最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) 定期購読・最新号・バックナンバー

最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) 定期購読・最新号・バックナンバー

最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) 雑誌の詳細です。


最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) の公式サイトへ
本・雑誌 最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー)
本・雑誌内容 現場第一主義に徹し、医療現場で培われた知恵・ノウハウから、医療政策への提言まで、実践に役立つ内容を盛り込み、激動の医療界における病医院経営の羅針盤として、常に一歩先を行く情報提供を行う姿勢には定評がある、いま最も注目されている最新医療経営戦略マガジンです。 行政・患者動向を多角的に分析し、多数の先進事例・経営手法を紹介。病院経営者の視点・視野・視座のレベルが上がります。
本・雑誌内容詳細 -------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2018年9月号 Vol.409(2018年8月10日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
「新専門医制度」時代の
医師の集め方・働かせ方

この4月から、新たな専門医制度の基本領域研修がスタートした。東京一極集中が進んでいるともされるなか、病院経営にとっての最重要課題である医師の人材確保にも大きな影響が及ぶのでは、と危惧する向きもある。新専門医制度の下で、いかに優秀な医師人材を確保し、長く働いてもらうか。経営者目線で、そのための方法論を考える。


概論 ● 新専門医制度で何が変わる?
養成プログラム、期間変更で
地域、診療科偏在が生じる

論点1  ● 制度の現状と課題
総合診療のニーズに応えられる
多様なキャリアの選択肢をつくる
神野正博
社会医療法人財団董仙会理事長/日本専門医機構理事

論点2 ● 地域偏在を考える
 募集定員の上限設定は東京以外の
 都市部の医師不足を招く可能性
 加納繁照
 社会医療法人協和会理事長/日本医療法人協会会長
 
実践1 ● 若手医師の確保策
 病病連携による地域の総合力と
 プロモーション戦略が決め手
 裵 英洙
 ハイズ株式会社代表取締役社長
 
実践2● 専攻医の集め方・育て方
 多様な経験と選択肢を設定
 連携病院での指導力が重要
 井村 洋
 株式会社麻生 飯塚病院特任副院長/総合診療部長

まとめ ● 新制度時代への対応
 属性を踏まえたアプローチと
 タスクシフトなど働き方を見直す

-------------------------------------------------------------
その他の記事
-------------------------------------------------------------
【病院トップの経営者魂】
診療報酬の枠にとらわれず
必要な医療を導入することで
合理化・適正化につなげる
大村武久 医療法人社団甲友会理事長

【病院新時代】
 道内屈指の診療体制を整備し
 高度先進医療を提供
 国家公務員共済組合連合会
 斗南病院
 (札幌市中央区)

【医療×企業×地域でつくる「わがまちの医療」】
 認知症対策の充実で
 人を呼び込むまちに
 群馬県沼田市

【病院解体新書】
 医療法人偕行会 偕行会城西病院
 (名古屋市中村区)

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告  2018年10月号 Vol.410(2018年9月10日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
中小病院が生き残る途は
「かかりつけ病院」だ(仮題)

地域包括ケアシステム時代に向けて、中小病院が生き残るには、地域に根ざす以外に方法はない。そこから導き出されるのは、かかりつけ病院というあり方なのだ。
プロダクトNo 1281681149
出版社 日本医療企画
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。