山の本 定期購読・最新号・バックナンバー

山の本の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

山の本雑誌の詳細です。


山の本の公式サイトへ
本・雑誌 山の本
本・雑誌内容 人はなぜ山に登るのでしょうか。そんな疑問に答えるヒントを、作家、詩人、登山家、写真家、画家、歌手の皆さんが山に登った心象風景を主に活字で描き、山歩きの魅力を語っています。山のガイドは毎号、知られざる静かな山を案内。プロ、アマを問わず、読者の投稿もひろく受け付けており、読者の連載記事が単行本になった例もあります。表紙は創刊号より沢野ひとし氏のしみじみイラストが飾り、山の雰囲気を醸し出しています。新聞記事を読んでいて本能的に南ア(南アフリカ)を「南アルプス」と置換してしまう山歩き中毒のアナタも絶対に満足する山歩きの読本です。読者は20~70代まで(50代が中心)、男性70%、有名山岳よりも静かな山を好む登山者に愛読され、定期購読の割合が約40%になります。
本・雑誌内容詳細 表紙イラスト/沢野ひとし
本文挿絵/中村好至惠

特集=若葉映える山へ!
小さな頂、小旭岳 京極紘一
若葉と雪の遠島山 木村 甫
残雪の白山から神戸山へ 土田竹志
五月連休明けの御前山 北澤貞男
春淡い大常木の谷で 斎藤秀樹
次男と自然観察の湯湾岳 庄田泰之
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第17回]
「イタチはどこにでもいる」 宮崎 学
………………………………………………………
みちのく花回廊 [第13回]
「日本屈指のカタクリ群生地を歩く」 福山孟治
………………………………………………………
随想
バドミントン・スタイル 髙辻謙輔
とりあえず、一本杖 海津正彦
ある社会人山岳会のダイヤモンド・ジュビリー 大蔵喜福
眩暈のする遊び 菊地敏之
青春真っただ中 荒井正人
………………………………………………………
紀行
カナダでヘリ・スキー  鷹觜勝之
旧衣川村最奥の高檜能山 松本治彦
相剋──残雪期川内山塊全山縦走 岡部紀正
霧訪山、復帰の山で 牧 久真子
………………………………………………………
遊山遊詠 [第7回]
「マキ婆」 正津 勉
………………………………………………………
このことを/たずねたいひと/いまはなき [第8回]
「川崎精雄さんに尋ねる登山歴や日本登高会のこと」 横山厚夫
………………………………………………………
戦時下の串田孫一 [第2回]
「新庄、荒小屋にて」 工藤 茂
………………………………………………………
静山紀行
三界山 遠藤征彦
栗山尾根 冨永之廣
タケ山古道 内田敏男
錫杖ヶ岳 小林 晃
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖107「山を書く、確認と発見」石井光造
心に映る山33「具象と抽象の境界」中村好至惠
鳥の風景18「アオバト」大津雅光
山の雑記帳40「長野県と満州開拓団」沢野ひとし
越後の山と森を歩く5「年間一〇万人が訪れるブナ林」武田 宏
山書探訪53「冒険の共有」長沢 洋
山の不思議と謎22「旧ソ連最高峰の初登頂に関する疑問」上村信太郎 
山を歩けば37「高尾山ロケハン」 坂本克彦
知られざる山37「楡沢山・瀬戸沢山」  南川金一
山岳紀行クイズ93「IK山の伝説」 石井光造
読書三到77「切通し迷走」 亀田 博
………………………………………………………
本の森 
ハガキだより
プロダクトNo 1281680341
出版社 白山書房
発売日 3,6,9,12月の16日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。