邦楽ジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

邦楽ジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

邦楽ジャーナル雑誌の詳細です。


邦楽ジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 邦楽ジャーナル
本・雑誌内容 箏・尺八・三味線・太鼓・琵琶・雅楽etc. 邦楽の総合月刊誌「邦楽ジャーナル」。 古典からポップスまで、邦楽器の音が聴こえる演奏会、ワークショップや講習会の開催予定、邦楽関係のテレビ・ラジオの放送予定など、全国の情報が満載です。第一線で活躍する演奏家達による講座、新譜新刊情報、報道姿勢で伝える時事的話題、邦楽関連エッセイ、注目の邦楽人を紹介するコーナーなど自然に邦楽に親しめる誌面構成です。
本・雑誌内容詳細 「邦楽ジャーナル」2019年5月号(388号)目次
以下<>内は執筆者名

[特集]
これが琴古流だ! <青木鈴慕・神 令>


[人物]
いんたびゅう
中島靖子から中島一子へ

巨匠、その人と音楽 16 <クリストファー遙盟> 廣瀬量平

尺八の名工房 15 西田露秋さん

邦楽伝播人 7 高市雅風さん(音楽プロジェクト ここふた代表)

[奏法]
宮城道雄の何が凄い!? 尺八作品 10 <藤原道山> 紅薔薇
(尺八が入った宮城道雄作品を毎回1曲取り上げ、その曲の魅力や、他楽器と尺八の関係、どのように演奏したら曲が生きるのかなどを、尺八演奏家の視点で藤原道山氏が紹介します。)

津軽三味線を弾こう 5 <澤田成十朗> 掻き回し(かまし)
(『じょんから節』を変化させた有名な『六段』の一段目をマスターしようというものです。まずは気軽にお手持ちの三味線で。)

津軽笛を吹こう 5 <佐藤ぶん太、> ブルース・リーの裏拳のように!
(独特の味わいを持つねぷた囃子の笛をマスターして、楽しい笛の世界を知ってもらおうというもの。「ドレミ笛でも吹けますが、本物の篠竹によるねぷたの笛も3000円で入手できますよ」。)

[知識]
脈々たる箏曲地歌びと 77 <久保田敏子> 地歌箏曲の系譜─山田検校の門人達4
(京都市立芸術大学名誉教授の久保田敏子(さとこ)氏が、箏曲地歌の人々の系譜からその歴史をひもときます。)

百人町捕物帳 和楽器よもやま噺 16 <水本真聡> 唱歌(しょうが)を覚えるより“しょうが”ない〜笛手習滑稽譚
(和楽器にまつわる小咄・エピソードを少しマニアックな解説を盛り込みながらご紹介。)

邦楽用語きほんの「き」 31 <釣谷真弓> 斗・為・巾
(普段からよく耳にするけれど、意外と意味を知らなかったり、身近すぎて自分で調べることのなかった邦楽の基本用語を、日本音楽史を研究する箏演奏家の釣谷真弓さんが簡潔に説明します。)

1分間「箏曲地歌」アナウンス 141 <野川美穂子> 御代万歳
(演奏会のアナウンスやプログラムに無料で使用できる解説文。使用時は「邦楽ジャーナル所載・野川美穂子執筆」と出典を明記して下さい。)

こんなのもあった!邦楽の楽譜 2 <森重行敏> 流派を超えた!ヨコ譜のいろいろ(前編)
.

[エッセイ]
邦楽教育に訴える1000字オピニオン 3 <薦田治子> 「口唱歌」を学校で活用しよう
.

おと・かたち・いろ考 53 <村尚也> 「万葉集」の浦島は実在していた
(舞踊家・舞台演出家・評論家、村尚也氏が「日本の音」を解きほぐします。)

[話題・他]
News
・箏のマンガ「この音とまれ!」がアニメ放送開始!
・津軽三味線が「ガチャガチャ」に!

編集長の見たり・聞いたり・思ったり <田中隆文>作品のカットは編曲

ヒダキトモコのつぶらな目 50
(表紙といんたびゅうの撮影を担当する写真家ヒダキトモコの目に写るものは。)


[楽譜]
続・邦楽器編曲塾 11
「茶摘み」(尺八・箏二重奏)<文部省唱歌・高橋久美子編曲>

[CD・他]
New Release
話題の新譜・新刊がズラリ

HOW 今月の新入荷商品/「万葉集」に因んだ箏曲を聴く
(弊社取扱いの通信販売CD等のご紹介)
http://hj-how.com/

[情報]
PICK UP 注目の公演を紹介
邦楽情報 5月1日-6月30日分
5月のテレビ・ラジオ(放送予定の邦楽関連番組一覧)
邦Jフォーラム(受賞、コンクール募集内容・結果など、邦楽界の様々な動きを提供)
おけいこ場案内(習ってみたい!という方へ)


邦楽ジャーナル
http://www.hogaku.com/
プロダクトNo 1281680287
出版社 邦楽ジャーナル
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。