】
●X線読影メソッド
第2回 各論②/水頭症 各論③/中耳炎・外耳炎
執筆:濱本裕仁(日本獣医生命科学大学付属動物医療センター)
監修:藤原亜紀(日本獣医生命科学大学)
●呼吸器・循環器のエマージェンシーケア
第6回 心タンポナーデ/川瀬広大(札幌夜間動物病院)
●NEW!明日へ導く!整形外科の基礎固め
第1回 痛みの原因と骨折治療のしくみ/伊澤幸甫(ONE for Animals)、折戸謙介(麻布大学)
●ホームドクターの心エコー講座
第8回 左側からの右心耳断面を描出する!/菅野信之(日本大学)
●病院に勤めはじめた生理学者の「代謝・内分泌」
第21回 低ナトリウム血症の話/米澤智洋(東京大学)
●絶対に覚えておきたい!ウサギの診療ポイント
第26回 ウサギの眼疾患②/加藤郁(加藤どうぶつ病院)
●CLINIC NOTE誌上セミナー
潜在的有病率は50頭に1頭!?
隠れた門脈体循環シャント症例を拾い上げる/講演:米地謙介(奈良動物二次診療クリニック)
●次回予告/奥付
プロダクトNo 1281681410
出版社 INTERZOO(インターズー)
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。