Food Biz(フードビズ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Food Biz(フードビズ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Food Biz(フードビズ)雑誌の詳細です。


Food Biz(フードビズ)の公式サイトへ
本・雑誌 Food Biz(フードビズ)
本・雑誌内容 本誌は外食ビジネスの今とこれからを的確に判断するための羅針盤として、外食企業トップ、ならびに現場の第一線の皆さまから高い評価をいただいています。最大の特徴は、単なる新しい情報の羅列ではなく、いま外食ビジネスになにが求められているのか、外食ビジネス成功のポイントは何なのかを常に具体的に提示し続けていることです。たとえば、外食ビジネスの王道を行くトップ企業の戦略への論評や洪水のように登場してくる新業態の中から次代を担う注目すべき題材に的確にスポットを当て分析し論評を加えるなど、主張のある“外食オピニオン誌”を目指しています。
本・雑誌内容詳細 〔巻頭提言〕
終息後、世界は一変する。テーブルサービス離れ進む。「家」とつながる外食が伸びる
本誌主幹 神山 泉

コロナに負けるな! 外食は激変する。チャンスだ!

高倉町珈琲 横川 竟 会長
「必要な施設」なのだから、万全の対策を打って営業を続ける。これがお客さまに対する外食の義務です

吉野家ホールディングス 河村 泰貴 社長
今は、弁当屋です。全メニューをテイクアウト商品にします

物語コーポレーション 加治 幸夫 社長
避けられないなら先手を打った方がいい。休業は損失ではなく投資だ!と発想を転換

ダスキン 宮島 賢一 取締役副社長執行役員
加盟店への手厚い支援。ミスタードーナツ。ショーケースすべてに本部負担で扉をつけます

鳥貴族 大倉 忠司 社長
コロナ後は「つながり」がキーワードになる。それに向け、現在ローカル立地の小型店を開発中

ワタミ 渡邉 美樹 会長兼CEO
再編と世代交代が進む。より進化した外食業が生まれようとしている

コロナ特需に沸くデリバリー

宅配の外部依存は敵(宅配業)を肥え太らせるだけだ
本誌主幹 神山 泉

確立されるか?! 新しい外食の領域 宅配! を取ってみた
〔報告その1〕容器や温度、情報など、改善してほしい5つのポイント

〔報告その2〕やはり高い。でも、宅配こそのヒット商品も生まれそう

〔体験レポート〕ココイチエキスプレス/ガスト/オリジン弁当/餃子の王将/デニーズ/
ピッツア サルヴァトーレ クオモ/はなまるうどん/柿家鮨/バーガーマニア/ピザーラ/野郎ラーメン/
リンガーハット/ミルフィーユカツ専門店キムカツ/紺我里(ピザポケット)

総力企画 既存店の 客数と売り上げ どこが伸ばしたか
強い! マクドナルドとKFC
コロナでさらに際立つFFSのテイクアウト力
1年間で客数、売り上げを伸ばしたチェーン
3年間で客数、売り上げを伸ばしたチェーン
本誌主幹 神山 泉
業態別・客数と売り上げの増減ランキング付


〔連載企画〕

第67回 実食レポート 中食の中味
温麺 温かい麺類の商品レベル
フードコーディネーター 池田恵里

第51回 差し迫る 食糧クライシス 「どうなる」「どうする」
コロナ禍が引き起こす世界食料市場の「過剰」と「不足」
資源・食糧問題研究所 代表 柴田 明夫

話題店の肝
<Part1>
星乃よりも商品もサービスも上
ドトール珈琲店(飯田橋ラムラ店)
フードアナリスト 大塚 一馬

<Part2>
万引き防止用のライブ映像を公開して大ブレイク
キッチンダイブ
フードビジネスライター 結城 隆
プロダクトNo 1281680196
出版社 エフビー
発売日 毎偶月3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。