最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) 定期購読・最新号・バックナンバー

最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) 雑誌の詳細です。


最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) の公式サイトへ
本・雑誌 最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー)
本・雑誌内容 現場第一主義に徹し、医療現場で培われた知恵・ノウハウから、医療政策への提言まで、実践に役立つ内容を盛り込み、激動の医療界における病医院経営の羅針盤として、常に一歩先を行く情報提供を行う姿勢には定評がある、いま最も注目されている最新医療経営戦略マガジンです。 行政・患者動向を多角的に分析し、多数の先進事例・経営手法を紹介。病院経営者の視点・視野・視座のレベルが上がります。
本・雑誌内容詳細 -------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2022年2月号 Vol.450(2022年1月10日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆創刊450号企画◆
ポストコロナ時代の
医療
4つの論点

新型コロナウイルス感染症が広がるなかで、さまざまな課題が浮き彫りになった日本の医療提供体制。ここで得られる教訓を、超高齢社会が本格的に到来するなかでどのように活かしていくのか。従来型医療体制とそのなかでの経営手法は、大きな見直しを迫られている。本企画では、その気づきとなる論点を提示する。

●在宅医療の論点
 今後求められているのは
 治療だけでなく生活をみる
 専門性をもった地域の病院
 佐々木 淳 医療法人社団悠翔会 理事長

●病院の論点
 地域ニーズに合わせた
 機能転換、病床活用と
 保険外サービスを志す
 廣瀬憲一 医療法人社団守成会広瀬病院 理事長

●患者の論点
 患者の行動と意識を改革して
 はじめて「患者本位」の
 医療は実現できる
 鈴木信行 患医ねっと代表

●行政の論点
 既存の医療体制や
 国民性を度外視した
 感染症対策はありえない
 正林督章 前厚生労働省健康局長

病院トップの経営者魂
腹腔鏡下手術の
「専門特化」を武器に
病院激戦区で異彩を放つ
佐田正之 医療法人佐田厚生会 理事長(福岡市中央区)

病院新時代
熊本地震を受けて移転新築を繰り上げ
急性期から回復期で地域拠点めざす
社会医療法人潤心会 熊本セントラル病院(熊本県菊陽町)

チーム医療 マネジメントの実践 第8回
病院財務の活用
経営者が求める財務管理
税理士の提言と取り組み
病院財務を語る座談会

事務長の目 潮流を読む
file.1 金子信之
医療法人社団三医会鶴川記念病院事務部長

ホスピカ!
サブアキュートのセンター化
医療法人社団森と海東京 東京蒲田病院(東京都大田区)

ホスピカ!
新しい「病院」の形をデザイン
社会福祉法人恩賜財団済生会 東京都済生会中央病院(東京都港区)

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告  2022年3月号 VOL.451(2月10日発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
見つからないなら育てよう
“稼げる事務長”育成術(仮題)

病院経営を支えるのは事務トップの力量に拠るところが大きい。だが、名参謀・名番頭といえるような人材を確保している病院はほとんどないのが現状だ。見つけられなければ育てるしかない。80%の及第点以上がとれる(残りの20%は素養と考えた場合)事務長をどう育てればいいかの答えを示す。また、現在活躍する事務トップからも経営における役割とキャリアの築き方を指南してもらう。
プロダクトNo 1281681149
出版社 日本医療企画
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。