医薬経済 定期購読・最新号・バックナンバー

医薬経済の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

医薬経済雑誌の詳細です。


医薬経済の公式サイトへ
本・雑誌 医薬経済
本・雑誌内容 医療・医薬品を取り巻く錯綜した状況に対し、明確なオピニオンを打ち出すと共に、オリジナリティーに溢れた記事、掘り下げた”調査報道”を読者に提供、好評を博している。
本・雑誌内容詳細 **【特 集】********************
■やはり「鬼門」となる安倍政権の亥年ー求心力「維持」は相当に困難

■19年の株式市場は何を「期待」するのかー武田のシャイアー買収は医薬品業界の刺激に
■ディオバン「上告」は検察の面子ー高裁無罪判決日にゴーン氏逮捕をぶつけてまで
■「妊婦加算」と同じ穴の貉は?ー芋づる式に“かかりつけ”や後発品標的の可能性も
■国内製薬大手、それぞれの立ち位置ー新生タケダと中外の激突、各社の課題
■ウエルシアと鎬削るツルハの戦略ーPB強化に力点、調剤事業は発展途上
■医薬品業界「10大びっくり」19年版ー注目新薬と市場展望29
■AIで変貌する製薬産業の未来20
■卸大再編の「引き金」となった秋山愛生舘ー最後の社長が語るスズケンとの合併の真相
■資金提供情報の公開遅れるアボットー死亡事故の東大循内との関係に注目
■過疎地医療を救うか「病院巡回バス」ー新潟・阿賀町の取り組みはモデルケースに
■「弊害」が隠せなくなったiPS細胞研究ーミスリードした政府とマスコミの犠牲に


==【連 載】====================
◆OBSERVER=鈴木 賢 日本医薬品卸売業連合会会長
◆技術革新と製薬企業の明日=世界が注目するニプロの挑戦
◆医薬経済気象台=新しい年に注目すべきポイント
◆製薬企業の経営診断=特殊領域特化で着実に成長
◆医政羅針盤=消費税増税に向けての「狂騒曲」の結末
◆経済記事の読み方=日本郵政、アフラックと提携の真意
◆エンディングノート=篠原鋭一
◆Dear Tomorrow 新しいヘルスケアマーケティング=独立系調剤薬局と薬剤師の覚悟
◆鳥集徹の口に苦い話=「幸せ」に貢献しているか 新年、製薬業界は自問自答を
◆読む医療=「男尊女卑志向」がつくり出す症候群
◆時流遡航=哲学の脇道遊行記―その実景探訪⑧
◆平時医療体制の破錠に備える=救命への富士学校と衛生学校の差
◆審査建言=AGは後発品の「主役」になるか
◆眺望「医薬街道」=遺伝子パネル検査でがん治療が本格化
◆アジアの医療に学ぶ=ベトナムの医療事情 血液学専門機関と臨床検査事業
◆世界の医薬品業界=BMSの大型買収がもたらすもの
◆薬剤経済学=バーテックスのCFTR3製剤の相互比較
◆支払いと結果=メディケアの支払い薬価改革実験を無敵の大統領の手で
◆変革期迎えた中国医薬品業界=ゲノム編集の規制と現状

◆Current Issues
◆明快語録
◆ニュースダイジェスト
◆時感/編集後記
プロダクトNo 1281681237
出版社 医薬経済社
発売日 毎月1,15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。