邦楽ジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

邦楽ジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

邦楽ジャーナル雑誌の詳細です。


邦楽ジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 邦楽ジャーナル
本・雑誌内容 箏・尺八・三味線・太鼓・琵琶・雅楽etc. 邦楽の総合月刊誌「邦楽ジャーナル」。 古典からポップスまで、邦楽器の音が聴こえる演奏会、ワークショップや講習会の開催予定、邦楽関係のテレビ・ラジオの放送予定など、全国の情報が満載です。第一線で活躍する演奏家達による講座、新譜新刊情報、報道姿勢で伝える時事的話題、邦楽関連エッセイ、注目の邦楽人を紹介するコーナーなど自然に邦楽に親しめる誌面構成です。
本・雑誌内容詳細 「邦楽ジャーナル」2021年4月号(411号)目次
以下<>内は執筆者名

[特集]
オンラインで合奏を楽しむ!<立花茂生>
有料配信講習会の今

三味線音楽のいろは(演奏編 2)<宗時行>
今さら聞けない「どこがどう違う」3

[人物]
いんたびゅう
田辺頌山
人気の尺八演奏家。初演者として名前が積み重なる。

世界の尺八 中国の演奏家12李聞海さん/ヨーロッパの演奏家12キク・デイさん

[奏法]
宮城道雄の何が凄い!? 尺八作品 33 <藤原道山> 村の春
(尺八が入った宮城道雄作品を毎回1曲取り上げ、その曲の魅力や、他楽器と尺八の関係、どのように演奏したら曲が生きるのかなどを、尺八演奏家の視点で藤原道山氏が紹介します。)

丸田美紀の箏十か条 9 <丸田美紀> アンサンブル力をアップ
(丸田美紀氏がステップアップしてくるきっかけになった出来事などを交えながら、自身が音に向き合うときに気をつけていることを十か条にまとめます。)

田辺頌山の尺八吹奏クリニック 9 <田辺頌山> 横ユリで表情豊かに
(クセと個性は似て非なるもの。合理的でクセのない演奏が出来るよう、具体的に例を挙げながら1年間、誌上レッスンします。)

琴古流尺八の秘密 4 <徳丸十盟> スリ
(山口五郎門下で東京藝大尺八専攻非常勤講師を務める徳丸が、流麗な琴古流の吹き方の極意を教授。)

[知識]
「浪花十二月」と上方地歌 4 <菊央雄司> 卯月
(大坂で活躍する地歌箏曲胡弓演奏家の菊央雄司が地歌作物の『浪花十二月』を題材に大坂地歌の魅力を紹介し、端歌物『ゆき』を様々な角度から検証。)

虚無僧尺八の20世紀 4 <志村哲> 根っ子は繋がる
(地無し尺八吹奏家で大坂芸大教諭の志村が古典尺八を繋いできた先人とその場所にスポットを当てる。)

邦楽用語きほんの「き」 54 <釣谷真弓> 桴と撥
(普段からよく耳にするけれど、意外と意味を知らなかったり、身近すぎて自分で調べることのなかった邦楽の基本用語を、日本音楽史を研究する箏演奏家の釣谷真弓さんが簡潔に説明します。)

1分間「箏曲地歌」アナウンス 164 <野川美穂子> 富士太鼓
(演奏会のアナウンスやプログラムに無料で使用できる解説文)

[エッセイ]
リレーエッセイ 4 <望月左太助> 「囃す」ことの奥深さ
(演奏家や作曲家を中心に楽しいエッセイでつなぐ友達の輪。まずは若手からスタート!)

おと・かたち・いろ考 76 <村尚也> マスクが好きな日本人
(舞踊家・舞台演出家・評論家、村尚也氏が「日本の音」を解きほぐします。)

編集長の見たり・聞いたり・思ったり <田中隆文> 繋ぐ(4) 記録は続く

ヒダキトモコのつぶらな目
(表紙といんたびゅうの撮影を担当する写真家の目に写るものは。)

[楽譜]
クラシック アレンジSCORE 8
新世界より「家路」(尺八二重奏)<アントニン・ドヴォルザーク作曲・冷水乃栄流編曲>

[話題・他]
News
・映画「いとみち」が大阪アジアン映画祭でグランプリと観客賞

こんなの見つけた 12 免出隆山さんの「こしゃく」

[CD・他]
New Release
話題の新譜・新刊がズラリ

HOW 今月の新入荷商品/地歌箏曲販売CDリスト#1
(弊社取扱いの通信販売CD等のご紹介)
http://hj-how.com/

[情報]
PICK UP 注目の公演を紹介
邦楽情報 4月1日-5月31日分
4月のテレビ・ラジオ/正月番組(放送予定の邦楽関連番組一覧)
邦Jフォーラム(受賞、コンクール募集内容・結果など、邦楽界の様々な動きを提供)
おけいこ場案内(習ってみたい!という方へ)


邦楽ジャーナル
http://www.hogaku.com/
プロダクトNo 1281680287
出版社 邦楽ジャーナル
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。