オプトロニクス (OPTRONICS) 定期購読・最新号・バックナンバー

オプトロニクス (OPTRONICS)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

オプトロニクス (OPTRONICS)雑誌の詳細です。


オプトロニクス (OPTRONICS)の公式サイトへ
本・雑誌 オプトロニクス (OPTRONICS)
本・雑誌内容 月刊オプトロニクスは、光技術の研究から事業までを体系的にとらえるテクノコーディネート・ジャーナルとして、わが国最高のスタッフが責任を持って編集にあたり、光技術に関するホットな情報を、的確に、敏速に、しかも平易に提供、多くの読者から絶大なる信頼を得ている。 光技術は様々な分野へ応用・活用されており、光に携わる企業・大学・研究者の方はもちろん、そうでない方にもおすすめできる雑誌。関連分野は、■光情報通信、■光学部品・結晶・光学ユニット・光学センサー・光学設計、■レーザー加工・放射線・プラズマ、■光情報メディア、■半導体製造・検査計測、■薄膜・コーティング、■バイオ解析、■光電子、■光実装技術、■計測技術(マクロ~マイクロ)、■フラットパネルディスプレイ・有機EL・プラズマ・液晶などその他にも多数ある。各分野毎に特集を企画し、読者に光の技術、光の応用技術およびマーケティング情報を提供していく。
本・雑誌内容詳細 特集 NEDOプロにおけるレーザー技術成果と将来展望【II】

NEDO「高輝度高効率次世代レーザー技術開発」 プロジェクトの特集に寄せて
 東京大学 小林 洋平

高出力・高ビーム品質窒化物半導体レーザー
 パナソニック(株) 萩野 裕幸,能崎 信一郎,持田 篤範,川口 真生,片山 琢磨,田中 毅

193 nm レーザー加工
 ギガフォトン(株) 小野瀬 貴士

青色半導体レーザーによる積層造形と溶接技術
 大阪大学 塚本 雅裕

高輝度青色半導体レーザー光源
 (株)島津製作所  坂本 隼規,若林 直樹,諏訪 雅也,石垣 直也,
 山田 実,宇野 進吾,徳田 勝彦,東條 公資
 大阪大学 塚本 雅裕

小型・高効率320 nm連続波紫外ファイバーレーザーの開発
 千葉工業大学 藤本 靖
 (株)金門光波 中原 正盛,Paul Binun,佐藤 毅
 (公財)レーザー技術総合研究所 本越 伸二


Interview
ボディシェアリングが実現する本当の自由 - 光センサーがもたらす「経験」の共有とは
 早稲田大学 玉城 絵美

Photo-Tech News & Report
 ・製品ラインアップの拡充!進化を続ける産業用高出力ブルーレーザ
   - 高出力化・高輝度化・低価格化が進む製品群 -
 ・NTT,従来の2.5倍以上の帯域を増幅できる光増幅中継器を開発
   - 新たな波長資源の活用へ -

Focus
トモグラフィ技術によるレーザー光の空間伝搬ビームの三次元撮像
 Duma Optronics Ltd. Oren Aharon


特別寄稿
 私の追憶
 第4回 わが師Leibingerさんとの思い出
   - Leibingerさんとの心の交流/文化の異なるドイツの人たちとの格闘 -
  LTF-Laser Technology Fountain 門屋 輝慶

連載・シリーズ
 光エレクトロニクスのシミュレーション技術
  最終回 光エレクトロニクスとシミュレーション技術
   波多腰 玄一

 若手研究者の挑戦
  第64回 化学気相成長による軽元素系無機蛍光体の薄膜プロセス
   (国研)産業技術総合研究所 且井 宏和

光業界トピックス
 ・オキサイド,Forbes JAPAN SMALL GIANTS AWARD受賞
 ・AkiTech LEO,アプリケーションラボを稼働開始
 ・Laser world of photonics munichが延期,2022年開催へ
 ・JPC関西,生体光計測をテーマに第二回オンラインサロンを開催
 ・第46回光学シンポジウムが6月23日よりオンライン開催へ


連載広告
 レーザー光学とレーザー用光学部品の基礎
 第14回 オプティカルコーティング(4)
  エドモンド・オプティクス・ジャパン(株)


コラム
 発明・特許のこぼれ話 第160回 漆の技術
  熟成考房舎 鴫原 正義

 ひかりがたり 第97話 明らかになるということ
  納谷 昌之

 論調 -海外技術誌を読み解く Vol.43 AIバイアス問題
  井筒 雅之
プロダクトNo 1281680926
出版社 オプトロニクス社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。