大前研一通信 定期購読・最新号・バックナンバー

大前研一通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

大前研一通信雑誌の詳細です。


大前研一通信の公式サイトへ
本・雑誌 大前研一通信
本・雑誌内容 「大前研一通信」は様々な社会問題に対し、グローバルに活躍する経営コンサルタントの大前研一の発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。 マスコミ上に発信された大前研一の発言や、雑誌媒体へ連載している記事等が読め、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野があなたの前に広がるでしょう。これからの激変する時代の指針として、21世紀のサバイバルツールとして、「大前研一通信」を是非、お役立てください。法人でのグループ購読もあります。
本・雑誌内容詳細
【内容紹介】

 今回の巻頭には、国連演説から慰安婦財団の解散、そして日本企業に賠償を求める元徴用工判決、レーダー照射問題など、日本にとっては、韓国の文在寅大統領リスクというものが急激に顕在化してきていると大前研一が指摘、その対応の方向性も示唆する記事を、また米国が5Gインフラの整備から中国のファーウェイを排除、また中国人2名を中国サイバースパイ集団「APT10」のメンバーとして訴追するなど、米中が新たな冷戦に突入したことに言及した記事を【問題解決力】として紹介します。そして、2回目の米朝会談を有利に進めたい北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と中国の習近平国家主席が、北京で会談した関連記事に、昨年の中間選挙で判明したトランプ米大統領の再選が非常に難しくなったと喝破した記事も加え、【BBTch】としては、新規事業創出に向けたベンチャー企業との協業推進の番組紹と、【リーダーシップ】としては、組織力強化の新プログラムの紹介記事を前半でご紹介し、中盤には、地球温暖化対策について話し合う国連会議COP24に対するトランプ大統領の対応問題や、仏・マクロン政権に対して抗議する大規模デモは、実はワーキングプアが問題だと指摘、日産・ルノー問題や、EU財政基準問題まで言及した記事を【資産形成力】としてご紹介。次に、戦後最長の好景気が続いているとする政府見解に対し、あらゆる統計・分析、諸外国との比較で、日本だけが30年間、歩みを止めているとする記事と、都市別のGDP予測に関連し、いま世界では、メガシティに繁栄が集まる傾向にあり、道州制の導入が、日本がメガリージョンの競合に打ち勝ち繁栄する必須条件とする関連記事に加え、日本は国連に「カネ」よりも「人」を送り込むべきであり、企業も含め、国際的な場で活躍できる人材不足問題と、新しいビジネスモデルで急成長するスタートアップ企業関連の記事をご紹介します。後半には、コンソーシアム事業として第一回目のIBに関するシンポジウムで、「IB教育を通じてどのような生徒が育つのか」というテーマで講演をされた星野あゆみ氏の基調講演の記事を【IB(国際バカロレア)】として、【英語】としては、実践ビジネス英語講座(PEGL)の10周年記念企画のインタビュー記事に、知って得する英語情報(BBTO)を、また【プログラミング】としては、小学校におけるプログラミング教育の記事や、BBT大学院とBOND-BBTMBAプログラムで人気の大前学長科目でもある「イノベーション」の体験授業報告もご紹介するなど、今回は、混迷する世界・日本情勢とともに、その中で必要となるであろう教育関連の記事で構成した「混迷する世界・必要となる学び Part.2」と題する特集号です。







==========【大前研一通信 2月号(VOL.293)インデックス 紹介】=========


【特集】 「混迷する世界・必要となる学び Part.2」

   

・日韓合意を反故にする文在寅の「確信犯」  (プレジデント 2019/2/4号)



【問題解決力】・レーダー照射問題/徴用工問題   (ニュースの視点 761 2019/1/18)



・米中関係/中国ファーウェイ問題/中国サイバースパイ/中国外資規制
~米中新冷戦の幕開けが日本に及ぼす影響は?    (ニュースの視点 760 2019/1/11)



【BBTch】・新規事業創出に向けたベンチャー企業との協業    (BBTCh 番組紹介)



・「トランプ的”ミー・ファースト”国家は隘路に嵌まる   (週刊ポスト2019/1/11号)



・2度目の米朝首脳会談は「鼻血作戦」で追い込め      (夕刊フジ 2019/1/19号)



【リーダーシップ】 ・組織力強化トレーニングプログラム《BASIC》

  ~チームビルディング実践者の養成~  (リーダーシップ・アクションプログラム)



・中間選挙で判明、トランプ再選は絶望的        (プレジデント 2019/1/14号)



【資産形成力】・COP24と環境問題についてのトランプの反応/

        フランスのEU財政基準対策 (グローバル・マネー・ジャーナル 573 2018/12/19より)



・仏伊財政収支の推移           (グローバル・マネー・ジャーナル 574 2018/12/26より)



<大前関連発言>・平成の失われた30年            (VERDAD 2019/1月号)



・【都市別のGDP予測】大阪や名古屋はメガシティ繁栄の条件に欠ける(夕刊フジ 2018/12/22号)



【観光】・インバウンド 2019         ツーリズム リーダーズスクール(TLS)



・2020東京五輪と2025大阪万博は「ハゲ山の一夜」で終わる  (SAPIO 2019年1・2月号)



・カネを出しても国連への影響力が少ない日本         (夕刊フジ 2019/1/12号) 



・2019年は「スタートアップ企業」に期待           (夕刊フジ 2019/1/5号) 



【IB(国際バカロレア)】・IB教育を通じてどのような生徒が育つのか

(第1回国際バカロレアに関する国内推進推進体制の整備事業シンポジウム2018基調講演2:

IBAP日本担当地域開発マネージャー・玉川大学大学院教育学研究科 星野あゆみ氏)



【英語】・実践ビジネス英語講座(PEGL)10周年記念インタビュー第2回

     グローバルリーダー育成の最前で見た現実



・ENGLISH BREAK~BBTOがお届けする知って得する英語情報(BBTオンライン英会話)



【プログラミング】・小学校でのプログラミング教育を生かすには?第2回  (p.school情報) 

              

【BBT大学・大学院】・体験授業「BBT流イノベーション思考ワークショップ実践編」
          -ゼロイチを起こすための“11”の技法-



============================================
プロダクトNo 1281680382
出版社 ビジネス・ブレークスルー
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。