Angling Fan(アングリングファン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Angling Fan(アングリングファン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Angling Fan(アングリングファン)雑誌の詳細です。


Angling Fan(アングリングファン)の公式サイトへ
本・雑誌 Angling Fan(アングリングファン)
本・雑誌内容 エリアフィッシングの基本から最先端のテクニック、最新アイテム、季節やフィールドごとの攻略法など“旬”の情報をいち早く紹介。最新ルアー・タックルの徹底ガイドやエキスパートによる全国の釣り場での実釣取材によるテクニックの解説に定評があります。初心者から上級者まで、読んだその日から上達が実感できる“読めば差が付く”エリアフィッシングマガジンです。
本・雑誌内容詳細 巻頭特集
『爆釣!春エリア 全レンジ攻略司令!!』

亀山和彦×マグナム高田が教える
春のエリアで爆釣する秘訣!

概要
エリアがもっとも釣れると言われる春。その3月後半~4月のエリアで『爆釣』を体験するための[レンジを意識した]ルアーセレクト&テクニックをディスプラウトが誇る2名のエキスパートアングラーが徹底レクチャーする。スプーンやプラグなど、さまざまタイプのルアーを使った「釣るためのレンジ攻略」をわかりやすく紹介するのが狙い。

■第2特集 
バラシ撲滅委員会 
伊藤雄大
『バラシ』とは、フック(釣りバリ)が魚の口から外れ、ランディング(取り込み)に至らない現象のことを指す釣り用語だ。いつの時代もアングラーを悩ませるこのバラシ……。エリアフィッシングでもそれは例外なく、バイトはあるのになかなかキャッチできない経験を、みなさん一度や二度ではないだろう。
 今回はエリアトーナメントにおいて圧倒的なランディング率の高さを誇り、絶対王者の異名を誇る伊藤雄大さんにバラシを減らす様々な方法を聞いてみよう。

松本幸雄に訊け!
バラさないためのフック学
 魚をキャッチするという釣りの最終目的において、最も重要な役割を担っているフック。どんなに卓越した戦術も、フックがトラウトの口に刺さらなければ結果には繋がらない。もちろんバラシ率とフックの関係性も無視はできない。釣りの究極アイテム『フック』に関する松本幸雄理論に迫る!

■ますワンGP 予選第5戦◎フィッシングサンクチュアリ戦

■企画
狩野裕太(ニュードロワー)
「逃がす釣り」から「見せる釣り」へ!
時代の変化に寄り添ったスプーン
「ハント」が熱狂的に支持される理由とは?


高田達也
今年こそネイティブトラウトにチャレンジしてみたい!
平成最後の
芦ノ湖特別解禁
釣行レポート

■人気連載
HAJIME MURATA PRESENTS
AREA FISHING TREASURE TOUR 4th Stage 71
湧水の郷にある冬でも釣れる管理釣り場!
栃木県◎那須高原ルアーフィールド

ノリーズ井上太一の
もっと尖って行こう!
Season Ⅳ

今月のテーマ 
スプーンゲーム

エリアエキスパート直伝!
福田和範のローカルトーナメントに密着!
in 大芦川F&Cフィールドビレッジ・エリアトーナメント 2018-2019年シリーズ戦 第3戦

Simulation&Answer
シミュレーション&アンサー
連載 第10回 今回のテーマ
今回のテーマ
大型ポンドに潜む、パワーファイターを仕留める!

杉山代悟
エリアトラウト スピリット
釣れる色とはなんなのか?
スプーンに魂を込めるカラー理論

MAX MANUAL
ワン・ツー・スリー
釣れるルアーの『本当に釣れる』使い方を完全レクチャー!!

ビギナーから脱却するための
ユーカリ塾
ボトム釣り講座

特別付録DVD
爆釣!
春エリア 全レンジ攻略司令!!
マグナム高田×亀山和彦
表層~ボトムのレンジを意識したアプローチ!
プロダクトNo 1281680380
出版社 コスミック出版
発売日 毎奇月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。