ACT4(アクトフォー) 定期購読・最新号・バックナンバー

ACT4(アクトフォー) 定期購読・最新号・バックナンバー

ACT4(アクトフォー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ACT4(アクトフォー)雑誌の詳細です。


ACT4(アクトフォー)の公式サイトへ
本・雑誌 ACT4(アクトフォー)
本・雑誌内容 『ACT4(アクト・フォー)』とは、第4幕という意味。通常オペラは3幕で構成されていますので、第4幕は幕後ということになります。オペラに感動してその余韻にひたる時間が『ACT4』です。タイトルが意味するのはオペラだけではありません。アートや音楽、食や人、本も映画も旅行も何でも、感動するものとの出会いの余韻を楽しむことすべてが『ACT4』であり、これこそ人生の至福の時ではないでしょうか。世界中から私たちに感動を与えてくれるすばらしいものや人をたくさん紹介して、みなさんの『ACT4』のお役に立ちたい。それが、『ACT4』創刊の主旨です。
本・雑誌内容詳細 第一特集
VIENNA WAITS FOR YOU Ⅱ
ブダペスト「BUDAPEST WAGNER DAYS 2018」/アダム・フィッシャー

続・ウィーンは君を待っている
前回出したウィーン特集号で、「ウィーンはどんどん変わってきている。その中心となっているのは音楽だ」という切り口でこの街を紹介した。そして、二〇一八年の七月、あれから三年ほどの時を経て、再度ウィーンと、足を延ばしてブダペストにまで足を延ばして特集を組むことにした。ウィーンは、音楽、芸術を中心とした世界都市になっている。この街の音楽・芸術関係者は本当に国際色豊かになっている。ウィーンは、超一流の音楽家が集まっている国際都市といえるのではないだろうか。
そして隣国ハンガリーの音楽情報にも目を見張るものがある。ハンガリー人には独特の豊かな音楽性がある。昨年、弊誌vol.80でブタペストで毎年行われている音楽祭「ワーグナーデイズ」を取材したが、その記事を読んでこの音楽祭への参加を決めた元東急文化村社長の田中珍彦氏がブダペストを訪問。同音楽祭の芸術監督・指揮者のアダム・フィッシャー氏との対談が実現した。

第二特集 
アルメニア ~誰も知らない世界最古の真実~

●編集長対談 
 本庶佑博士×佐藤真理子
●PEOPLE アレハンドロ・ベラ
●志摩観光ホテルに泊まって過ごす伊勢志摩
●第20回 別府アルゲリッチ音楽祭 ~アルゲリッチがつなぐ、珠玉の時間~
●淡路島 国生み神話のふるさと
●COLUMN イタリア便り/ロンドン便り/ニューヨーク便り
●公演情報『コーラスライン』来日公演2018 / 真矢ミキ
●連載
ルネ・マルタンの音楽日記
感動視点のクルマ選び
本田健の「お金との賢い向きあい方」
山本益博 私のお気に入りレストラン
プロダクトNo 1281680536
出版社 インプレザリオ
発売日 毎奇月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。