住む。 定期購読・最新号・バックナンバー

住む。の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

住む。雑誌の詳細です。


住む。の公式サイトへ
本・雑誌 住む。
本・雑誌内容 住まいと暮らしに関するいろいろな知恵や工夫が学べる。昔から伝わる気候風土に適した知恵、あるいは現代の先端技術などの知識を提供。ときには、食や衣まで含めて考える。また家から排出されるCO2の量を削減したり、ゴミを減らすことなども考慮した「住まい」を考える。住まいは、暮らしこみの姿であり、生き方の表現。この雑誌では、そうした住まいと暮らしに関わるさまざまな知恵や工夫、そして住まいの本質を「知ること」が愉しめる。
本・雑誌内容詳細 特集

小さな家の育て方。

実例1

海を望む大きなテラスでの家族時間。
[石川・輪島市]
実例2

都会と故郷を結ぶ、小さな家の10年。
[兵庫・宍粟市]
実例3

子どもの成長を見届ける家。
[東京・文京区]
実例4

時代の熱を詰め込んだ昭和名住宅。
[東京・新宿区]
実例5

隅々まで住みこなす、真っ当な木の家。
[京都・京都市]
実例6

手の届く家。
[長野・松本市]


特集関連企画
日々の暮らしで始めたこと、続けていきたいこと。

建築家が小さな自邸に込めたもの。

日本の宿紀行

ヤマグチハウス
[神奈川・箱根] 文と写真・山口由美


ひとり問屋・日野明子、作り手の家を訪れる 7

継ぎ足して育つ家。
写真・長田朋子 文・日野明子



『住む。』創刊20周年特別企画

三谷さんの家物語 その2

絵本のテンポで。
写真・砺波周平 文・田川公子



連載
□僕の生活散歩 80 住む。
文と絵・三谷龍二

□日本をもうひとつ 十六 樺細工「木肌への思い」
文と写真・原 研哉

□わたしのすきな風景 27 イス
文と写真・梅原 真

□いつか、ここにあるもの 第二十七回
 理想の椅子を探す旅。
文・並河 進 写真・小林紀晴

□一枚の白い皿から 27 かまどの神様
文・畑口JAN 写真・畑口和功

□美術の住み処 25 ありがとう、丸石ビルディング
文・小出由紀子

□僕の余白 第3回 健やかな革命
文とイラスト・服部滋樹

□その先にあるもの。16 [佐藤佑輔 その2]
 究極の技術とは、素材の発する声を 五感すべてを使って
 聴き取ること。そして寄り添うこと
文・赤木明登

□ロードサイド デザイン 第23回 シブビルとはなんぞや
文と写真 都築響一

□家をつくるなら、近くの山の木で 78 [高知県]
 土佐の清流を育む木と、丹精込めた家づくり。
設計と施工・勇工務店
□東京、名もなき住宅を訪ねて。第十二回
 子どもの育て方を社会と住宅から考えた。
 変りゆく武蔵野を見つめてきた建築家の家。
文と写真・若原一貴

□松隈洋の近代建築課外授業 37
 ニューヨーク近代美術館(MoMA)
文と写真・松隈洋

□エネルギー探偵ノート 80 COP26と日本
文・槌屋治紀

□醗酵リンク・蔵の宝物 27 日本酒で世界平和を!
文・藤田千恵子

□sumu theatre  戯曲「家演劇」act3
作・久保田梓美

□海と暮らす日々 第十二回 門前朝市、完売でした!
文・柿谷政希子

□循環する牧場 第四回 冬の厳しさと恩恵と
文と写真・菅野義樹
プロダクトNo 1281680920
出版社 農山漁村文化協会
発売日 3,6,9,12月の21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。