月刊経理ウーマン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊経理ウーマンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊経理ウーマン雑誌の詳細です。


月刊経理ウーマンの公式サイトへ
本・雑誌 月刊経理ウーマン
本・雑誌内容 経理・税務から総 務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説。もちろん男性の方もどうぞ。
本・雑誌内容詳細 月刊経理ウーマン

□2019/8/20発売号(現在発売中の号)


【特別企画】
特集/軽減税率への対応から経過措置の確認まで
「消費増税」─経理が抑えておくべき実務知識まるわかり

消費増税が目前となりました。10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引き上げられ、同時に消費税の軽減税率制度が実施されます。前回の消費増税(5%から8%)では税率の引上げのみだったことから実務的にそれほど大きな混乱はなかったようですが、今回は軽減税率が導入されるため実務面で迷うケースも多く出てきそうです。今月の特集では消費増税の実施を前にして、経理担当者が必ず抑えておくべき必備知識を解説します。軽減税率、経過措置、価格表示、インボイス制度等々、この機会にもう一度頭の中を整理しておきましょう。

【その他の記事】
◆「交際費」にまつわる税務の必備知識7Q7A
経理担当者にはおなじみの「交際費」。社内や取引先などとの円滑なコミュニケーションづくりに欠かせない費用ですが、大企業と中小企業で税務の扱いが異なっていたり、5000円基準なるものがあったりして、ビギナーにはわかりづらい費目でもあります。さらに会議費や福利厚生費・寄付金などいわゆる隣接科目との区分でも迷うことが少なくありません。ここでは交際費の基本的な税務取扱いから、隣接科目との関係、税務調査で問題にされないための実務のポイントを解説します。

◆やって良い「節税」&やってはいけない「節税」
「節税」という言葉に経営者は弱いものです。しかし、同じ節税でもやって良い「節税」とやってはいけない「節税」があります。利益が出そうだからといって必要のないものを購入するのは論外ですが、たとえば法の盲点を突いたような節税も結果的に会社の資金繰りを危うくするケースがあります。では、どんな節税ならやっても良いのでしょうか。ここでは中小企業で効果のある節税法を専門家がアドバイスします。

◆おさらい印紙税&迷いやすいケーススタディ
経理担当者にはおなじみの印紙税ですが、初心者にとってはどんな文書に印紙を貼付するのか、あるいはいくらの収入印紙を貼ればよいのか迷うことは少なくありません。またベテランの経理担当者もときどき「あれ? この文書は印紙が必要だっけ?」と疑問に思うときがあるでしょう。ここでは印紙を貼らなかったときのペナルティも含め、改めて印紙税についておさらいすることにしましょう。

◆「年休の時季指定義務化」─中小企業ではこんな対応が必要です
働き方改革法案が成立し、すべての会社で、年間の有給休暇消化日数が5日未満の従業員については、会社が有給休暇を取得するべき日を指定することが義務付けられました。労働時間の上限規制等は中小企業に猶予期間が設けられていますが、有給休暇についての改正は会社の規模を問わず、2019年4月から一斉にスタートしています。ここでは「年休の時季指定義務化」の具体的な内容から、中小企業でとるべき対応策までをアドバイスします。違反すると30万円以下の罰金が課せられるだけに慎重な対応が必要です。

◆インパクト200%の「ユニーク弁当箱」ベスト9
行楽の秋がやってきました。秋晴れの休日は近くの公園や行楽地に出かけたくなりますよね。そんなときに持参したいのがお弁当です。最近では、ふたが保冷剤になるものやちょっと変わった形のものなど、ユニークな商品が店頭に並んでいます。ここではそんな「ユニーク弁当箱」を厳選してご紹介! 今度の休日は、家族で、あるいは彼氏とランチボックスをカバンに入れてお出かけしませんか?

◆有名人が語る「わたしの金銭哲学」(池上季実子さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号では、1974年『まぼろしのペンフレンド』(NHK)で女優デビュー、テレビドラマ『愛と誠』『熱中時代』『男女7人夏物語』、NHK大河ドラマ『草燃える』『おんな太閤記』『徳川家康』『武田信玄』などに出演。84年『陽暉楼』(東映)で第7回日本アカデミー賞主演女優賞を、89年『華の乱』(東映)で第12回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、現在もドラマ、舞台、映画などで活躍中の池上季実子さんにご登場いただきました。

■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室  他
プロダクトNo 1281680180
出版社 研修出版
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。