広告 定期購読・最新号・バックナンバー

広告の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

広告雑誌の詳細です。


広告の公式サイトへ
本・雑誌 広告
本・雑誌内容 博報堂が発行する雑誌(不定期刊)。2019年に博報堂のクリエイティブディレクター/プロダクトデザイナーの小野直紀が編集長に就任。「いいものをつくる、とは何か?」を全体テーマに据え、この問いを思索する“視点のカタログ”としてリニューアルしました。リニューアル第一号で「価値」を、第二号で「著作」を特集。最新号では、「流通」を特集します。
本・雑誌内容詳細 特集は「流通」。新しい技術やビジネスモデル、さらには新型コロナウイルスによって流通のあり方が大きく様変わりしました。いま、商品や作品がつくり手のもとを離れてから受け手に届くまで、いったい何が起きているのか。「流通」についての様々な視点を投げかけます。※書店ごとに表紙が異なります。


▼最新号の目次

54 流通と社会
― 経営学者 石井淳蔵 × 『広告』編集長 小野直紀
55 近代合理主義と流通
― マックス・ウェーバーをとおして見る「合理化」の正体
56 「簡単に手に入る」流通が見落としているもの
57 輸送進化論
58 物流空間試考
59 段ボールから考える、梱包のクリエイティビティ
60 アマゾンがなくなる日
61 アフターデジタルとD2C
― これからの流通が向かう先
62 中国ライブコマースの体験的考察
63 「売る」というエンターテインメント
64 小売×データの課題と未来
65 プライベートブランドの光と闇
66 「あたりまえの日常を止めない」
― 進化し続ける卸売業
67 グローバル流通の苦難と挑戦
68 世界的ラグジュアリーブランドのなりたちと展望
― エルメス前副社長 齋藤峰明 インタビュー
69 「韓流ブーム」から「アジアで独り勝ち」へ
― 韓国ポップカルチャーを加速させた新しいシステムと新しい流通
70 「映画」コンテンツ流通の100年史
71 映画って何ですか?
72 メディアに対する映画監督の目線
― ニコラス・W・レフン、岩井俊二 インタビュー
73 音楽と流通
― 変わり続けるポップミュージック
74 CDとレコードと、曽我部恵一の音楽
75 流通の変化は、漫画をどう変えるか
76 「よい本」が生まれる環境を、出版流通から考える
77 「ことば」と流通
― 劇作家・小説家 本谷有希子 インタビュー
78 アップルの流通戦略
― どん底から世界一、そしてその先へ
79 サーキュラーエコノミーの理想論の先にあるもの
80 「おてんとさまが見てるよ」
81 思想のある小さな小売店に見る、一歩先の未来
― ドワネル 築地雅人 × わざわざ 平田はる香
82 てのひらのなかの流通
83 タンザニアの商人とオルタナティブな経済
― 文化人類学者 小川さやか インタビュー
プロダクトNo 1281680697
出版社 博報堂
発売日 1,4,7,10月の4日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。