月刊やいま 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊やいまの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊やいま雑誌の詳細です。


月刊やいまの公式サイトへ
本・雑誌 月刊やいま
本・雑誌内容 日本最南端の出版社がお届けする八重山地方の地元情報誌。 石垣島、竹富島、小浜島、西表島、鳩間島、黒島、新城島、波照間島、与那国島に暮らす人々・島の祭り・行事・歴史・文化など、地元の人たちがたくさん登場。地元ならではの情報満載です。
本・雑誌内容詳細 特集 新与那国物語 未来を切り開く鍵

台湾まで約111km、日本の最西端に位置する与那国島。
島は荒々しい波と断崖絶壁に囲まれており、渡ることが難しいことからかつて「どなん(渡難)」と呼ばれていた。
海底に眠る遺跡のような構造物や、テレビドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地としても有名なこの場所は、八重山のほかの島とはまた異なる雰囲気がある。
3月24日には「日本最南端!八重山の海びらき」が与那国町ナーマ浜で開催される。自衛隊配備や議長選の話題も記憶に新しく、過渡期を迎えようとしているこの地で、島の未来を考えてみた。


インタビュー
作曲家 竹原恭子


やいま音楽祭Report


島の昼ごはん
イグアナ捕獲の昼ごはん


連載第2回 島を出た八重山人 
宮良正吉「いつも前を向いて生きてきた」


連載
■最近気になっていることベスト3 ■やいまNEWS&TOPICS ■南の人(水野 暁子) ■今月のきいやま商店 ■月刊やなわらばー ■リップサービス金城晋也の島人芸人日記■うたこの日記 ■まーやのいきもの観察日記 ■ここのこれがんまさーっ! 第109走者 西門 晃基さん ■幸せ物語 ■与座英信のアメリカ放浪記 ■「息子との旅」(小浜清志) ■パナリ 新城下地島の思い出(仲原靖夫)■熊谷溢夫の世界 ■石垣佳彦写真館「港の活気」 ■資料こぼればなし「映画からみえるもの」(八重山資料研究会 山根頼子) ■未来巡礼「先祖」(八重洋一郎) ■むかし八重山「見よ、この屈託のない笑いを「イモとハダシ」を生きる子どもたち」(米城 惠・与那国)  ■壷中天地「お~い市民、これでいいか」(大田静男) ■いこいの家通信 ■たんかーあるばむ ■八重山のことわざノート ■文庫連のオススメするこの一冊を  ■イベントスケジュール ■南山舎便り


八重山暮らしガイド
■お店情報 ■お宅訪問 ■求人・募集・不動産情報 ■スポーツチーム・サークル紹介 ■読者プレゼント


※YABIっち!のダブルダッチ日記と、リップサービス金城晋也の島人芸人日記は隔月連載です
プロダクトNo 1281681197
出版社 南山舎
発売日 1,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。