オプトロニクス (OPTRONICS) 定期購読・最新号・バックナンバー

オプトロニクス (OPTRONICS)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

オプトロニクス (OPTRONICS)雑誌の詳細です。


オプトロニクス (OPTRONICS)の公式サイトへ
本・雑誌 オプトロニクス (OPTRONICS)
本・雑誌内容 月刊オプトロニクスは、光技術の研究から事業までを体系的にとらえるテクノコーディネート・ジャーナルとして、わが国最高のスタッフが責任を持って編集にあたり、光技術に関するホットな情報を、的確に、敏速に、しかも平易に提供、多くの読者から絶大なる信頼を得ている。 光技術は様々な分野へ応用・活用されており、光に携わる企業・大学・研究者の方はもちろん、そうでない方にもおすすめできる雑誌。関連分野は、■光情報通信、■光学部品・結晶・光学ユニット・光学センサー・光学設計、■レーザー加工・放射線・プラズマ、■光情報メディア、■半導体製造・検査計測、■薄膜・コーティング、■バイオ解析、■光電子、■光実装技術、■計測技術(マクロ~マイクロ)、■フラットパネルディスプレイ・有機EL・プラズマ・液晶などその他にも多数ある。各分野毎に特集を企画し、読者に光の技術、光の応用技術およびマーケティング情報を提供していく。
本・雑誌内容詳細 特集 パワーレーザーとその応用

総論:未来を拓く多様なブレークスルーを実現するパワーレーザー
 大阪大学 兒玉 了祐

非熱的レーザー加工
 (国研)産業技術総合研究所 黒田 隆之助

レーザー加熱による月の模擬砂を用いた建設材料の作製
 (公財)レーザー技術総合研究所 藤田 雅之  (株)大林組 田島 孝敏,新村 亮
 大阪大学 兒玉 了祐  (国研)宇宙航空研究開発機構 金森 洋史

イメージング分光による新しい文化財調査アプローチ
   - 破片から「文化財」へ -
 大阪大学 清水 俊彦,宮原 曉

「レーザー粒子加速」の最前線
   - 短パルス・高輝度・低ジッターのマルチ量子ビーム源が拓く世界 -
 (国研)量子科学技術研究開発機構 神門 正城  大阪大学 余語 覚文

ハイパワーレーザーを使った惑星物質探査実験
 京都大学 奥地 拓生  大阪大学 尾崎 典雅

レーザー核融合炉と水素製造
 大阪大学 重森 啓介  核融合科学研究所 岩本 晃史


リーダーズインタビュー
別のエネルギーに変換したレーザーの光の活用を追求!
 スパークリングフォトン(株) 代表取締役社長 金田 道寛 氏


レーザー製品の手引き
レーザ光発生&応用技術の進化!Quo Vadis!
 フォトンブレインジャパン 家久信明
レーザー製品マトリクス


Photo-Tech News & Report
 ・東芝,波長4 μmの面発光型量子カスケードレーザーを開発
   - リモートガスセンシングの実用化を想定
 ・東京大学,血小板で新型コロナウイルスの重症化リスクを予測


Focus
直接レーザ干渉パターニングによる超高速微細周期構造加工
 (株)プロフィテット 奈良 拓治


連載・シリーズ
 光工学の実際
 第7回 幾何光学1 - 基本法則 -
  ASリソグラフィコンサルティング 鈴木 章義

 若手研究者の挑戦
 第72回 カメラを用いた可視光通信の高速化のための回転式LED送信機
  岡山理科大学 荒井 伸太郎


連載広告
 レーザー光学とレーザー用光学部品の基礎
 第23回 レーザー誘起損傷閾値(LIDT)(6)
  エドモンド・オプティクス・ジャパン(株)


光業界トピックス
 ・内閣府SIP『光・量子を活用したSociety5.0実現化技術』公開シンポジウムが開催
 ・日本電気硝子,低損失LTCC用材料を開発
 ・大森賢治教授が量子物理学研究功績で紫綬褒章を受章
 ・馬場嘉信教授が分析化学研究功績で紫綬褒章を受章


コラム
 ひかりがたり 第106話 高千穂に宿る光
  納谷 昌之

 発明・特許のこぼれ話 第169回 オペラ
  熟成考房舎 鴫原 正義

 論調 -海外技術誌を読み解く Vol.52 新しい資本主義の要とは?
  井筒 雅之
プロダクトNo 1281680926
出版社 オプトロニクス社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。