月刊HACCP 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊HACCP 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊HACCPの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊HACCP雑誌の詳細です。


月刊HACCPの公式サイトへ
本・雑誌 月刊HACCP
本・雑誌内容 月刊HACCPは「食の安全性と健全性」をテーマに、原材料の生産現場から食品製造、流通、消費まで(farm to table)の一貫した食品衛生対策を柱とし、新時代に対応するための情報誌です
本・雑誌内容詳細 特集
HACCP制度化における食品の微生物検査

HACCP制度化における微生物試験法の考え方
一般財団法人東京顕微鏡院 伊藤 武、難波豊彦

HACCP制度化と食品微生物検査の再認識
特定非営利活動法人 近畿HACCP実践研究会理事長
特定非営利活動法人 HACCP実践研究会主幹研究員 
戸ヶ崎惠一

HACCP制度化における微生物検査依頼のポイント、検査結果の効果的利用
一般財団法人 食品分析開発センターSUNATEC コンサルティング室
松本正樹

第2特集
ゾーニングと交差汚染防止

ゾーニングの境目の悩み解決
株式会社フーズデザイン 加藤光夫

米国の食品安全強化法(FSMA)における衛生ゾーニングの要素

製品紹介
ADEKAクリーンエイド株式会社/株式会社AFIテクノロジー/株式会社NPC/ 赤門ウイレックス株式会社/株式会社エルメックス/スリーエム ジャパン株式会社/ 大日本印刷株式会社/日水製薬株式会社/株式会社町田予防衛生研究所/メルク株式会社

Challenge the Future~未来への架け橋~7
加熱・冷却・包装工程などの自動化・省人化実現
1日10万食、大量多品種製造の新CKが順調に稼働
日清医療食品株式会社ヘルスケアフードファクトリー亀岡(京都府)

トピックス
埼玉県、東京都、茨城県及び福島県から報告された同一の遺伝子型の腸管出血性大腸菌
O157:H7による感染症・食中毒事案について

農場HACCP・JGAP認証制度と認証取得について~審査員の立場から
エス・エム・シー株式会社 執行役員・所長 小池郁子氏

新技術が変える食品サプライチェーンの未来~世界のブロックチェーンへの注目
JHTC主催第31回HACCPフォローアップセミナーより

安全安心を消費者につなぐために生産者にしていただきたいこと
株式会社群馬県食肉卸売市場常務取締役 白石千秋氏

農水省が「鶏肉の衛生管理」でセミナー開催
カンピロバクター食中毒はなぜ減らない?

セミナー
HACCPの危害要因に加え正確なカビ検査と評価を解説
NPO法人カビ相談センターが第11回講演会開く

FSMA対応、ISO22000審査の着眼点などテーマに
JICQAフォーラムが全国3会場で同時開催される

連載
利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築92
工場の過去の問題から危害分析をする
加藤光夫

HACCP基礎講座―演習編(214)
HACCPのための化学演習(93)
塩見一雄

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~92
村松寿代

NEWS
行政動向
消費者庁がウエルシュ菌食中毒防止を呼びかけ
埼玉県、東京都、茨城県、福島県のO157:H7食中毒事案について報告 厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課

業界動向
FSSC財団のヒルブランド氏来日、JACBとミーティング 漁業認証構築の国際シンポにも参加しFSSC22000について講演

開催告知
月刊HACCP&食×農MOOCコラボセミナー 特別対談:自主衛生管理時代における微生物検査のあり方
統計資料 承認速報、リコール情報

GRAVURE
業界初!ポリ乳酸樹脂ベースの工場用ラインテープ
「3M™ラインマーカー 971」を発売
スリーエム ジャパン株式会社

巻頭言 HACCP制度化に伴う食品検査の国際標準化の課題
岩本嘉之

メディアSCOPE 「ワクチンの悲劇」繰り返すな
平沢裕子

私の視点 HACCPに流派があるという人がいる?
実際はまともな人と誤った人しかない
杉浦嘉彦

食中毒発生情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
プロダクトNo 1281680387
出版社 鶏卵肉情報センター
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。