戦略経営者 定期購読・最新号・バックナンバー

戦略経営者 定期購読・最新号・バックナンバー

戦略経営者の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

戦略経営者雑誌の詳細です。


戦略経営者の公式サイトへ
本・雑誌 戦略経営者
本・雑誌内容 『戦略経営者』は中小企業経営に特化した月刊マネジメント誌です。「TKC全国会」に加盟する税理士・公認会計士の関与先企業(約75万社)の経営者を主な読者対象に、1986年9月に創刊されました。1万人超のTKC会員が現場で行う経営助言のノウハウをベースに、独自の切り口と徹底した取材で、他誌の「後追い」ではない真に有用な情報だけを厳選して提供しています。コラム執筆陣も多彩。いまや数少なくなった「中小企業経営者のための」雑誌であるとともに、幅広い旬の話題にも切り込み、ビジネスマンなど一般読者からの支持も急増中です。
本・雑誌内容詳細 『戦略経営者』2018年 8月号(通巻382号)目次
CONTENTS No.382 2018

特集
成功する定額制ビジネス

●オープニングインタビュー ビープラッツ代表 藤田健治
事業者と利用者の長期リレーションが成功の前提
●CASE1【サンセイ】
日本初、月額6万6500円でデザインし放題
●CASE2【おかん】
設備投資のいらない「プチ社食」サービスが躍進中
●CASE3【アルファベータコーヒークラブ】
人と人をつなぐ「場」を提供するカフェ
●CASE4【NextR】
“ワイシャツケア”にかかる家事負担をゼロに

特集2
つかめ!インバウンド
日本政策金融公庫総合研究所 竹内英二
●事例1【しもきた商店街振興組合】
商店がタッグを組み「かき氷マップ」を制作
●事例2【ベル・フルール】
デザイン力を武器に「和」の文化を発信
●視点 日本インバウンド連合会中村好明
ポイントは持続可能な中長期戦略を描くこと


◎特別レポート
『TKCモニタリング情報サービス』活用事例【株式会社ミクニ舎】
金融機関にメリットを与える情報開示の重要性
◎戦経セミナー
中小企業庁事業環境部財務課長 菊川人吾氏
事業承継成功の要は“事業の磨き上げ”

◎セミナー採録
TRENDE代表取締役社長 妹尾賢俊氏
ブロックチェーンの真正性を保つ仕組み

◎中小企業支援制度  経営者保証に関するガイドライン
中小企業基盤整備機構 
事業再生支援センター事業再生支援課 村上裕二郎課長
個人保証解除への早道は「誠実な経営への取組み」

●先駆者たち 
秋枝静香 サイフューズ代表取締役
「細胞団子」で立体的な臓器を再生

●跡継ぎ社長の挑戦
藤縄修平 日興商会社長
父から伝えられた数々の金言を胸に生産性向上と「いい会社」実現目指す
●戦経レポート
藤高社長 藤高豊文氏に聞く
「今治タオル」復活の立役者が東京進出で目指す「第2フェーズ」

◎会計で会社を強くする
●FX4クラウド【チャンプ】
「アメーバ経営」を推進し7店舗4業態を束ねるサロン
●FX4クラウド【Rs-JAPAN】
仕訳入力作業を省力化し「月次決算」の早期化を実現
●FX2&Airレジ【山田醸造株式会社】
超老舗蔵元の後継者が打ち出す計数管理と果敢な経営戦略
BAST 黒字企業の最新業績順位表

経営スクランブル
●Q&A経営相談 
分煙と全面禁煙、選択すべきはどっち? 荒島英明
●Q&A経営相談 
メールアカウント漏えいの確認方法は? 板東直樹
●人材ビジネス【グルーヴス】
国内最大の人材紹介プラットフォームを運営
●WEB戦略【株式会社椿食品】
付加価値の高い青果物情報をホームページで発信

好評連載
リーダーの決断 山岡淳一郎
接客戦略が会社を変える 藤村純子
読書SENSOR 堀内勉
今月の一冊 新刊本
エコノミストの視点 門倉貴史
守って伸ばすCSR 泉貴嗣
ビジュアルマーチャンダイジング基礎講座 田尻尚美
明日のヒーローたち 杉本亮輔
セキュリティー対策の落とし穴 奥田英太郎
ご当地グルメコレクション 澁谷耕一 
News&Information
プロダクトNo 1281680339
出版社 株式会社TKC
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。