東京カレンダー 定期購読・最新号・バックナンバー

東京カレンダーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

東京カレンダー雑誌の詳細です。


東京カレンダーの公式サイトへ
本・雑誌 東京カレンダー
本・雑誌内容 首都圏に生活する30代半ばのビジネスマン・OLの方を対象に、ダイニング、旅行、カルチャー・エンターテイメント、リビング、ファッションなど、幅広いジャンルの話題で構成される月刊誌。季節感を重視しながら、成熟した都市生活者の感性に訴える情報を厳選して提供しています。クオリティの高いビジュアル表現と紙面展開によって、最新の情報を紹介。既存の”情報誌”の枠を超え、センシティブでスタイリッシュでありながら同時に実用的でもある、これまでになかったTOKYO(東京)を楽しむための”情緒誌”です。
本・雑誌内容詳細 ビール片手に夏にしたいこと


<CONTENTS>

●MUST BUY for women

●MUST BUY for men

●NEW OPEN

●港区モード

●ビール片手に夏にしたいことfeat.宇垣美里

●東京のど真ん中で夜風を感じたい/頭上を遮るものは何もない。最新ルーフトップテラスが正解

●「ナイトプール」で大人にはしゃぎたい/鉄板の“ニューオータニ”がリニューアルし、さらにムーディーに

●から揚げとビールをとことん楽しみたい/から揚げが名物なお洒落居酒屋を押さえるべし!

●夜の「東京タワー」に酔いしれたい/3つのアングルで楽しむ夏の東京タワーに大人も高揚する

●「ビアバー」でビールをとことん楽しみたい/高感度な人々が集う最新ビアバーはこの5軒

●大人の海遊びデビューがしたい/東京湾クルーズするならエドベンチャーがいい

●宇垣美里さん、今年はどんな夏にしたいですか?

●「ビールフェス」に今年も行きたい/「ヒビヤガーデン2019」なら間違いない8つの理由

●リゾートで心ゆくまでリラックスしたい/ラグジュアリーに進化する沖縄から目が離せない

●ビールを楽しむ美女の笑顔が見たい/東京駅と恵比寿の人気店で仕事帰りの美女を突撃スナップしてみた

●一度は「グランピング」を体験したい/泊まる食べるのクオリティが圧倒的な“会員制キャンプ”があった

●開放的な「立ち飲み」をしてみたい/お洒落立ち飲み なら女子ふたりでもサマになる

●大人になっても「フェス」は楽しみたい/とにかく「黒」ちゃんと「機能的」 が、大人のフェススタイル

●餃子とビールをとことん楽しみたい/お洒落な居酒屋で人気の餃子は確実に美味しい

●とにかく手軽に「BBQ」がしたい/仕事帰りも週末も手ぶらBBQが楽しすぎる

●「休日の昼」は外で気持ちよく飲みたい/涼を感じるウォーターフロントの最旬テラスが狙いめ

●ビールを楽しむイケメンの笑顔が見たい/間宮祥太朗さんにビールを飲みながら、夏と恋を語ってもらった

●何かがハプンしそうな出会いを期待したい/お洒落ビアガーデンこそお食事会に最適だった

●ホテルのテラスを満喫したい/賢い大人は、毎年『 オーク ドア』のテラス を使う

●艶っぽい水着で周囲の視線を集めたい/トレンドよりも曲線美。ランジェリーブランドの水着 が最強です

●日本の夏にしか着られない「浴衣」で気分を上げたい/浴衣で飲みに行くため、とことん気軽さにこだわる

●久しぶりに「花火」がやりたい/1万円の線香花火にはそれだけの価値がある

●自宅でもビールを美味しく飲みたい/ラガーとエールで当然グラスを使い分ける



●SPECIAL TALK/ランサーズ株式会社 代表取締役社長 秋好陽介

●POWER HOTELS/いま、通な大人はホテルに鮨を食べに行く

●バラ色CAR LIFE/予算100万円台で買えるイケてるクルマって何でしょう?

●小宮山雄飛の本能のひと皿/三茶の小さな居酒屋の〝唐揚げ〟が大人たちを悶絶させている

●柳忠之の東カレ的ワイン達人への道/お値打ちスパークリングを教えて!

●Tokyo Delicious Calendar

●Next Issue


プロダクトNo 1281680620
出版社 東京カレンダー
発売日 毎月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。