医薬経済 定期購読・最新号・バックナンバー

医薬経済の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

医薬経済雑誌の詳細です。


医薬経済の公式サイトへ
本・雑誌 医薬経済
本・雑誌内容 医療・医薬品を取り巻く錯綜した状況に対し、明確なオピニオンを打ち出すと共に、オリジナリティーに溢れた記事、掘り下げた”調査報道”を読者に提供、好評を博している。
本・雑誌内容詳細 **【特 集】********************
■ウェバー社長も触れられない「聖域」ー不動産を次々と売却する武田薬品

■大きく萎む薬価「引き上げ」への期待ー4月から費用対効果評価本格導入
■黒岩知事を病院機構前理事長が痛撃ー予定価「漏えい」など業務妨害で告発
■ステミラック薬価が投げかける再生医療の行く末ー場当たり的対応は禍根を残す
■製薬マネー1000万円授受は「多額でない」ー門脇孝氏がプレジデントに内容証明
■大きな市場機会「HIV予防」ー注目新薬と市場展望31
■AIで変貌する製薬産業の未来24
■都内進出するコスモス薬品に「戦々恐々」ー食品安売りで顧客を掴む
■「無罪請負人」らが一発で保釈を獲得ーゴーン氏の事件に見る弁護人の「力量」
■印刷会社が仕掛ける「貪欲」な健康ビジネスー高血圧症の重症化予防や遠隔診療支援に参入
■時代遅れ「湘南アイパーク」の進む道ーオープンイノベーションも企業誘致も中途半端


==【連 載】====================
◆OBSERVER=本田顕子 日本薬剤師連盟副会長
◆技術革新と製薬企業の明日=アジア人のゲノム医療に「光」
◆医薬経済気象台=現実味を増してきた景気不安
◆製薬企業の経営診断=成長への戦略が欲しい
◆医政羅針盤=疑問が募る医師確保計画の指標と枠組み
◆経済記事の読み方=スマホ決済に潜む「真」の危険物

◆エンディングノート=佐々木常夫

◆Dear Tomorrow 新しいヘルスケアマーケティング=希少疾患と製薬企業の寄り添い方
◆Start Up×Health Care~未来への投資=スタートアップの未来・課題
◆鳥集徹の口に苦い話=反撃を恐れない直言こそが次の時代の医療をよくしていく
◆読む医療=薬物依存症治療を阻む一般人の無知
◆時流遡航=哲学の脇道遊行記―その実景探訪⑫
◆平時医療体制の破錠に備える=水分補給の多機能化
◆審査建言=国際的な承認審査の統一は実現するか
◆アジアの医療に学ぶ=インドネシアの医療と自治体精神科病院(前)
◆眺望「医薬街道」=販売情報提供GLに怯えるMR
◆世界の医薬品業界=製薬企業は何で成長をめざすのか
◆薬剤経済学=高額・高リベート製剤を保険が好む理由―メディケア薬剤給付
◆支払いと結果=再入院抑制の成果は死亡率を高めてしまったのか?
◆変革期迎えた中国医薬品業界=医師の給与は高いのか

◆Current Issues
◆明快語録
◆ニュースダイジェスト
◆時感/編集後記
プロダクトNo 1281681237
出版社 医薬経済社
発売日 毎月1,15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。