BIOCITY(ビオシティ) 定期購読・最新号・バックナンバー

BIOCITY(ビオシティ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

BIOCITY(ビオシティ)雑誌の詳細です。


BIOCITY(ビオシティ)の公式サイトへ
本・雑誌 BIOCITY(ビオシティ)
本・雑誌内容 BIOCITYは、生命がすこやかに息づく「生命都市(Bio City)の時代」を未来像に据え、持続可能な循環型社会の可能性を求めて1994年に創刊されました。以来2010年まで、最先端の研究やプロジェクト、人材を国内外から紹介、自然のシステムを活かしたエコロジカル・デザインを探求してきました。2011年、東北を襲った大震災と原発事故という未曾有の危機に際し、あらゆる価値観が変化しつつある中、本誌も48号を境にリニューアル。再生可能エネルギー、コミュニティデザイン、エコロジー建築、ランドスケープ、生物多様性、環境教育など、さまざまな分野の実践的な取り組みや研究、言説を紹介しております。
本・雑誌内容詳細 特集
子どものための屋外環境
校庭・園庭から「まち」へ
監修:木下 勇、仙田 考

8 巻頭言 子どもと園庭・校庭、そして「まち」 木下 勇
16 特別寄稿 こどもが元気になる園庭・校庭12の提案 仙田 満
24 「ツクル✕アソブ✕イノチ」と出会える園庭 宮里暁美
29 子どもの成長を支える園庭環境 幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿
 渡辺英則
世界に学ぶ校庭・園庭の動向
36 英国 屋外での教育にはどのような利点があるのか スーザン・ハンフリーズ
48 英国 緑の景観を通して学ぶ メアリー・ジャクソン
50 スウェーデン 校庭のガイドラインと環境改善 アンデルス・ワンゲ・ケルッソン
52 米国 生き生きした校庭 シャロン・ギャムソン・ダンクス
54 インドネシア 拡がる環境学校のネットワーク ヘレン・タイアス・タンガール
56 ドイツ 緑の学びの場としての学校 マンフレット・ディーツェン
58 英国 エデンプロジェク「生きるための菜園」 トニー・ケンドル
日本の校庭・園庭の新しい動向
64 校庭に出現した里山 飯島小学校の「自然体験の場」づくり 尾上伸一
69 Growing Place ともに育つ場所 16年間にわたる自然再生デザインのプロセス 伊東啓太郎
75 「まち保育」の可能性 まちで育てることはまちが育つこと 三輪律江
79 保育内容を豊にする園庭環境の工夫 園庭環境3形態試論 大豆生田啓友
86 園庭・校庭・まちの環境と子どもたちのかかわり ISGA日本大会に向けて 仙田 考

ミニ連載
96 ヴィンテージ・アナログの世界 レコード・レーベルの黄金期⑱ 高荷洋一
100 円珍と書② 福州都督府公験 恵美千鶴子
連載
104 動物たちの文化誌㉓ 戦争と動物園 早川 篤
112 コミュニティデザイン学科通信⑩ 東北を知り、日本を知り、アジアを知る。_醍醐孝典
表紙の作品
120 N.S.ハルシャと未来を描く子どもたち/N.S.ハルシャ《白い影》

プロダクトNo 1281680841
出版社 ブックエンド
発売日 1,4,7,10月の7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。