The Clarinet (ザクラリネット) 定期購読・最新号・バックナンバー

The Clarinet (ザクラリネット)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

The Clarinet (ザクラリネット)雑誌の詳細です。


The Clarinet (ザクラリネット)の公式サイトへ
本・雑誌 The Clarinet (ザクラリネット)
本・雑誌内容 全国の吹奏楽愛好者を中心に一般アマチュアの人達に愛読され、レッスン情報誌の役割を担っています。ジャズクラリネットやポップスを好む人達にも情報を幅広く提供し、クラリネット唯一の専門誌にもなっています。
本・雑誌内容詳細 音源連動Score
♪アイ・ガット・リズム
♪アニー・ローリー
♪悲しくてやりきれない
♪にじいろ

【Cover Story 】
辻本美博
Yoshihiro Tsujimoto
本誌の連載企画「本気でクラリネット普及委員会」でもおなじみの辻本美博さんが本領を発揮した待望のクラリネットソロデビューアルバム「Vermilion(ヴァーミリオン)」が完成! 今回のインタビューではこれまでのクラリネット人生を振り返ってもらうとともに、1stアルバムに込めた想いを訊いた。

辻本美博の本気でクラリネット普及委員会 特別編
今回は本連載特別編として、ライブ配信アプリ17LIVE(イチナナライブ)にて数万人のフォロワー数を獲得しているクラリネット奏者のつぶかりんさん、大野まりかさんが登場! 他では聞けない鼎談をお届けします!

【Special Contents】
これを知らないと損をする!?
必ず役に立つ裏ワザ教えます。

憧れのプロ奏者のように「クラリネットが上手くなりたい」と誰しもが思うもの。そのために欠かせないのは根気よく取り組む日々の練習でしょう。しかし、どんな練習をしたら上達できるのか、気づいていない方も少なくないのでは?
また「この曲のこのフレーズを吹きたい!」と思っても、上手く指がまわらない、美しい音色で吹けない……など、どのように吹いたらいいのかわからない方も多いと思います。そんな練習法や奏法に関する門外不出(!?)のアイデアをまとめてみました。クラリネットを始めて間もない人にとっては上達への近道と表現力アップに、そして中級者以上の方は知識の再確認もできる内容となっています。

【Gear Report】
ビュッフェ・クランポン新モデル
「GALA(ガラ)」登場!!
2017年に、ビュッフェ・クランポンの“第三の内径”を持つクラリネットとして鮮烈デビューを果たした「トラディション」。その翌年には、トラディションの上位機種として「レジェンド」が発表されたことも記憶に新しい。この”第三の内径”系統の研究をベースに、「R13」「RC」と並ぶプロフェッショナルモデルが新たに誕生した。新モデル「GALA(ガラ)」、堂々のデビューだ!

【Close Up-1】
吉田誠
国内外で活躍を続けているクラリネット奏者の吉田誠氏と、ベルリンを拠点に活動し、ソリスト・室内楽奏者として多くの演奏家から絶大な信頼を得ている小菅優氏の二人によるアルバムがリリースされた。このアルバムは1894年にフランクフルトのクララ・シューマン邸で行なわれた、ブラームスのクラリネット・ソナタの私的な初演をCDで再演したもの。このアルバムで吉田氏が伝えたかったことを訊いた。

【Close Up-2】
青山秀直
日本国内では数少ないエーラー式(ドイツ式)クラリネット奏者である青山秀直氏の、第8作目となるCD「青山秀直クラリネット・ファンタジー vol.8」がリリースされた。今作もピアニストの山口研生氏とのコンビで、名曲サン=サーンスの『クラリネット・ソナタ』などを収録。青山氏が歩んできた道のりと、今作について訊いた。

【Close Up-3】
中ヒデヒト
待望の1stミニアルバム「Comme on est bien(コモレビアン)」を3月14日にリリースする予定の中ヒデヒトさん。クラリネット奏者としては数少ないスタジオミュージシャンとして、映画やTVドラマの劇伴を数多く演奏している。そんな中さんにスタジオミュージシャンとしての仕事のことや、1stミニアルバムについて訊いた。

【Close Up-4】
山本茉莉奈
TVドラマや映画の劇伴をはじめ、ミュージカルなど、様々なフィールドで活躍している山本茉莉奈さんが、1月27日に自身のオリジナルフルアルバム「星めぐりの旅」をリリース。音楽でめぐる12星座の物語をテーマに、独特の世界観を展開しています。そこで、アルバムのことはもちろん、山本さんのクラリネット人生にも迫ります。

【Zoom In】
Quartet I’s
2018年に結成したクラリネットアンサンブルグループ「Quartet I’s」。メンバーである飯塚健太さん、池谷歩さん、澤本璃菜さん、渋谷圭祐さんのイニシャル“I”と“S”、そしてそれぞれが「個」を忘れずにという観点から命名しました。同グループは、日本クラリネット協会主催の第16回アンサンブルコンクール一般部門において第1位ならびにグランプリを受賞した実力派。そんな彼らの2ndリサイタルが2月24日に開催されました。今後の活躍が楽しみな「Quartet I’s」の素顔に迫ります。

【特別企画】
コロナ禍でも歩み続けるために……
一流プレイヤーの心に響く言葉たち
The Clarinetに登場いただいたプロ奏者は300人以上にものぼる。クラリネット吹きにとって彼らが語るその一言一言は貴重なアドバイスであり、このコロナ禍においては、彼らの前向きな言葉に勇気づけられている方もいるのではないだろうか。今回は名プレイヤーたちがインタビューで語った数々の名言を紹介しよう。

【Score】
クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
『Mela!』(緑黄色社会 歌)3B♭Cl+Bass Cl

新入生が楽しく吹ける♪
Duoで先輩と上手くなる!
『炎』(LiSA 歌)2B♭Cl
監修:大和田智彦

【Playwrightレーベル 最新オススメ CDセレクション】

【Topics】
・永江楽器水戸 新店舗オープン記念コンサート
・シルバースタイン社製の新素材リード「アンビポリリード」
ベルリンフィル首席のヴェンツェル・フックスが独占エンドース契約を締結
・アクアミューズが野中貿易YouTubeチャンネルに登場!

【連載】
CLN ヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第30回]|赤坂達三
のらりクラリNET[第40回]|谷口英治
クラリネット仕掛人[第26回]|木村健雄
Clarinet in New York[第29回]| Yuki Tei
RECOMMEND DISC
Clarinet Information
プロダクトNo 1281681032
出版社 アルソ出版
発売日 3,9月の10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。