国際私法 定期購読・最新号・バックナンバー

国際私法の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

国際私法雑誌の詳細です。


国際私法の公式サイトへ
本・雑誌 国際私法
本・雑誌内容 急激にボーダレス化する国際社会を検討。国際社会に起こる未解決の課題や問題点を剔抉し、国際私法またはこれに関連する研究者や実務家が、鋭い分析・提案を与える。国際法から民法などの他領域の研究者・実務家まで、各分野の俊英たちがその舌鋒を競う。国際私法学会年報。
本・雑誌内容詳細 ◇特集1 国境を越えた子の保護をめぐる現状と課題―子奪取条約の運用をめぐって◇

国外転居に関する課題と展望〔林 貴美〕

ハーグ子奪取条約と締約国間の協力体制―ハーグ子の保護条約並びに扶養料回収条約及び扶養義務議定書に関する考察〔西谷祐子〕

実務の観点から見た子奪取条約の運用をめぐる現状と課題〔黒田 愛〕

◇特集2 施行10年を経た法の適用に関する通則法(承前)◇

財産関係の準拠法と法の適用に関する通則法の課題〔野村美明〕

◇学会報告から◇

投資紛争における並行的手続〔猪瀬貴道〕

越境河川汚染と「外国の法の考慮」―2000年のバイア・マーレ事故を題材として〔楢﨑みどり〕

外国判決承認要件としての公序と実質的再審査禁止原則について―1898年ドイツ民訴法起草段階の議論を参考に〔釜谷真史〕

英文サマリー

*        *        *

国際私法学会役員(表紙2,3)
国際私法学会第133回(2020年度)大会記録
国際私法学会第133回(2020年度)大会報告概要
国際私法学会定款
訃報
編集後記
プロダクトNo 1281680844
出版社 信山社
発売日 3月の25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。