月刊ニュースがわかる 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ニュースがわかるの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ニュースがわかる雑誌の詳細です。


月刊ニュースがわかるの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ニュースがわかる
本・雑誌内容 月刊「Newsがわかる」は、おもに小中学生向けにニュースをわかりやすく解説する月刊誌です。新聞やテレビのニュースって難しいですよね。それをやさしいことばで説明し、図表や写真、イラストを多く使って、事件やできごとの核心をズバリとお伝えします。大人の方からも好評をいただいており、親子で愛読する家庭が増えています。中学・高校受験や資格試験対策にもご活用ください。「ニュース時事能力検定試験」の入門誌として、3~4級模擬問題 も毎号掲載しています。読めば必ず社会科の実力がつきますよ!オール カラー、68ページ。
本・雑誌内容詳細 <巻頭特集>
★ ロボットと人の未来
人を助け、代わりに仕事してくれるロボットが次々と出ています。
宇宙や深海の探査から、手術、運転、介護や農業、災害現場のサポートまで、
活動の場は広がる一方です。
ロボットの最前線を追い、人と共存する社会のありようを探ります。

<特集>
★ もっと知りたい 地方議会
知事や首長・地方議員の選挙をまとめて行う統一地方選が4月にありました。
このごろは低投票率などで有権者の関心の薄さが明らかになり、
地方議員のなり手がいないなど、
地方政治のさまざまな問題が浮き彫りになっています。

★ カタツムリの不思議
梅雨に見かけるカタツムリ。
貝の仲間で、ゆっくりはって短い距離しか移動しないため、
地域ごとに違う種類が見つかります。
カタツムリの不思議な生態について報告します。

★ こわい薬物に「ノー」
たった1回使っただけで人生を損なう違法薬物の事件が後を絶ちません。
インターネットで10代でも容易にアクセスできる状況が心配されています。
違法薬物の恐ろしさを学び、絶対に近づかない意思を持ちましょう。

★ お札の顔が変わる
1万円、5000円、1000円のデザインが一新されます。
新たな顔は、近代日本の発展に貢献した渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎。
2024年度上期をめどにお目見えします。

★ 「しつけ」で暴力はダメ
親の体罰を禁じる条例を東京都が4月に施行しました。
子どもを虐待から守るためで、
しつけに名を借りた保護者の暴力を禁止します。
同様に、国も来年の法改正をめざします。


● 4月のニュースファイル
新元号「令和」は万葉集から/ 史上初!ブラックホールの姿とらえた/ ノートルダム大聖堂が炎上 ほか

● 時事芸人 プチ鹿島の「オジさんの話を聞いて」……イチロー選手の引退会見にみる「質問力」

● 「ニュース ジョゼでもわかる系」……はやぶさ2が人工クレーターを作った

● 「マジか!!ルニュース探り隊」……広がる制服のリユース

● 環境まんが「カグヤとエコ神サマ」……プラごみ問題パート3。クールなヒノの新たな魅力発見

● 学習まんが「ニュース探偵 小一郎」……ゲノム編集って?

● ニュース検定4~3級 模擬問題

● 石川直樹の「世界の家を見に行く。」……ティティカカ湖の、葦でできた島と家

● 歴史がパパッとわかるクイズ「レキッパ!!」……伊能忠敬が地図を作り始めた動機とは?

● 言葉で遊ぼう「ねじめ親子の言葉塾」……投稿の募集テーマは「新元号を3文字で考え直そう」

● まんが「ことりといっしょ」……オシャレを手助けする美人おばけ登場

● サイエンスまんが「博士と宇宙人」……界面活性剤とは?

● 爆笑ギャグまんが「Newsがわからん!!」……図書館にぎにぎの巻

● 動物写真企画「みんな生きている!」……おもしろ! ムツゴロウのけんか

● ニュースなお題に投稿コーナー「答えよ」……大喜利のお題は「2020円札の肖像にふさわしい人とかモノとか勝手に描こう」

● 投稿ギャグまんが「マナブとオカン」……オカンの授業が始まるよ~!?

● 「東田大志の きわめろ! パズル道」……漢字のパズルを解こう
プロダクトNo 1281680769
出版社 毎日新聞出版
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。